サイコブレイク2の発売日は?主人公やジョセフは?前作評価やネタバレ

今回は『The Evil Within 2(サイコブレイク2)』の発売前情報について

『サイコブレイク』は2014年10月に発売された『バイオハザード』似のサバイバルホラーです。
本編は謎を残したまま終了した『サイコブレイク』ですが、E3 2017にて続編の『サイコブレイク2』の発売が発表されました。

そこで今回は、『サイコブレイク2』の発売日や対応機種に加え、主人公や前作のパートナーのジョセフ、前作評価やネタバレについても少し書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

サイコブレイク2の発売日や対応機種は?

『サイコブレイク2』の発売日は2017年10月13日
しかし、これは海外の発売日で国内の発売日は発表されていません。

前作は海外が2014年10月14日で国内が2014年10月23日だったので、似たような感じになるかもしれませんね。

対応機種はPC/PS4/Xbox One

 

サイコブレイク2の主人公やジョセフは?

2017y06m17d_033727042

まだ詳細は公開されていませんが、『サイコブレイク2』はトレーラーを見る限りは前作の続編となりそうです。

前作では主人公であるセバスチャンの妻や娘、自宅の火事などの謎が残されたままで、トレーラーにはセバスチャンらしき人物と火事や娘らしき女の子の姿が確認出来ます。

発売日が割と近いのですぐに詳細が発表されるとは思いますが、『サイコブレイク』が謎の多いストーリーだったので恐らく物語も繋がっていると考えて良いでしょう。

相棒のジョセフなどについて調べている方が多かったのでネタバレも書いておこうと思うのですが、気になる方もいると思うのでネタバレは記事の最後に記載します。

 

サイコブレイクの評価は?

ホラーゲームとして発売前から話題になっていた『サイコブレイク』ですが、ネット上の評価は良いとは言えず酷評も多いです。

ネット上の評価や感想
・ストーリーに謎が残りすぎていてパッとしない
・弾薬の節約などが初代『バイオハザード』に似ている
・ドッキリ系の場面が多くB級ホラーっぽい
・グラフィックが悪い
・ゴアモードはバイオよりもグロテスク
・難易度は高めで何度も死ぬ
・アップデートによりシステムが改善され良くなった

ストーリーについては賛否両論あって、「謎が残っている方が良い」、「批判的な声が多いけど充分楽しめた」などといった声もあります。
Amazonなどでは2017年にプレイしたユーザーで高評価をつけている方が多い印象だったので何とも言えませんね。

最近のレビューで高評価が目立つのはアップデートでシステムが改善されたのも大きな要因だと思います。

個人的には謎が多いというよりも、ストーリーに関わる重要な箇所がDLCで配信されているというのが気になりました。
設定上、精神(脳内)世界が舞台となっているのでクリーチャーが多く、『バイオハザード』系のゲームが好きな方は楽しめると思います。

ストーリーに謎があるという批判的な部分も『サイコブレイク2』で解消される可能性があるので、今からプレイしてみるのは良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

サイコブレイクのジョセフやレスリーなどネタバレ

関連キーワードで『サイコブレイク ジョセフ』と調べている方が多いようでしたので少しネタバレも書いておきます。
※ネタバレは少しなので前作プレイ済みの方じゃないと理解できないと思います。

まず、『サイコブレイク』はSTEMと呼ばれる装置でルヴィク(ラスボス)の脳とリンクしてしまい、脳内世界に巻き込まれるところから始まります。
なので、本編中は突然の場所移動や現実ではあり得ない事も普通に起こります。

そして、主人公の相棒役として本編の途中からはパートナーとしても活躍してくれたジョセフはネット上では死亡・生存説があります。
今までは本編でルヴィクが「ジョセフは耐えられなかった」的な発言をしていることから死亡説が有力でした。

しかし、DLCでラストシーンのバスタブ内のジョセフの心臓が動いているような描写があることから生きている可能性が高いと言われています。

レスリーは前作の物語終盤でルヴィクに身体を乗っ取られた描写があります。
前作のラストシーンの現実世界で主人公がレスリーが建物から出て行く姿を目撃しますが、これはレスリーの身体を乗っ取ったルヴィクでレスリーは死んでいる可能性が高いですね。

『サイコブレイク』は謎が多く、プレイしたユーザーによって解釈が異なることも多いので何が正解かは正直分かりません。
ただ2が発売されるので、2では主人公の家族などに加え、他の謎も解明されてほしいですね。

以上、『サイコブレイク2』の発売前情報とネタバレ少しについてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す