ダイイングライトの発売日やオンラインに評価、表現規制なども

この記事は3分で読めます

ダイイングライトの発売日やオンラインに北米版の評価など最新情報まとめ

ダイイングライト

『Dying Light(ダイイングライト)』は、「デッドアイランドシリーズ」などで知られるTechland開発のサバイバルホラーアクションゲームです。

最初はPS3・xbox360での発売も予定されていましたが、中止となりPS4・XboxOneでの発売となりました。
発売日は2015年4月16日に決定

そこで今回は、『ダイイングライト』の最新情報やオンラインに北米版の評価などをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

ダイイングライト

広大なオープンワールドと昼夜におけるゾンビたちの変化が今作の特徴となります。

ダイイングライトダイイングライト

昼は食料や武器を探しながらゾンビとも有利に戦えますが、夜になるとゾンビよりも邪悪なものが目を覚まし、プレイヤーは逆に狙われる立場となるようです。
ステルスアクションに爽快なアクションと2つの楽しみ方があるゲームです。

武器の種類も豊富で、ナイフをはじめにバットや斧にスレッジハンマーなどの近距離武器から銃火器などなど。

さらに『デッドアイランド』でもおなじみのオリジナルの武器作成もあります。
これにより強力な武器や特別な弾薬を作り出し、ゾンビを爽快に倒せること間違いなさそうです。

他に動画でも少し分かるようにフリーラン移動も魅力的です。

ダイイングライト
自由な移動を駆使して敵を襲撃したり、迅速に撤収することができますね。
ただ走っているだけでも楽しめそうです。

Co-opや変則型PvPなどのオンラインにも対応しています。
これらについては下で詳しく説明します。

 

ストーリー

ダイイングライト
ゾンビアウトブレイクが起こり、ゾンビ感染者が大量発生してしまった街が舞台となります。
生身の人間がまだいるにも関わらず、軍隊が街を封鎖してしまうというよくある設定です。

フィールドの広さは『デッドアイランド』の約2~3倍とかなり広そうです。
プレイヤーは、昼には探索やミッションをこなし、夜には自分の身をひたすら守るというまさにサバイバルな生活をしていくこととなります。
ゲーム内の1日は、現実世界の1~2時間程度を検討しているそうです。
個人的には中々いい感じの設定だと思います。現実世界での1日に1~2時間プレイして1日のサバイバル生活をするというスタイルも可能ですね。

ただのアクションゲームではなく、スキルも存在するので、頭の使ったプレイも必要となります。
各武器専用のアクティブスキルやマイキャラ用のアクションスキルがあるので、自分のやりやすいスタイルを探していくこととなりますね。

 

ダイイングライト オンライン

『ダイイングライト』は、オンラインに対応しています。
4人までCo-opプレイ
変則型PvPマルチプレイ
の2種類があります。動画は、変則型PvP「Be The Zombie」の紹介動画となります。

Co-opプレイは、最大4人までの協力プレイが楽しめます。
フレンドとミッションに挑戦したり、自分のカスタマイズしたキャラを見せたりと色々楽しめそうです。

変則型PvPとは、『Evolve』のような「非対称型対戦」となります。
一人のプレイヤーがゾンビとなり、他のプレイヤーの世界に侵入することができます。
ゾンビ役の参加要請をプレイヤーが許可することで侵入できるという流れになります。
ゾンビ役は、夜にのみ出現する強力なNight Hunterとして参加することになります。
両者共に何回でも復活できますが、サバイバー側は全滅するとゲームオーバーです。

ダイイングライト ダイイングライト

相手側が協力プレイをしていた場合、最大4人のプレイヤーを相手にすることになります。
プレイを繰り返し『ダイイングライト』の世界に慣れてきた人でも侵入されると新鮮な恐怖を感じられますね。
『ダークソウル』のような緊張感が味わえそうです。

ゾンビモードの「Be The Zombie」は、初回特典のDLCとして付属するようです。
スポンサーリンク

 

ダイイングライト 評価

ダイイングライト

2015年1月27日に北米版の『Dying Light』発売されたので、その評価を紹介していきます。
購入検討の参考にどうぞ。

まず結果から言うと良ゲーとなっているようです。
グロデスク表現に関しては結構グロい表現が多いそうなので、苦手な方は注意ですね。

良い点
流石PS4ということで、グラフィック面もゾンビの動きもかなり綺麗
フリーランに関しても自由に色々な所を移動できるのが楽しいという意見も多かったです。スキルを習得することで、アクションも増えるのでそこもGOODです。
フリーランのおかげで探索が非常に楽しいとのことです。
フリーランは『アサシンクリード』などをプレイしたことがある人は、そこらへんを想像すると良さそうです。
ゾンビの強さが夜で強くなるのか、常に強い状態なのかなどと変更が可能なようです。
マルチプレイに関しては、面白いという意見が多かったです。

悪い点
ゾンビが固いとの意見があったりしますが、ゾンビが弱すぎるなどの意見もありますので、これに関してはプレイヤー次第でしょう。
良い点でも記述した探索が楽しいという意見の反対で、おつかいミッションの繰り返しで飽きるという意見もありました。
演出に関してもお約束な展開が多く、怖くないとの意見もありましたが、何だかんだパニックにはなるそうです。

総合的に見るとプレイヤー次第なゲームと言えそうです。
ゾンビゲーが好きな人は普通に楽しめそうですが、ストーリー性を求めている人や飽きっぽい人には向いてなさそうです。
オンラインに関しては良い評価が多かったので、フレンドとワイワイ楽しみたいという人には良いゲームとなりそうです。
とりあえず駄作ではないので、興味のある方は購入してみてはどうでしょうか。
Amazonリンクはコチラから
楽天リンクはコチラ

 

ダイイングライト 規制

グロデスクな表現がある『ダイイングライト』ですが、国内版では規制が入るようです。
変更点は2つ
人間敵キャラクターの部位欠損の削除
ゾンビの血や内臓部分の色味を暗色へ変更
となります。

ゾンビに対する部位欠損については、海外のものと同じになるようです。

 

以上、『ダイイングライト』の紹介でした。
わたしはゾンビゲームが大好きなので、金銭的に余裕があれば購入しよう思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y05m25d_165015803
  2. 61RIzk8Pl9L._SX342_
  3. 2016y06m07d_233547170
    • 匿名
    • 2015年 5月22日 15:44

    ごみすぎて話にならん

  1. 2015年 2月3日

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m31d_000735793
  2. 2016y06m03d_143803185
  3. 2016y06m03d_144438170
  4. 2016y06m03d_143141501
  5. 2016y07m13d_022733506

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_142919125
  2. 2016y07m13d_075850554
  3. 2016y07m13d_063357217
  4. 2016y07m13d_112025801
  5. 2016y07m13d_074218233

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー