アサシンクリードユニティの発売日や声優などの最新情報まとめ

アサシンクリードユニティの発売日や声優などの最新情報まとめ

『アサシンクリードユニティ』はステルスゲームのアサシンクリードシリーズ最新作となる作品で
2014年11月20日に日本国内での発売が決定しています。

また今回発売されるアサシンクリード作品は2つで2014年12月11日に
『アサシンクリードローグ』の発売も予定されています。

そこで今回は『アサシンクリードユニティ』の最新情報をまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

ユニティとローグの違い

『アサシンクリードユニティ』はマルチプレイ対応で4人協力プレイにも対応している。
ストーリーはフランス革命がメインとなり、主人公アルノ・ドリアンが民衆の生きる糧を、自由を、正義を手にするために戦いを繰り広げる。

対して『アサシンクリードローグ』はオフライン専用の作品で
主人公のシェイ・パトリック・コーマックはアサシンに恨みを持っているアサシン。
シリーズ初のテンプル騎士団側の「アサシンハンター」が主人公となる。(上の画像はローグの主人公)

そのためオンラインプレイは『アサシンクリードユニティ』に力を入れていることになる。

 

アサシンクリードユニティ ゲーム内容

声優

[主人公]アルノ・ヴィクトル・ドリアン 三木 眞一郎
[アルノの幼馴染]エリス・デ・ラ・セール(テンプル騎士団所属) 豊口 めぐみ
[アルノに近寄る謎の貴族]マルキ・ド・サド 藤原 啓治
[エリスの父親]フランソワ・デ・ラ・セール 咲野 俊介
[銀細工師]フランソワ・トマ・ジェルマン 楠 大典
[若き英雄]ナポレオン・ボナパルト 高橋 広樹
[政治家]マクシミリアン・ロベスピエール 川中子 雅人

ストーリー
18世紀に巻き起こったフランス革命により、混迷を極めるパリ。
絶対君主制を敷いていたフランス政府の財政が悪化し、市民の飢餓や貧困を招いたため、怒れる市民たちが王政を排除するべく戦った。
アルノは、そんなパリの裏側で暗躍することになる。

マルチプレイ
シングルプレイとマルチプレイが融合し、協力してストーリーをプレイできるようになった。
暗殺ミッションでは、ターゲットが潜む建物への侵入ルートや、接近するまでの手段、暗殺後の逃走ルートも、
全てがプレイヤーたちの自由。
ひとりが囮役となり、その隙に他のプレイヤーが目標を始末するといった、連携プレイも可能。
フレンドと共に、壮大な『アサシン クリード』の世界を体験しよう。

 

マルチプレイ協力暗殺ミッションPV

オンライン対戦なら結構前の作品から実装されていましたが
協力プレイは今作が初めてとなりますが、動画見るとめちゃくちゃ面白そうですね。

こっち側が強すぎる気もしますが、それぞれ自由に動き回れるのが非常に楽しそうです。
この動画はみんな上手でしたけど、下手な人が混じったらすぐに見つかったりしそうですね。

また各プレイヤーのアサシンは衣装やスキルによって
プレイヤー独自のアサシンにカスタマイズすることが可能
衣装の色も数千種類用意されているとのことです。
同じ服装のアサシンに出会うことは滅多になさそうですね。

また武器に関してはキャンペーンで手に入る武器が
co-opモードに反映していくという仕様のようだ。

スキルにもHealth・Navigation・Stealthなどがあり、
各プレイヤーは自分好みに振り分けていくこととなる。

スポンサーリンク

 

アサシンクリードユニティの予約特典

『アサシン クリード ユニティ』ゲームソフト
アルノ ガーゴイルフィギュア
オフィシャル サウンドトラックCD
オリジナル アートブック
専用封筒入り リトグラフ二種
ダウンロードコンテンツ
オリジナル スチールブック
専用コレクターボックス
以上が特典内容となり価格は13800円となります。
気になる方はチェックです。

また海外で発表されているDLCに「Dead Kings」や「Assassin’s Creed Chronicles: China」がある。

「Dead Kings」は主人公アルノが盗賊と戦うストーリーとなるようで、本編の後日譜となる。

「Assassin’s Creed Chronicles: China」はユニティとは直接関係のない番外編ということらしく
中国が舞台の女アサシンが主人公で、3D横スクロールアクションのオリジナルストーリーとなるらしい。

本編の他にも上記のようなDLCもあり、非常に楽しめそうな作品になりそうだ。
Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

関連記事はコチラ
アサシンクリードローグシリーズ最新作の詳細が明らかに!
アサシンクリードシリーズのストーリーまとめや順番、おすすめなど

 

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