漫画の亜人がアニメ化!声優は?原作評価やネタバレ含めた内容も

この記事は3分で読めます

漫画の亜人がアニメ化!声優は?原作評価やネタバレ含めた内容も

亜人

『亜人』は、桜井画門による漫画作品です。現在単行本6巻まで発売されています。

そんな『亜人』が劇場版アニメ化することが発表されました。全3部作予定とのこと。

そこで今回は、『亜人』の評価やストーリーにアニメの声優などについてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

亜人 アニメ・声優

動画を見てわかるとおり、アニメは3DCGとなるようです。
アニメーション制作は、3DCG制作で評判の高いポリゴン・ピクチュアズです。

最近だとポリゴン・ピクチュアズは、『シドニアの騎士』のTVアニメを制作したことでも知られていますね。
TVアニメ業界に本格的に参入したというのは、本当だったようです。

主人公永井圭の声優が誰になるのかという予想がされていますが、ネットで調べてみると宮野真守さんの可能性が高そうですね。
動画のラストの方で「違う!」と叫んでいる声も似ているような気がします。
わたし的には宮野さんといえば、『シュタインズ・ゲート』の岡部や『デスノート』の夜神のイメージなんですが、どうでしょうか。

 

亜人 評価

亜人

『亜人』は、単行本1巻の時点では、原作が三浦追儺、作画が桜井画門さんでした。
しかし、2巻から原作・作画共に桜井画門さんとなったようです。

原作者が降りた理由は分かりませんが、桜井画門自身2巻からは、全て自分で作っていることを発言しています。

ストーリー
舞台は現代の日本。普通の高校生として生活していた永井圭は、ある日トラックに轢かれ一度は死亡してしまうが、生き返る。実は、圭は人ならざる存在・亜人であった。日本では極秘に亜人に対して、非人道的な実験を行っていた。圭は人間による苛烈な差別や、亜人コミュニティの過酷な洗礼をうけながらも、生きる術を探していく。

あらすじからは、主人公視点での物語展開にのような感じもしますが、実際は亜人と警察をはじめとする人間との戦いや心理戦などの先の読めないストーリー展開がなされていきます。

途中から主人公の性格的なものが一気に変わったことで、微妙な感じもしましたが、人間と敵対する亜人側のリーダーである佐藤や新たに登場した佐藤を止めようとする中野などのキャラクターにより、5巻や6巻あたりはかなり面白いです。

各メイン級のキャラクターには、色々と深い過去がありそうですので、そこら辺も含めて先の気になる漫画ですね。
最近古本屋とかに行くと100円で売ってたりするのをよく見るので、今が買いどきかもしれません。

スポンサーリンク

 

亜人 ネタバレストーリー

ここからはある程度ネタバレを含めたストーリー紹介になるので、漫画を読む予定の方は注意です。

まず、メインとなるキャラクターは
主人公 永井圭
主人公の友達 海斗

厚生労働省
戸崎 亜人担当の職員で佐藤を捕らえようとしている
下村 泉 戸崎の部下で亜人

亜人
佐藤 「帽子」と呼ばれており、人間に対して様々な手段で攻撃を繰り返している
田中 功次 亜人の研究機関に捕獲されていたところを佐藤に助けられ、その後行動を共にしている
中野 攻 佐藤によって集められた亜人の一人だが、佐藤の行いを止めようと対立する

主人公の永井圭は、医者志望の秀才ではあるもののごく普通の高校生だったが、ある日トラックに轢かれ死んでしまう。
だが、その直後に生き返り、亜人であることが発覚。日本では亜人は研究対象で、過酷な人体実験をされており(世間では隠している)亜人は、人間扱いされていないということを知っている圭は、その場から逃げ出します。
その後、親友である海斗に連絡を取り、何とか逃げ出すが、途中で海斗を放って(命がいくつあっても足りないから)単独で行動を開始。
亜人を集めている佐藤と接触するも、佐藤は永井を一旦人間に渡し、人体実験を受けさせて、人間に憎しみを抱くように仕向けます。

過酷な人体実験を受けている中、永井は人を殺してしまうと海斗に嫌われてしまうという理由から人殺しを拒否。
その後、佐藤に救出されるも佐藤は、永井は失敗に終わったと判断します。
更には、研究員を殺そうとする佐藤を永井が止めようとして、佐藤を銃で撃ってしまったことから、本格的に対立することに。
ここら辺から、永井も本質的な「どこまでも冷たく合理的な人」という性格を全面に出すようになっていきます。

何とか研究所から脱出した永井は田舎町で、ボケたおばあちゃんの息子になりすまし、ひっそり暮らすことに
その間、佐藤は人間への攻撃を本格的に開始します。
その中で佐藤が集めた亜人の一人中野 攻が佐藤を止めようと行動を開始し、永井と合流することに。
最初は、永井に騙され監禁されるも、永井自身が佐藤の行動が自分に損をもたらすと判断し、中野と行動を開始。

しかし、亜人たった二人で佐藤を止めることは困難と考えた永井は、警察側の戸崎に意識不明の婚約者がいることを調べ上げ、利用することにし、協力関係となります。
今が大体このあたりですね。
冷静で合理的な永井と直情的な中野のコンビが良い感じです。
佐藤が何故ここまで人間を憎んでいるのか、戸崎と婚約者に何があったのかなど気になる点も多くありますね。
中でも海斗のこれからの行動にも注目したいところです。

 

とにかく続きが気になる展開ばかりですので、漫画好きの方で『亜人』を読んでいない方は、是非読んでみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m31d_001855652
  2. 2016y01m31d_000735793
  3. 2016y07m12d_041542090
  4. 2016y01m30d_231906329
  5. 2016y07m13d_011734021

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_065039783
  2. 2016y07m13d_232800057
  3. 2016y07m13d_102336564
  4. 2016y07m13d_231003979
  5. 2016y07m13d_140419095

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー