ARK攻略(PS4) オンラインのサーバーの違いやおすすめのサーバー

今回は『ARK:Survival Evolved』のサーバーについて書いていこうと思います。

本作はゲーム作成からシングルプレイを始める事ができ、ゲーム作成のサーバー作成やサーバー検索から各サーバーに入ると多人数によるマルチプレイをプレイする事が可能です。
PS4からプレイをし始めた方などはサーバーの種類が多い事でどこに入ればよいのか悩む方も多いでしょう。

そこで今回は、『ARK:Survival Evolved』のオンラインサーバーの違いやおすすめのサーバーについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ARK サーバー

WS000131

まずは基本ルールとしてサーバーにはPvPとPvEの2種類のゲームモードがあります。
・PvP
プレイヤーへの攻撃が可能なプレイヤー同士の対戦を楽しむモード
・PvE
プレイヤーへの攻撃が不可能なのでプレイヤー同士の協力プレイをメインとしたモード

そしてマップは5種類
・ISLAND
・CENTER
・RAGNAROK
・SCORCHED EARTH
・PGARK

新規の方は難易度の低いアイランドがオススメで、慣れてきたら人気のあるラグナロクなどに移動してみるのが良いと思います。

サーバー検索をする場合は上記のモードとマップを選択してサーバーを検索します。
そして左下のセッションフィルターには
・公式専用ARK
・非公式PCセッション
・プレイヤー専用ARK
・非専用サーバー
・公式レガシーサーバー
などがありますが、基本的には公式専用サーバーの公式サーバーから検索するのがメインとなります。

公式サーバーはルールが決まっている名前の通りに公式のサーバーなので、プレイヤー人口も最も多いサーバーです。
プレイヤーは最大で70人まで入る事ができ、同じゲームモードではオベリスクからキャラクターデータを移動させる事も可能です。

ただ遊ぶだけならゲーム作成からプレイできるシングルプレイ(自分でルールを決める事ができる1人用モード)と公式サーバーによるマルチプレイだけ覚えておけば大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

もう少し説明しておくとゲーム作成の
非専用サーバーでは自分がホストとなって最大8人でプレイが可能(距離制限有り)
専用サーバーでは1台のPS4をサーバーとして最大51人?で遊ぶ事が可能
(サーバーとして使用したPS4では遊べないので遊ぶためには2台のPS4が必要になる)
となります。

WS000128

また、シングルプレイでoptionsボタンを押してから2つ目のコントローラーでoptionsボタンを押すと画面分割による2人プレイが可能です。

とりあえず以上の知識を覚えておけば特に悩む事なくプレイできると思います。
フレンドと協力してプレイしたいという目的で購入した方は、人数に余裕のある公式サーバーを選んで同じサーバーでプレイするのがオススメです。

ARK:Survival Evolved(PS4) 攻略メニュー

以上で『ARK:Survival Evolved』のサーバーについてを終わります。

スポンサーリンク

2 Responses to “ARK攻略(PS4) オンラインのサーバーの違いやおすすめのサーバー”

  1. 匿名 より:

    オンラインプレイのときはキャラデータは別になるのですか?
    また初期からレベルとかあげるのでしょうか?

    • ディーン より:

      サーバー毎にセーブデータが作成されます。
      前にプレイしたサーバーと同じサーバーに入れば前回のデータでプレイすることが可能ですが、別のサーバーに行く場合はキャラクター作成からのスタートとなります。
      フィールドにあるオベリスクにアクセスするとキャラクターデータを別のサーバーへ移動させる事は可能です。

コメントを残す