今回は『JUDGE EYES:死神の遺言』の体験版について書いていこうと思います。

本作は「龍が如く」シリーズを制作しているセガゲームス 龍が如くスタジオの新作PS4ゲームとなっており、主演を木村拓哉が務めるということで話題になっていますね。
2018年12月13日に発売予定で、9月10日からは本編の冒頭をプレイできる体験版も配信されています。

そこで今回は、『JUDGE EYES:死神の遺言』の体験版の流れや感想についてまとめていきます。

スポンサーリンク

体験版攻略

体験版には自由行動などはなく、本編の冒頭を少しプレイできる程度でした。
製品版へのテータ引継ぎなどもなさそうです。

・イベント後に街のチンピラ×5とバトル
バトルのチュートリアル

□□□□△△の攻撃を行う
L1のガードで敵の攻撃を防ぐ
R1で構え移動、敵をロックする
R1で構え中に×で回避
〇〇、〇△、〇□などで掴み攻撃
武器を持つか敵をダウンさせた後に△でEXアクション

・敵を全て倒すとイベント

・進めるルートからピンク通りへ向かう

・尾行ターゲットサーチモード

・左側の黒い車の近くにいる男をR2で注視して確認するとイベント

・ターゲットを尾行する
常にカバー位置寄りに移動して車2台分くらいの距離を空けて尾行すると良いです。

自販機で飲み物を買った後に引き返して「みの田」の前で止まるので、近くのネットカフェの看板裏に隠れるとイベント

・イベント後に再び尾行

・チャンピオン街の空き地まで尾行すると尾行完了

・アクティブサーチモード
上空の青く光っているドローンを注視する

・空き地に入るとイベント

・チェイス
障害物を避けながらターゲット追いましょう。

移動は自動で行われるので、障害物や敵の飛び道具による攻撃時に発生するコマンド入力を成功させていけばOKです。

・馬好き探偵を捕まえるとイベント

・馬好き探偵とバトル
十字キー下で一閃に切り替え

・倒すとイベント

 

体験版感想

本作はシステム面が「龍が如く」シリーズとほぼ同じで、神室町を舞台に派手なバトルアクションやミニゲームを楽しめるプレイスポット「デジタルピンボール」、「VRすごろく」、「ドローンレース」なども存在するようです。

ストーリー的には連続殺人犯に弁護士としての人生を奪われた主人公「八神隆之」(木村拓哉)が探偵事務所を営んでいたところ、ある依頼をきっかけに大きな事件に巻き込まれていくといったものになっています。

体験版をプレイした印象だとバトルアクションや街並み、操作感は「龍が如く」シリーズまんまでした。
ストーリーは序盤から引き込まれる展開で、木村拓哉による主人公もカッコよいので普通に面白そうですね。

「龍が如く」シリーズと異なる点としては、ターゲットの尾行や証拠集めといった要素がメインストーリーに組み込まれています。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

以上で『JUDGE EYES:死神の遺言』の体験版についてを終わります。

スポンサーリンク