For Honor攻略 ウォーロードの戦い方や頭突きにカウンターのコツ

今回は「For Honor(フォーオナー)」のウォーロードについて書いていこうと思います。

ウォーロードはカウンターなど防御に優れている中級者向けのヒーローです。

そこで今回は、「For Honor(フォーオナー)」のウォーロードの戦い方や頭突きにカウンターのコツについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

For Honor攻略 ウォーロードのコマンドや戦技

2017y02m21d_022959127

コマンド
・フォーカスストライク
弱(R1)⇒強(R2)
・ハック&スラッシュ
強(R2)⇒弱(R1)
・クラッシュチャージ
ダッシュ中に崩し
・ヘッドスプリッター
ダッシュ中に強(R2)
・ヘッドスプリッターオルタネイト
前回避+強(R2)
・ヘッドスプリッターコンボ
前回避+強(R2)⇒崩し(成功)⇒弱(R1)
・ボード&ブレード
フルブロックスタンス⇒強(R2)
・ブロック&スタブ
フルブロックスタンス⇒ガード⇒弱(R1)
・シールドカウンター
パリィ⇒崩し
・シールドカウンターコンボ
パリィ⇒崩し⇒弱(R1)
・ヘッドバット
前回避⇒崩し
・ヘッドバットリポスト
フルブロックスタンス⇒ガード崩し
・ヘッドバットコンボ
フルブロックスタンス⇒ガード崩し⇒弱攻撃
・フルブロックスタンス
右スティック下長押し

スペリオルブロック弱攻撃
敵の攻撃の同じ方向に合わせて弱攻撃を繰り出すとカウンターになり打ち勝つ

強攻撃(阻止不能)
強攻撃の始動時は阻止不能なので弱攻撃などで防がれない

ウォーロードの戦技は、初期から高速蘇生やダッシュ速度がわずかに上がって攻撃力と防御力が大幅に上昇する激怒、戦闘終了時に体力を自動回復する自動回復などを習得しています。

レベルが上がると攻撃がより大きなダメージとなる致命的、攻撃をブロックされてもダメージを与える撃ち抜き、死んだ時に他のプレイヤーの助けがなくても蘇生する自動蘇生など戦闘に役に立つパッシブ効果の戦技を多く習得します。

元々防御タイプのヒーローなので、ドミニオンではゾーンを守りながら戦うといったスタイルがオススメです。

スポンサーリンク

ウォーロードのオススメの技や頭突き、カウンターのやり方

ウォーロードは、攻撃範囲が狭いものの防御面が優れているヒーローです。
カウンターや阻止不能の強攻撃などもあるので、接近戦では非常に使いやすいですね。

ウォーロードのオススメの技
・ヘッドバット(頭突き)
前回避後に□(ガード崩し)で簡単に使用することができ、更にブロック不能な便利な技です。
前回避とヘッドバットでも少し前進しながら攻撃するため、敵との間合いを一気に詰めることができます。

ある程度距離を取りながら急にヘッドバット⇒R1などでチマチマ攻撃していくというスタイルは、結構安定してダメージを与えていく事が可能です。
ただ、これだけだと攻撃力が低く、何度も攻撃しなければいけないので、ヘッドバット前に強攻撃を混ぜたヘッドスプリッターコンボと織り交ぜて使用していくのがオススメです。

・フルブロックスタンス
右スティック↓で発動でき、発動している間は全方位からの攻撃を防御できる技です。
フルブロックスタンスで防御した場合は、こちらが怯まずに様々な攻撃に繋げる事ができるため、基本的には通常の防御よりもこちらで防御しながら戦うのがオススメ。

ただし、使用中はスタミナを除々に消費し、敵の攻撃を防御した段階でもスタミナを消費するため、フルブロックスタンスから攻撃へつなげる際は、スタミナ切れになってしまわないように注意が必要です。
それとあまり使いすぎるとガード崩しなどを狙われるので、敵の攻撃に合わせて使用していくようにしましょう。

・強攻撃
ウォーロードの強攻撃は阻止不能なので、敵の攻撃が速くてもこちらの攻撃が止まる事はありません。
これが非常に便利で、回避さえされなければ大きなダメージを与える事ができます。

敵の弱攻撃などに合わせて使用できるとこちらもダメージは負うものの相手にも大きなダメージを与える事が可能です。

・スペリオルブロック弱攻撃


ウォーロードは敵の攻撃方向に合わせてタイミング良く弱攻撃を行うことで、敵の攻撃を盾で阻止してカウンターの要領でこちらの攻撃当てる事が可能です。
パリィだとミスると大きな隙となってしまいますが、これだとミスっても弱攻撃なので相手よりも早く攻撃をできる可能性があり、相手の攻撃がフェイントだとこちらの攻撃がヒットするので、使いこなせば非常に強力な技になります。

タイミングがかなり難しいですが、これに慣れることができればウォーロード上級者と考えて良いでしょう。

コツとしては、常に相手の構えと同じ方向に防御しておき、パリィよりもちょっと速いくらいのタイミングで相手の攻撃と同じ方向の弱攻撃を行うという感じです。
ウォーロードは弱攻撃が全て盾を構えながらの攻撃なので、イメージ的には構えた盾に相手の攻撃が丁度当たるようなタイミングですね。

ウォーロードは防御面に優れており、接近戦では優秀ですが、当然相手はガード崩しや距離を取って戦う可能性が高いです。
なので、ヘッドバットや前回避⇒ガード崩しなどでこちらからも攻撃を仕掛け、こちらの動きが防御だけだと思われないような戦い方が必要になってきます。

それとガード崩しをある程度阻止できるのは、ウォーロードを使用するにあたって必須なので、崩し阻止が苦手な方はBOT相手に練習しておいた方が良いでしょう。

For Honor(フォーオナー) 攻略メニュー

以上で「For Honor(フォーオナー)」のウォーローについてを終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す