DOOM新作はPS4等で!オンラインや規制は?シリーズ評価も

『DOOM』は、id Software開発のFPSです。

FPSというジャンルの代表作とも言える『DOOM』シリーズの最新作となりますが、ナンバリングのない『DOOM』というタイトルで発売が予定されています。
2016年5月19日にPS4・XboxOne・PCで発売予定です。

そこで今回は、『DOOM』のシステムやモードなど最新情報やシリーズ評価などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

DOOM

『DOOM3』が発売されたのが2004年ということなので、前作から10年以上が経過されていることになりますね。
初代『DOOM』は、1993年に発売され、FPSというジャンルを築いた作品の一つとして知られています。

そんな『DOOM』シリーズ最新作となる今作ですが、『DOOM4』ではなく、初代のリブート作品『DOOM』として開発されています。

ストーリー
君には、使命がある。UAC(ユニオンエアロスペースコーポレーション)の火星基地が、獰猛で強力なデーモンたちに蹂躙されている。君は奴らと我々の世界をつなぐ唯一の存在、DOOM海兵隊として一つの任務を託された―― 敵を殲滅せよ…

動画を見て分かるように、グロテスクな表現や流血描写が多い作品でもあるため、そういった表現が苦手な方は注意してください。

北米版と国内版はどちらもZ指定となり、規制等によるゴア表現の差異はないとのこと。
動画そのままの内容をプレイできるようですね。

地獄の悪魔達を倒していくというストーリーになっており、スピーディなアクションや強力な銃器などが登場し、戦争系FPSとはまた違ったホラー・グロテスク要素の強い作品になります。

シングルモードとマルチプレイモードの2つのモードに加え、「DOOM SnapMap」と呼ばれるモードも存在するようです。
これはマップやゲームルールを調整して新しいゲームを追加、世界中のプレイヤーと共有できるというもの。

マルチプレイモードでは、6つのルールが公開されています。
・Soul Harvest
チームに分かれて戦うモード
倒した相手からドロップするソウルを多く集めたチームが勝利

・Freeze Tag
アメリカで人気の鬼ごっこを模したモード
武器で攻撃されると凍結して動けなくなり、味方全員が凍結したら敗北

・Warpath
決められた経路を移動するキャプチャーポイントの制圧を巡って争うモード

・Domination
3つのキャプチャーモードを巡って争うモード

・Team Deathmatch
チームデスマッチモード
指定されたスコアに到達したチームの勝利

・Clan Arena
一度キルされるとリスポーンできず、最後まで生き残っていたメンバーのいるチームが勝利

「Clan Arena」以外のルールでは、取得することで強力なデーモンに変身することのできる「デーモンルーン」というアイテムも登場し、予測不能なバトルが楽しめる内容となりそうです。

スポンサーリンク

DOOM シリーズ評価

上述したようにFPSを築いた作品の一つとして知られており、発売当時は非常に人気のあるゲームでした。
ホラー要素が高く、ホラーゲームが好きな方にもオススメできるゲームですね。
ただ、今のFPSに慣れてしまっているとグラフィック面などで劣ってしまうのは確かでしょう。

敵がデーモンだったり、登場する武器も破壊力の高いものだったりと一般的なFPSゲームとは一味違う内容なので、プレイしてみる価値はあると思います。
今回発売されるのは、初代のリブート作品ということもあり、ストーリーのために前作をプレイする必要はないかもしれませんね。

2012年にPS3で発売された『DOOM 3: BFG Edition』には、『DOOM3』に旧作2作品が収録されている完全版となっているため、今から『DOOM』をプレイしてみたいという方にはオススメのソフトです。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

DOOM(PS4) 攻略メニュー

以上で『DOOM』の紹介を終わりたいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