ディビジョンの評価や感想は?フレンドとのやり方やキャラメイク

3月10日に日本国内で発売されたオンラインRPG「ディビジョン」
前々からネット上でもかなり注目されていた作品ですね。

私も発売日当日に購入して、さっそくプレイしてみました。

そこで今回は、「ディビジョン」のプレイしてみた評価や感想に加え、フレンドと一緒にプレイする方法やキャラメイクについても書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ディビジョンの評価や感想は?

私がプレイしてみた感想として、
・操作性はメタギア5
・システムはデスティニー

操作方法は構えて撃つ他、スティック長押しでダッシュ、構え中やダッシュ中に×ボタンでローリング、物陰は基本的にどこでも×ボタンでカバー出来ます。

十字キーで回復アイテムやグレネードを選択
割とメタギア5の操作性に近いかなと感じました。

システムは、目的地は常に黄色いマークで行き先が示されていて、ミッションは何度でもプレイする事が可能

・ミッションの最後にはリスポーン不可のエリアがある
・武器は同じ名前の武器でも性能が違う
・敵からドロップの他、ショップでも武器・MOD・装備を購入可能
・各エリアでエンカウントと呼ばれるサブミッションもあり
など、パッと思いつくのはこのぐらいです。

個人的にはかなり面白いゲームだと思います。
ネット上でも高評価が多いので、迷っている方は勝って損はないでしょう。

フレンドがいない方も、マッチングは簡単に出来るので安心だと思います。

 

ディビジョンでフレンドと一緒にプレイする方法とマッチング

特に難しい事はないですが、一応書いておきたいと思います。

チュートリアルの時点からフレンドと一緒にプレイする事が可能で、
・オプションボタンのグループ管理を選択
・オンラインのフレンドからグループに招待
・フレンドが合流して一緒にプレイ
流れとしてはこんな感じです。

その他、
・経験値は近くにいれば仲間が倒しても獲得出来る。
・ストーリーの進行状況は一緒
・ドロップ装備はランダム、横取りはなし
・どれだけ離れていても大丈夫
・仲間の場所にファストトラベルも出来る

フレンドと一緒にプレイするゲームとしては、システムがユーザーに対して便利に出来ています。

ただ、経験値が共通だと寄生する野良がいそうで困りますが。

ストーリーの進行状況が一緒というのは、一緒にクリアしたミッションは両方クリア扱いになるというものなので一緒に進める時には手っ取り早くて楽です。

マッチメイキングはグループ管理から△ボタンでオートマッチや、ミッション開始地点の辺りでもマッチメイキングのメニューが表示されるので迷う事はないと思います。

スポンサーリンク

ディビジョンのキャラメイクは?

私が悪い点を挙げるとすればキャラメイクのみです。
キャラメイクは性別の男・女のどちらも不細工しか作れそうにありません。

顔の種類・髪型・髭・肌の色を変更するぐらいで細かいキャラメイクは不可

外観でゲーム中に入手した、
・帽子
・ズボン
・シャツ
・ジャケット
・スカーフ
・靴
で見た目の服装は変更する事が出来ます。

私はサングラスや帽子でごまかしている感じですね。
とりあえず、細かいキャラメイクを想像している方は期待しない方がいいです。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

ディビジョンの攻略メニューはコチラ
ディビジョン 攻略メニュー

以上、「ディビジョン」の評価や感想、キャラメイクについてでした。

スポンサーリンク


コメントを残す