さよなら海腹川背ちらり発売決定!追加要素や評価に裏設定も

この記事は4分で読めます

さよなら海腹川背ちらり発売決定!追加要素や評価に裏設定も

海腹川背

PSVitaにて『さよなら海腹川背ちらり』が、アガツマ・エンタテインメントから2015年4月23日に発売されることが決定しました。

このゲームは、2013年6月20日に3DSで発売された『さよなら海腹川背』に追加要素などを加えたものとなります。
『海腹川背(うみはらかわせ)』は、シリーズ作品のため他にも発売されています。

そこで今回は、『さよなら海腹川背ちらり』の追加要素や前作の評価に『海腹川背』の暗すぎる裏設定についてなどをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

さよなら海腹川背ちらり 追加要素

動画は3DSのものとなりますが、PSVitaで発売される『さよなら海腹川背ちらり』は、3DSのものに追加要素を加えた作品になります。

追加要素は現在
フレームレートが60fps化

海腹川背
新規ステージの収録
スーパーファミコン版「海腹川背」の収録

海腹川背
が決定しており、かなりボリュームのある作品になりそうです。

このゲームは、ゴムロープの先に付いた釣り用ルアーを壁や天井に引っ掛け、ゴールを目指し進んでいくラバーリングアクションです。
非常に高難易度なことでも有名で、死にゲーと呼ばるほどです。何回も死んで自分流の攻略方法を見つけることがこのゲームの面白さと言えます。

 

海腹川背シリーズと評価

上記でも記述したとおり、この作品はシリーズ作品ですので今までの作品を紹介していこうと思います。

スーパーファミコンで1994年12月23日に発売された『海腹川背』

海腹川背

プレイステーションで1997年2月28日に発売された『海腹川背・旬』

海腹川背

PSPで2008年3月27日に発売された『海腹川背Portable』

海腹川背

3DSで2013年6月20日に発売された『さよなら海腹川背』

海腹川背

上記の作品がシリーズの主な作品となります。
他に『海腹川背・旬』にフィールドなどを追加した『海腹川背・旬〜セカンドエディション~』がプレイステーションで、DSでさらにフィールドを追加した『海腹川背・旬 〜セカンドエディション〜完全版』が発売されています。
そして『脱出パズル 海腹川背』がiアプリで配信されています。

『海腹川背Portable』は、『海腹川背・旬』のリメイク作品となりますが、不具合が多く買うのはやめておいた方がいいでしょう。

 

今から作品全てを知りたいという方は
『海腹川背』
続編にあたる『海腹川背・旬』
完全新作の『さよなら海腹川背』
の3作品をプレイすれば大丈夫なので、PSVita版ではその内2作品をプレイできることになりますね。

ということで興味のある方はDS版の『海腹川背・旬 〜セカンドエディション〜完全版』を、発売までのつなぎとしてプレイするといいかもしれませんね。

気になる評価ですが、どの作品も非常に高評価です。
難しい作品ではありますが、その分達成感も大きい作品です。
PSP版のせいでバグゲーとして知られている部分もありますが、他の作品は非常に面白いのでプレイする価値はあります。
スポンサーリンク

 

