龍が如く極の評価・感想やストーリーに違い、追加要素も

『龍が如く極』は、2005年に発売された『龍が如く』シリーズの第1作目『龍が如く』のリメイク作品です。

HD化などではなく、完全リメイクとなっており、ボイス・ストーリー・システムなどに大幅な変更がなされています。

そんな『龍が如く極』を第5章までクリアしましたので、評価や感想などについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

龍が如く極 ストーリー

『龍が如く極』のストーリーは、当然ですが初代『龍が如く』のものをベースとしています。
ストーリーの大きな変更点として『龍が如く』では語られなかった錦山彰の裏話が新エピソードとして追加されています。

大半の方はこの部分に期待して購入しているのではないでしょうか。

他にもサブストーリーにも新しいものが追加されています。

 

龍が如く極 違い

上記のストーリーの他に初代『龍が如く』との違いを挙げるとすれば
・グラフィックの大幅進化
・ボイスの再収録
・どこでも真島
・バトルシステムにスタイルの追加
・昆虫女王メスキング
などがあります。

グラフィックはPVを見れば一目瞭然だと思いますが、PS2のものと比べると全然違いますね。
今のゲームに慣れすぎてシリーズ作品でありながらプレイしていなかった人にとっては、とても嬉しいことだと思います。

それとスタイルの追加も大きな変更点と言えるでしょう。
・ラッシュスタイル
・チンピラスタイル
・壊し屋スタイル
・堂島の龍スタイル
があります。
壊し屋はパワー型、ラッシュはスピード、チンピラはバランス、そして最強と呼ばれる堂島の龍となっています。

スポンサーリンク

龍が如く極 評価・感想

それでは『龍が如く極』の感想について書いていきたいと思います。
結果から言えば非常に良く出来ている作品です。
シリーズが進むにつれて評価が下がっていた『龍が如く』シリーズですが、『龍が如く0』に続いて高評価の作品になる予感がしますね。

まずグラフィックが凄く綺麗です。
初代をプレイしている人であれば、とんでもなく進化している事をすぐに実感できると思いますね。

バトルシステムに関してもスタイルが加わったことで、戦闘の幅が大きく広がり、街中でチンピラとバトルしているだけでも面白いと感じられます。
更にスタイル毎に経験値による能力強化が可能となっているのですが、その強化もかなりのボリュームがあるため、強化すれば強化するほど戦闘が楽しくなっていきます。

例えば最初は戦闘中にスタイルを変更する場合、モーションが入るために少し時間がかかるのですが、チェンジポイントの能力を開放していれば、フィニッシュブロウ後にすぐスタイルを切り替えることができるようになります。

他にも攻撃方法も色々と追加されるので、相手に合わせたバトルが可能になっています。

それと堂島の龍のスタイルを使うためには、新システムの「どこでも真島」をクリアしていかなければならないのですが、サブストーリーと合わせてメインストーリーの合間の楽しみが増えているのも良い点ですね。

ストーリーに関しては言うまでもなく面白いです。
『龍が如く』シリーズは1と2が傑作と言われていたぐらいですし、それに加えて一番気になっていた部分の錦山のストーリーも追加されているとあれば、面白いのは間違いないでしょう。

あえて悪い点を挙げるとすれば
・ボス級の敵の体力が結構あるため、ボス戦に毎回時間がかかる
・『龍が如く0』と比べるとキャバクラのボリュームがしょぼい
と言ったところでしょうか。

今のところは普通に楽しめていますので、購入を迷っている方は是非買ってみてください。
ただリメイク作品であるということを忘れずに。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

龍が如く極 攻略メニュー

以上で『龍が如く極』の評価・感想についてを終わりたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す