バイオハザードシリーズの厳選おすすめや評価は?あらすじも

この記事は5分で読めます

バイオハザードシリーズの厳選おすすめや評価は?あらすじも

1996年の3月22日にCAPCOMから発売された「BIOHAZARD(バイオハザード)」は日本をはじめ、世界各国で高評価を得ているサバイバルホラーゲームの1つです。
2015年現在までに外伝や派生などを含め100タイトル近くのシリーズが販売されており、全世界累計売上が6,200万本を越え、現在ではハリウッド映画やドラマCD、小説化などゲーム市場のみならず幅広いジャンルで活躍しています。

では、100タイトル近い作品数を誇る大人気アクションホラーゲーム「バイオハザード」の中で初心者の方でも楽しめる人気の高いシリーズをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

全体的な仕様変更でプレイヤーから大絶賛された「BIOHAZARD4」

2005年の1月にゲームキューブ専用タイトルとして発売されたバイオハザードシリーズのナンバリングタイトル第4弾「BIOHAZARD4」は今までのバイオハザードシリーズのシステムから全体的な仕様変更を行い現在のバイオハザードシリーズを確立させた先駆作品です。

物語はバイオハザード2の主人公の1人として登場したレオン・S・ケネディは誘拐されてしまった大統領の娘アシュリーを探し出すためヨーロッパ地方のとある村へ地元の警察官たちと共にとある村へと訪れます。
村はずれに佇む1軒の民家でアシュリーの情報を得ようとした矢先、住民がレオンに向かって突如襲い掛かってきたのです。
レオンは村の放つ異様な雰囲気と村人のおかしな言動から6年前に起こったラクーンシティでの出来事を思い出し、誘拐されてしまったアシュリーを助け出すためレオンの長い闘いが幕を開けるという内容です。

バイオハザード4の魅力はゲームシステムの仕様変更です。

今までのバイオハザードシリーズは固定カメラ切り替え方式という複数台設置された固定カメラで操作キャラクターの移動に伴い切り変わっていたのですが、本作では常時操作キャラクターの背後にカメラがあるビバインドカメラ方式を採用し、方向キーの上方向が前進することが出来るボタン配置となり、この変更によって初心者の方でもプレイしやすいゲームとなりました。

しかし、移動操作は今までのシリーズ同様、操作キャラクターの向きを変更してから前進するというラジコン操作となっています。そのため他のTPS作品とは違い、平行移動や移動しながらの攻撃が行えないなど不便な点も多々あります。

バイオハザード4では今までには無かったアクションも大幅に追加されています。
例えばちょっとした段差を飛び越えたり、南京錠を破壊したり、壺や箱などのオブジェクトを破壊するなどが行えるようになっています。

その中でも特に注目したいのが、銃弾がモンスターに命中した際に繰り出すことが出来る体術は人気が高く、体術を繰り出している間は無敵時間となり熟練のプレイヤーはこの体術を上手く活用して銃弾を節約し、モンスターからの攻撃を回避しています。

本作ではモンスターを討伐またはオブジェクトを破壊するなどで金品を獲得することが出来ます。
そうして入手した金品で道中に現れる武器商人からアイテムの収納数を増加させるアタッシュケースや回復薬を購入したり、武器のカスタマイズなどを行うことが可能となり、購入もしくは入手したアイテムをアタッシュケース内に綺麗に収納するパズル形式で詰め込んで行きます。

そのため決まった数しか持ち歩けないという前作までの仕様からアタッシュケース内に入るならどれだけ所持しても良いという仕様へと変更になり、銃弾が無くなりやすい初心者でも弾切れすることなく安心してプレイすることが可能となりました。

しかし、様々なゲームシステムが一新されたことで不満点も目立つようになり、従来のシリーズでは謎解きなどが充実していたのですが、本作はやや謎解き要素が少なく、ムービー中にQTEと呼ばれるボタン入力が用意されているなど事前にどの場面でQTEが入るのかを理解していない場合、確実に1度はゲームオーバーになります。
また、物語の展開の1本道感が強いため周回プレイをすると飽きてしまう可能性があります。

バイオハザード4はゲームキューブ版をはじめ、PS2やWii、Steamなどに移植されており、移植作品は全てPS2版から行われています。
ゲームキューブ版との違いは、本編クリア後に解放される「The Another Order」やレオン専用武器「P.R.L.412」、数点の追加コスチューム、暗いマップではレオンの腰にあるライトが付くなどです。
その他細かい修正が行われており、ゲームキューブ版と比べて快適にプレイすることが可能となっています。

バイオハザード4は操作性やグラフィックの向上によって従来のバイオハザードシリーズよりも面白みがパワーアップしているので、是非初めてバイオハザードシリーズをプレイされる方はバイオハザード4から始めると良いでしょう。

 

シリーズ第1作目「BIOHAZARD」

1996年の3月22日に発売されたPlay Station専用ソフト「BIOHAZARD」は多彩な謎とぬめりを纏った異質な雰囲気を持つステージ、限られた弾丸で行われるモンスターとのバトルでサバイバルホラーゲームというジャンルを確立させた近代稀に見る衝撃的な1作です。

