For Honor攻略 ヴァルキリーのコンボや使い方にノックダウンやカウンター

今回は「For Honor(フォーオナー)」のヴァルキリーについて書いていこうと思います。

ヴァルキリーは、槍による素早い攻撃やカウンター、足払い、ヘッドバットなど多彩な攻撃を持っているのが特徴的なヒーローです。
ただ、攻撃力が低いため、ヒーローの中では最弱などと言われてもいますね。

そこで今回は、「For Honor(フォーオナー)」のヴァルキリーのコンボやカウンターと足払いの使い方などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

For Honor攻略 ヴァルキリーのコマンドや戦技

2017y02m21d_231923004

コマンド
・ボアハンター
弱(R1)成功⇒弱(R1)⇒弱(R1)
・スラスト&スラッシュ
弱(R1)⇒弱(R1)⇒強(R2)
・ハリアーフュリー
強(R2)成功⇒弱(R1)⇒弱(R1)
・ハンターラッシュ
ダッシュ中に強(R2)
・ジャンピングスラスト
前回避+弱(R1)
・ハンターストライク
左右回避+弱(R1)
・シールドクラッシュ
強(R2)⇒崩し
・シールドタックル
後方回避⇒崩し(長押し)
・ショルダーピン
ドッジカウンター⇒強(R2)
・ラムヘッドバット
崩し(成功)⇒崩し(長押し)
・スピアスイープ
崩し(成功)⇒崩し⇒左スティック下+強(R2)
・シールドクラッシュ&スピアスイープ
強(R2)⇒崩し(成功)⇒左スティック下+強(R2)

ドッジカウンター
相手の攻撃方向と同じ方向にタイミング良く回避することで、敵の攻撃を防ぐことが可能
ドッジカウンターに成功後に素早くR2(強攻撃)をすると出血効果ありのショルダーピンに繋げることができる
スピアスイープフィニッシュ
チェーン2回目からやヘッドバット、シールドタックル後など様々な技から敵を転ばせるスピアスイープに繋げることができる

戦技だと一時的に移動速度が上がる突進、ヒーローを倒すと一時的に攻撃力と防御力が上がる血の欲望、敵にジャベリンを投げつけてダメージを与えるジャベリン、敵の位置がレーダーに表示される偵察を初期から習得しています。

突進以外はヴァルキリー専用の戦技となっており、ジャベリンや血の欲望は純粋に使いやすい戦技ですね。
レベルが上がるとステータスアップ系の戦技を多く習得するので、自分の戦闘スタイルに合った戦技をセットすると良いでしょう。

スポンサーリンク

ヴァルキリーの使い方やカウンター、足払いコンボ

上述したドッジカウンターやスピアスイープフィニッシュの他にもスペリオルブロック弱攻撃やシールドタックルなど他のヒーローだと一つしか使えないような専用技をいくつも使えるのがヴァルキリーですね。

色々な技を持っているので、どんな相手に対しても対応できるヒーローですが、攻撃力が低すぎるために互角の戦いをしていると負けてしまう事が多いです。
なので、ある程度距離を取りながら一方的に攻撃できるように戦う事を心掛ける必要があります。

ヴァルキリーのオススメ技
・スピアスイープフィニッシュ
チェーン2回目、シールドタックル、ヘッドバットなど多くの技から繋げることができ、当てると敵を転ばせることが可能な技です。

スピアスイープフィニッシュのコンボ例
R2→□→右スティック↓+R2
□→□(ヘッドバット)→R2+↓
後方回避→□(シールドタックル)→R2+↓
R1→R1→R2+↓
R2→R1→R2+↓
左右回避→R1→R1→R2+↓
前回避+R1(ジャンピングスラスト)→R1→R2+↓
といった感じです。

また、R1→R1などで2回目の攻撃を回避されたとしてもスピアスイープに繋げることは可能なので、敵が横回避などをしてきた場合はスピアスイープまで繋げてしまうのもオススメです。

転ばせた後は素早く上強攻撃や右強攻撃などが良いかと思います。
確実に当たる攻撃はない?ような気がするので、転ばせた後に素早く強攻撃が一番な気がします。

・ドッジカウンター

アサシンタイプのカウンター技と似たような感じで、敵の攻撃方向に回避して攻撃を防ぎ、R2でカウンター攻撃という流れになります。
攻撃力の低いヴァルキリーにとって出血ありの攻撃は非常に重要なので、敵の攻撃を回避する場合はなるべくドッジカウンター→ショルダーピンを狙っていくようにしましょう。

・シールドタックル
後方回避+□ボタンでシールドタックルの構えを取り、ボタンを離すとシールドタックルを繰り出すことができます。
最大まで溜めると敵を転ばすこともでき、シールドタックル中はフルブロックスタンスです。

ただ、相手には読まれやすいので、シールドタックル中にR1の弱攻撃でジャンピングスラストに変える2パターンを使用して戦うのがオススメ。

強攻撃からもシールドタックルに繋げることができるので、ガードの多い相手には積極的に使用していくと良いでしょう。

現段階ではとにかく攻撃力の低いのが欠点すぎるヴァルキリーなので、使い手にしたい方はまずドッジカウンターからのショルダーピンのタイミングを練習するのが一番だと思います。

For Honor(フォーオナー) 攻略メニュー

以上で「For Honor(フォーオナー)」のヴァルキリーについてを終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す