ロストスフィアの発売日は?対応機種はPS4とスイッチ?キャラやシステム

今回は『ロストスフィア』の発売前情報について

本作は『クロノ・トリガー』、『いけにえと雪のセツナ』に似ているRPGで、“プロジェクト・セツナ”第2弾の作品です。
バトルシステムは『いけにえと雪のセツナ』をベースにしているようですね。

そこで今回は、『ロストスフィア』の発売日や対応機種に加え、現在公開されているキャラクターやシステムなどについても調べてみました。

スポンサーリンク

ロストスフィアの発売日や対応機種は?

『ロストスフィア』の発売日は2017年秋発売予定

対応機種はNintendo Switch/PS4
PS4/PSVitaやスイッチ/3DSなどじゃないのは若干珍しい気がしますね。

ストーリーあらすじ

この世界は記憶によって創られている。

人が生きていくことで
星の記憶となり、この世界は形作られていく。

それは、果てしなく遠い昔の記憶もあれば
今、この瞬間の記憶もある。

そして。
記憶が失われる時、存在も消えてしまう。
それを人はロストと呼んだ。

ロストしてしまったものは、人の力で元に戻すことはできない。
それはいつの時代であっても変わらない理のはずだった。

しかし、記憶の力を使う少年が世界に現れる。
少年の名前はカナタ。

それは世界にとって、希望なのか。新たなる絶望なのか。
それは誰にもわからない。

だが、今始まろうとしている、カナタの記憶を巡る旅が、
世界に大きな影響を与えるであろうことは間違いなかった。

 

ロストスフィアのキャラクター

公開されているキャラクターは4名

・カナタ
年齢:16歳 武器:剣
ロストスフィア,キャラ,カナタ

月鐘の街エルで育った普通の少年で今作の主人公
記憶によって世界を創り変える力に覚醒し、世界中で発生しているロスト現象を調査する

・ルミナ
年齢:18歳 武器:格闘
ロストスフィアの発売日や対応機種は?

幼い頃にエルに流れ着いたカナタの幼なじみの少女
我流の格闘技でカナタたちとともに街の護衛を行っている

・ロック
年齢:13歳 武器:ボーガン
ロストスフィアの発売日や対応機種は?

月鐘の街エルで生活しているカナタの幼なじみ
年齢は低いが活発な性格で、気づいたら、2人を引っ張って行動していることも多い

・ヴァン
年齢:20歳 武器:ビット
ロストスフィアの発売日や対応機種は?

月鐘の街エルに突如現れた青年
エルに起きた異変について何か知っているようだが、多くを語ることは無い

トレーラーを見る限りでは上記の他にも多くの仲間キャラクターが登場するみたいですね。

スポンサーリンク

ロストスフィアのバトルシステムなど

2017y06m07d_180016530

では最後に、『ロストスフィア』のシステム面について調べてみました。

バトルシステムは2016年2月に発売された『いけにえと雪のセツナ』をベースにしているようです。
・バトルマップを移動できる戦略性をプラス
効果範囲のあるスキルはキャラを移動させて複数の敵が範囲に入るように調整など
・セツナにあった【刹那システム】が今作でも登場
・エリアマップでモンスターに近づくとシームレスにバトルに突入

『いけにえと雪のセツナ』はプレイしていないのですが、正確には『クロノトリガー』のATB2.0をベースにしているとのこと

バトル中にキャラクターの移動が可能といっても、戦闘はRPGによくあるコマンド選択式なのでじっくりと戦略を考えて進めていくことが出来ます。

そこに存在するものが記憶の喪失により白い霧となる【ロスト現象】
【ロスト現象】によって失われていく世界を仲間と共に取り戻していくというストーリーのようですね。

昔のRPGを思い出すようなグラフィック・バトルシステムなので賛否両論がありそうな作品です。
ただ、個人的にはトレーラーのBGMや物語の内容が気になったのでプレイしてみたいと思いました。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

以上、『ロストスフィア』の発売前情報についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す