舞台は1998年夏のアメリカです。黄道特急事件の捜査へ向かった特殊部隊のSTARSのブラヴォーチームとの通信が途絶え、同じ特殊部隊に所属するクリスやジル、バリーは部隊長であるウェスカーと共にひっそりと佇む不気味な洋館へ辿り着きます。しかし、この洋館には人ならざる者が徘徊しており、クリスたちに襲い掛かってきます。
彼らは無事にこの洋館から脱出することが出来るのか!?という内容です。

プレイヤーはクリスもしくはジルのどちらか一方を操作して物語を進めます。
基本的にクリスが上級者向け、ジルが初心者向けとなっており、ジルの方がクリスよりも銃火器が充実しており、バリーという心強い味方が戦闘をサポートしてくれます。

また、固有アイテム「キーピック」のおかげでモンスターとの接触を極限まで減らすことが可能となっています。
一方、クリスはジルと比べて所持出来る武器が少なく、モンスターに与えるダメージ量もジルよりも少ないため弾丸を大量に消費します。

またパートナーにはブラヴォーチームの生存者レベッカという可愛らしい新人隊員が加わるため、ややジルよりも難易度が上がります。
クリスの固有アイテムはライターですので、やたらめったら扉を開くことが出来ません。

バイオハザードは現在PS3やX BOX360などにリメイクされており、2015年度にはPS4やX BOX ONEなどにも移植される予定となっています。

移植元はゲームキューブ版を基としており、コントローラーのスティックを倒した方向へ操作キャラクターが進むようになり、初心者でもプレイしやすいように変更されています。
しかし、扉を開く際の演出は新しいバイオハザードシリーズで慣れてしまった方々からすると、ややテンポが悪くスキップ機能を導入してほしかったという意見が挙がっています。

スポンサーリンク

協力プレイで家族や友人、恋人と楽しめる「BIOHAZARD5」

2009年の3月5日に発売された「BIOHAZARD5」はシリーズ初のPS3・X BOX360作品ということもあり、たいへん注目を集めました。

今作の舞台はアフリカとなっており、今まで続いたクリスとウェスカーの最期の戦いが繰り広げられます。
バイオハザード5のシステムは前作である4を基に製作されており、そこへ新たに改良や変更を加えて開発されました。

本作のコンセプトは「相棒」ということで、バイオハザードシリーズ初参戦の女性キャラクター・シェバと共に2人で協力しながら至る所に散りばめられた謎やより強力なモンスターとなってクリスたちに襲い掛かってくるエネミーを蹴散らし、物語を進めます。
2人で遊べるということもあり、サバイバルホラーが苦手な方でも家族や恋人、友人と画面分割で協力しながら遊ぶことが出来ますし、遠くに住んでいる友人とインターネットを通じて協力し合うことも可能となりました。

今作では1度通った道は2度と通れない仕様となっていますので、武器やアイテムを散り忘れてしまった場合は戻ることが出来ないのでご注意ください。

バイオハザード5は安定感のある楽しさが得られる作品ですが、1人でプレイするとやや面白みに欠けてしまう部分があります。
また、これまでのバイオハザードシリーズとは若干毛色が違い、ホラーよりもアクション性に特化したゲームとなっています。

バイオハザード5に対する海外ユーザーの反応は「グラフィックは美しいがTPSゲームとしての完成度が低い」と言われており、やや不人気となっています。
それでも、2人で協力することが出来る数少ないゲームとして日本ではたいへん重宝されています。

現在、バイオハザード5にはバイオハザード5の前日譚やジルとジョシュの脱出劇といったショートストーリーなどがダウンロード配信されており、これらの要素を追加した「バイオハザード5オルタナティブエディション」も発売されています。
これからバイオハザード5をプレイしようとお考えの方は後者のタイトルを購入すると良いでしょう。

 

バイオハザードシリーズは他にも「BIOHAZARD REVELATIONS」や「BIOHAZARD:CODE Veronica」といった良作が豊富にございます。
そして、2016年初頭に「バイオハザード0」のHD化作品を発売する予定となっており、今後ますますバイオハザードシリーズの活躍が期待されています。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

 

現在噂ではありますが、「BIOHAZARD7」に関する情報も出回っておりますので、最新作が発表される前に歴代のバイオハザードシリーズで復習しておくとより一層楽しめること間違いなしです!
この機会に是非、バイオハザードシリーズをプレイしてみてはいかがでしょうか。

関連記事はコチラ
バイオハザードシリーズの過去作の時系列や特徴などのまとめ

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y01m19d_015352160
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月18日

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m30d_144056723
  2. 2016y07m12d_041542090
  3. 2016y06m03d_142432437
  4. 2016y06m03d_151205344
  5. 2016y04m14d_233454035

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_102336564
  2. 2016y07m13d_081409931
  3. 2016y07m13d_063037751
  4. 2016y03m07d_001640103
  5. 2016y07m13d_082055907

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー