ドラゴンズドグマオンラインのストーリーやマルチプレイについて

この記事は3分で読めます

2012年に発売されたオープンワールドアクションRPG「ドラゴンズドグマ」

その最新作「ドラゴンズドグマオンライン」のサービスが、2015年内に開始予定されていることが発表されました。

2015y01m30d_113425661

前作では「ポーン」と呼ばれるパートナーと、オンラインで呼び出した他のプレイヤーの「ポーン」で旅をするというもので、オンラインのマルチプレイと呼べるものではありませんでした。

それが今作では100まで入れるロビーを中心に最大4人で協力プレイが可能とのこと

今回はそんな「ドラゴンズドグマオンライン」の協力プレイやトレーラー、ストーリー要素があるのかについても調べてみました。

スポンサーリンク

ドラゴンズドグマオンラインの1stトレーラー

早速公開されたトレーラーでは、チャット機能や4人協力プレイの大まかな感じがわかりますね。

基本プレイは無料ですがアイテム課金制が採用

対応機種はPS4/PS3/PC

基本プレイが無料というのはとても嬉しい仕様です。

 

 

ドラゴンズドグマオンラインのストーリー

2015y01m30d_115029060

「ドラゴンズドグマオンライン」では前作の世界観をそのままに、マルチプレイ要素を取り込んだ「ドラゴンズドグマ」となっているようです。

「お前こそ、選ばれた者だ」
来襲したドラゴンは、主人公の体から心臓を奪い去る
しかし、主人公は蘇った
竜を倒す運命を課せられた “ 覚者 ”として。

長き冒険の末、
覚者は世界の真理にたどり着く

ドラゴンズドグマ
それは
「竜の理を説く物語」

数多の覚者たちの新たな冒険が、幕を開ける。

世界観はこうしたもので発表されていますが、これだと前作と同じような感じですね。

一応、新たな大地、新たな物語が用意されているとのこと

前作はオープンワールドアクションRPGということでしたが、ロビーの要素は「モンスターハンター フロンティアG」と似たようなもので、100人まで集まれるロビーが用意されているようです。

なのでストーリー要素はおまけのようなもので、基本的には「モンハン」のように4人でクエストを達成していくものかもしれません。

 
スポンサーリンク

 

ドラゴンズドグマオンラインの協力プレイ

ドラゴンズドグマオンライン

今作の一番の魅力は多人数ロビー

1ロビーにつき最大100人まで参加できるようになっていて、他のプレイヤーとの雑談や一緒に物語をすすめる冒険者を探したりと、ロビーを拠点に様々なことができるようです。

2015y01m30d_113410271ドラゴンズドグマオンライン

まだシステム面はほとんど公開されていませんが、前作同様「ポーン」を作る要素もあって「ポーン」と一緒に一人で冒険を楽しむことも可能になっているみたいです。

「ポーン」のエディット機能がかなり凝っていて、イケメンや美女を作ることが可能だったので「ポーン」と一緒に進めるのも面白いですね。

プレイヤー二人+それぞれのポーンなどの組み合わせが出来れば最高なんですが、そのあたりは続報待ちということで

協力プレイも、共闘アクションや仲間とのチャット機能にて戦略性は大幅に変わっていくことでしょう

ドラゴンズドグマオンライン2015y01m30d_114921048

 

 

ドラゴンズドグマの評価は?

2015y01m30d_114417912

最後に、前作「ドラゴンズドグマ」の評価についても調べてみました。

今では「ドラゴンズドグマ」、「ドラゴンズドグマ:ダークアリズン」の両方共、ゲオなどでかなり安く購入することができますね。

一度もプレイしたことがない方は「ダークアリズン」の方が、初代「ドラゴンズドグマ」の内容+新ステージ「黒呪島」や新武器などの新要素を追加したソフトになっているので「ダークアリズン」がオススメ

評価としては「ダークアリズン」が酷評でしたが、主に

・前作をプレイしている人なら買う必要がほとんどない

というもの

前作をプレイした人にとっては難易度もそれほど高くないので、やり込み要素がほとんどないということです。

「ドラゴンズドグマ」の評価として考えると

・エディット機能が美男美女を作れて面白い
・戦闘面が楽しい
・巨大な敵とのバトルが面白い

などの高評価がありました。

ただ、ボリューム不足という声も多かったようです。

アクション面やオープンワールドといったものがズバ抜けて面白いものではないなど

ですが、個人的にはかなり楽しめたゲームで、今では値段も安いので未プレイの方は買って損はないと思います。

エディット機能で「ポーン」と主人公を美男美女にして物語を進めていくというので、とても楽しんでプレイしていた記憶があります。

全クリまでにそれほど時間もかからないので、興味がある人はサービス配信までにプレイしてみるのもいいのではないでしょうか

 

以上、ドラゴンズドグマオンラインの紹介でした。

個人的にかなり期待している作品なのでサービス配信日が決定するのを楽しみにしてます。

関連記事
ドラゴンズドグマオンラインのジョブやキャラに声優や動画なども

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y05m04d_152113882
  2. 61RIzk8Pl9L._SX342_
  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y06m03d_143803185
  2. 2016y01m30d_151158341
  3. 2016y07m13d_002450688
  4. 2016y07m12d_033923076
  5. 2016y01m30d_144056723

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_082055907
  2. 2016y07m13d_104425535
  3. 2016y07m13d_102336564
  4. 2016y07m13d_112025801
  5. 2016y07m13d_142919125

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー