PC版エンジェルビーツ1stの評価・感想や攻略のコツなども

この記事は4分で読めます

PC版エンジェルビーツ1stの評価・感想や攻略のコツなども

エンジェルビーツ

2015年6月26日に発売された『Angel Beats!(エンジェルビーツ) -1st beat-』。

大人気ブランドkeyのシナリオライター麻枝准によるTVアニメ『エンジェルビーツ』のPCゲーム版ということで、発売前からかなり注目されていた作品です。

本日『Angel Beats! -1st beat-』の攻略を終了しましたので、感想や評価に攻略のコツについてまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

Angel Beats! -1st beat- 感想・評価

エンジェルビーツ

ゲーム終了後にネット上の評価を調べてみたのですが、そこまで高くないようですね。
まず、攻略可能なキャラクターが岩沢・ユイ・松下の3人のみということを知らないで購入している方も少なからずいたようです。

購入検討している方は、ゲーム版『エンジェルビーツ』は、全6巻による構成であることを確認しておきましょう。
私個人としては、とても満足のいく内容でした。

ストーリーとしては、アニメのシナリオを本筋に据えつつ、個別ルートが混ざっているという感じでしょうか。
基本的なアドベンチャーゲームというのは、共通ルートからの個人ルートなので、いわゆる縦に長いシナリオという感じですよね。
『エンジェルビーツ』は、膨大な選択肢により、横に幅広いシナリオという感じになっています。
同じシナリオにしても登場キャラや会話などが大幅に変わるので、毎回楽しめますね。

ただ、アニメシナリオと変わらない部分が多いのも確かで、そこら辺を受け入れられるかどうかで評価が分かれているようです。
個人的な感想では、特典もかなり豪華でしたし、『エンジェルビーツ』自体が大好きなので、登場キャラの深い部分が知れるだけで面白いと感じてしまうために大満足でした。

アニメを見た上で、『エンジェルビーツ』にそこまで興味を持てなかった人には、アニメの内容を知ってしまっているせいで、つまらない内容になってしまうと思います。

個人的な不満点が一つだけありまして、主人公音無のボイスが少しだけしか収録されていなかったのが残念に思いました。

後は次の巻からの構成がどのようになるのかが不安点でもありますね。
これはネタバレを含んでしまう感想になりますので、後述する攻略のコツの部分に記述しようと思います。

スポンサーリンク

 

Angel Beats! -1st beat- 攻略のコツ

エンジェルビーツ

以下本編の内容が少し含まれるので、未プレイの方は注意してください。
シナリオについてのネタバレは極力避けています。

まずは、基本的な選択肢として
天使と出会った場合には授業を受ける
アニメシナリオに沿った選択肢を選ぶ
ことが重要になります。

特に天使から逃げたりすると、後半で俺たちの戦いはこれからも続く的なEDになってしまいます。

これを押さえて進めて攻略したいキャラに集中して会いに行けば、それほど苦労することなく、個別ルートに入れると思います。
3人のルート以外にも日向とのホモルート的なのもあります。
これは、最初の段階で「お前が居ればやっていける気がする」という選択肢からのそっちの気があると選択することで、音無がホモになり、日向に対するアプローチが選択肢に現れるようになります。

一番難しいだろう場面として、3人のEDを見た後に出現する「NextBeat」があります。
次の巻に繋がるであろう短いシナリオになりますが、
No.178 人間に生まれ変わることを知った
No.179 銃の作製方法を知った
No.181 高松と心をかよわせた
No.183 ゆりの言質をとった
のレコードを取っていないと詰む仕様になっています。

レコード取得方法は、こちらになります。

178 授業後の天使との会話から
179 ギルド降下作戦ラストにゆりについて行かずにチャーとの会話から
181 岩沢攻略中の天使エリア侵入作戦で、任務を全うするの選択肢を選び、岩沢消失後に高松と大山の会話に入る
183 ギルド降下作戦中にゆりの生前を聞き、天使エリア侵入作戦後(岩沢消失後)に、ゆりの所へ行き、7つの選択肢を
天使の特殊能力
天使は自分で特殊能力を開発していた
この世界に干渉できる
人間
違和感を覚える
戦線の事を考えれば、今はまだ違う
その条件が飲めないなら今すぐバラす
を選ぶことで取得

自分は「NextBeat」の内容から以上のレコードが必要だったと思いましたが、調べてみるとチャーの生前を聞いた(ギルド降下作戦シクリア後に、チャーにゆりとの関係を聞く)とゆりの生前を聞いた(ギルド降下作戦中に「気を利かす」からの「リーダーになった理由」で取得)も必要かもとのことでした。

とりあえずクリアした私でもレコード取得率は60%にも満たないので、レコード取得はかなり時間がかかりそうです。

感想続き

次巻の内容の話に戻りますが、「NextBeat」では、アニメで言うところの体育館で、戦線メンバーに天使がやろうとしていることを説明するところまででした。
「2nd beat」では、その続きからストーリーが始まるのかが気になるところですね。
今作では、アニメ(正規ルート?)で生前の悔いを晴らして、消えてしまった岩沢とユイを攻略対象キャラにしていることからも、次巻からはアニメシナリオをある程度終えた影編から始めるのかなとも思いました。
ユイルートは、アニメと同じシナリオ(日向の告白からの消失)で、「NextBeat」ではユイが消えた状態から始まりました。
岩沢ルートは、完全なIFストーリーでした(アニメシナリオでは、早い段階で消失しているので仕方ない?)
しかし、松下ルートが正規ルートに含まれるような内容だったにも関わらず、「NextBeat」で存在しているので、疑問になりました。

個人的には、次巻を影が現れた頃から始めて、攻略可能キャラを増やし、残っている戦線メンバーの生前できなかった願いを聞いて、死んだ世界を卒業させていき、5巻あたりからは、アニメとは全く異なる新規ストーリー(来世など)を展開させてもらいたいですね。
でもそうなるとユイと岩沢が登場しないということなるので、それはそれで寂しいですよね。
とりあえず、同じシナリオ内容を収録という形はやめて欲しいところです。

まあなんだかんだ言って、kyeなのでそこまでの不安はないですね。
ちなみにユイルートがアニメと全く同じというところが、評価の低くなった一番の原因かもしれません。

 

以上で『Angel Beats! -1st beat-』の紹介を終わりたいと思います。

関連記事
エンジェルビーツのアニメや漫画にゲームの情報、キャラの死因など
key作品の一覧やアニメまとめ!曲やゲームのオススメなども
AngelBeats!1stbeatの特典やシナリオにアニメとの違いも
PCゲーム版エンジェルビーツの発売日や主題歌は?最新情報まとめ

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665
  2. 2016y01m26d_001557989
  3. 2016y01m26d_001404699

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m30d_141847088
  2. 2016y06m03d_145454469
  3. 2016y01m30d_144056723
  4. 2016y07m13d_002450688
  5. 2016y01m30d_222722025

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_082055907
  2. 2016y07m13d_075850554
  3. 2016y07m13d_065039783
  4. 2016y01m19d_035322042
  5. 2016y07m13d_104425535

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー