カオスチャイルドのアニメは1クール?ゲームの評価、感想や攻略順

カオスチャイルドのアニメは1クール?ゲームの評価、感想や攻略順

今回は『CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)』について書いていこうと思います。

『カオスチャイルド』は、2014年にXboxOneで発売された妄想科学ADVシリーズ第4弾となる作品です。
2015年にPS4・PSVitaでも発売され、2016年にPC版も発売されていますね。
そして2017年1月11日からいよいよアニメ放送も開始されます。

そこで今回は、『カオスチャイルド』のアニメやゲーム感想についてまとめていきます。

スポンサーリンク

カオスチャイルド アニメ

先日プロモーションVTRも公開され、ビジュアルはゲーム版とほとんど変わらない印象を受けました。
久野里 澪の声がゲームでは種田梨沙さんでしたが病気休養のため、真田アサミさんと交代となるようですね。

気になる話数ですが、現在DVD予約が開始されており、それが6巻までということから1クールの放送なのではないかと話題になっています。
妄想科学アドベンチャーシリーズは、過去の3作品もアニメ化されていますが、第1弾『CHAOS;HEAD(カオスヘッド)』が1クールで放送され、低評価の目立つ仕上がりとなってしまいました。

『カオスチャイルド』は、『シュタインズ・ゲート』の1.5倍のボリュームがあるため、流石に1クールでの放送となれば、アニメの出来は期待できなさそうですね。
ただ、『シュタインズ・ゲート』、『ロボティクスノーツ』と『カオスヘッド』以降のアニメは2クールでの放送となっているので、分割で2クールの放送などの可能性も充分あると思います。
ここら辺はアニメの内容で判断するしかないでしょう。
序盤でいきなり能力関係が出てくると絶望的かもしれませんね…。

スポンサーリンク

カオスチャイルド ゲーム感想

2017y01m06d_141655827

あらすじ
2015年、渋谷。6年前に起きた大災害、渋谷地震から復興された街に新設された私立高校『碧朋学園』に通う青年宮代拓留は、自身が設立した新聞部の活動の一環として『ニュージェネレーションの狂気の再来』と称される連続殺人事件を追っていた。情報強者を自称する拓留は持ち前の好奇心と行動力、そして周囲の手助けや偶然もあり、とうとう事件の第一発見者となる事が叶う。真相の究明をする事で自身の有能さを知らしめる事ができると考えた拓留は、義理の姉を自称する来栖乃々の制止も聞かず、幼なじみの尾上世莉架や親友の伊藤真二と共に動く事となる。 やがてそれは、渋谷に生きる全ての人々を巻き込む狂気となって拓留に襲い掛かり、拓留もまた、自身の過去と向き合う事となって行く。

最初がXboxOneのみの発売だったのでそこまで注目されていませんでしたが、去年PS4などでも発売されたので結構プレイした方も増えたのではないでしょうか。
私もPS4でプレイし、非常に楽しませてもらいました。

時系列的に『カオスヘッド』の後のストーリーとなり、内容的にも『カオスヘッド』を知っていると楽しめる要素がいくつか含まれています。
ただ、絶対にプレイした方が良いという程でもないので、アニメを見て気になったなどという方や妄想科学アドベンチャーシリーズが初めての方などは、無理して『カオスヘッド』から入ろうとしなくても良いと思います。(全てプレイするとなるとかなりのボリュームになるので)

妄想科学アドベンチャーシリーズは、段々と明るい感じのシナリオになっていたのですが、今作はCERO Z(18歳以上対象)、グロ要素や暗めの雰囲気などが盛り込まれた内容となっています。
それを和らげるかのように、ルート分岐などに妄想トリガーというシステムが採用されており、本編中に事ある毎に主人公がポジティブな妄想かネガティブな妄想のどちらかをするかを選択することができます。
この妄想はギャグ要素が大きく、かなり笑えますね。

対して本編は、序盤が日常、中盤で非日常に入っていき、終盤ではかなりシリアスな展開へ突入していきます。
トラウマになりそうなシーンもあり、後々ゲームのトラウマシーンと言えば?という話題で上がるだろう程のものもありますね。

ボリュームとしては、全てのルートをクリアするのに睡眠時間入れて丸々三日くらいですかね。
1周目が強制的に共通ルートEND→クリア後に個別ルート4つ開放→個別END全てクリア後にトゥルールートが解放されます。
オススメの攻略順は
山添うき→有村雛絵→香月華→来栖乃々です。

伏線やミスリードも多いため、1周目の時点では驚きの展開ばかりでしたね。
個別ルートでは、共通ルートで分からなかった部分などが見事に分かるようになり、全てのキャラクターがメインヒロイン級の扱いであることも魅力の一つです。
個別ENDの時点で非常に面白いアドベンチャーゲームという感想だったのですが、トゥルーENDを終わらせると更に評価が上がりました。
正直語りたいことはあってもネタバレになってしまうので、あまりシナリオについては書けませんが、プレイして面白くないということは99%ないと思います。
注意しておきたいのが上述したように、ホラー・グロ要素が多めなので、そういったものが苦手な方は注意したほうが良いでしょう。
それとアニメ化したから何となく内容を知りたいというような方以外は、ネタバレなどは調べずに自身の手でプレイすることを断固オススメします。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

以上で『カオスチャイルド』のアニメやゲーム感想についてを終わります。

スポンサーリンク


コメントを残す