海腹川背 裏設定

『海腹川背』には暗すぎてなかったことにされた裏設定というものが、存在しているようでしたので調べてみました。

~ 川背の生まれる数年前 ~

すきのない究極の味を追求して全国を流れ歩く「流しの板前」(後の)川背の父と、人を喜ばせるための味を追求して場末の定食屋を手伝っている(後の)川背の母が出会う。

同じように味の道を追求する若い二人は結婚し、小さな定食屋を始めるが、すきのない厳しいプロの味を目指す父は、

あたたかい家庭のぬくもりにひたり、しだいにプロとしての厳しさを失っていく自分に気づく。

味の道を捨てられない父は、再び流しの板前としての道を選び離婚。娘二人は、姉は母方、妹(川背)は父方にひきとられる。

川背は、まだ物心つく前(1才前後)で母と姉の記憶はなく、その後も何も聞かされなかったため、姉がいることは知らない。

~ 川背が中学生の時 ~

父と二人で全国を流れ歩きながら、しだいに味の道に目覚めていく川背。

ある日、いつものように究極の素材を求めて山へ入った父はそのまま行方不明に。

警察の捜索でも見つからず、結局死亡届が出される。住み込みで働いていた料理屋で質素な葬式が行われる。

その後川背は、料理屋の夫婦の世話で中学を卒業、高校進学を勧められるが、父の意志を受け継いで流しの板前になる決意をする。

その前後、川背の姉もまた母の店を手伝いながら味の道に精進していたが、しだいに厳しいプロの味に引かれはじめていた。

母は、離婚した父と同じ厳しい味を求めはじめていた姉に、好きな道を選ばせる覚悟を決める。

が、「ふぐの肝も食わずに味の道は語れん」と豪語する客の話を聞いた姉は、母の留守中、店で出すために仕入れてあったふぐを無免許で捌き肝を食べて中毒死する。

~ 川背19才くらい ~

板前としての腕にも磨きがかかり、いつものように「板前募集」の張り紙を見てフラっと定食屋に入る。

とりあえず賄い(まかない)として出された何のへんてつもない素朴な料理をなにげなく食べるが、今までに味わったことのない究極のおふくろの味にショックを受ける。

自分の力の無さを思い知り店を出ようとするが、一目見て我が娘と気づいた定食屋のおかみに引き止められ、その店で一から修行し直すことになる。

実の母とは知らずに、毎日楽しく愛に満あふれた日々を過ごす。(この間に姉とは知らずに、死んだ姉の話も聞く)

ある日、川背一人で買い出しに出かけた市場で何気なく聞いた話から、定食屋のおかみが自分の母であることを知る。

味のために死んだ父や、無免許でふぐを捌いて死んだ姉を思い、自分の進むべき道を見失っていたことに気付く。

置き手紙をして店を出ようとする川背に、全てを悟った母が「最初で最後の母の味」と、

自ら握ったおにぎりを差し出すが「自分の進むべき道は厳しさの道」と、受け取らずに心で泣きながら出ていく。

味の道の奥深さを学んだ川背であった。

ゲームの舞台は川背の深層心理で、ゲーム中のビジュアルは深層心理を映像化したものであり、いわば川背の(夜見る)夢のようなものである。

川背の心には、常に、満足に得られなかった親からの愛を求めて、すきま風が吹いているので、ずいぶんと殺風景な心象風景となっている。

川背の生活に、当たり前のようにのしかかる「味の道の模索」は、そのまま、魚との格闘という形で現れている。

しかし、本来は自分自身との戦いであって、これは「海腹川背」のゲーム性が、まさに自分との戦いであることに通じる。

以上が裏設定になります。
結構凝っててビックリしました。でもまぁ、確かにビジュアルに反して暗いですね。

 

 

以上で『海腹川背』についてのまとめを終わりたいと思います。
高難易ゲームが好きな人は是非プレイしてみてください。

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y01m19d_002459409
    • まるこめ
    • 2015年 2月9日 20:39

    暗すぎてなかったことにされたのではなく、あくまでゲームの世界観やキャラクターのイメージを
    スタッフに伝えるために書かれただけで最初から表に出すつもりのものでは無かったってだけですよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665
  2. 2016y01m26d_001557989
  3. 2016y01m26d_001404699

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m31d_001855652
  2. 2016y07m12d_025940656
  3. 2016y01m30d_143254701
  4. 2016y01m30d_212953437
  5. 2016y07m13d_022733506

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_074218233
  2. 2016y07m13d_081409931
  3. 2016y07m13d_075850554
  4. 2016y07m13d_065828546
  5. 2016y07m13d_140419095

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー