Sinner(ゲーム)はPS4で発売日は?オンライン協力はなし?

2017y09m20d_013636155

今回は『Sinner: Sacrifice for Redemption』の発売前情報について

『Sinner』は2018年に発売予定のアクションRPGです。
『ダークソウル』や『ワンダと巨像』に影響を受けたタイトルのようで、ネット上では『ダークソウル』のパクリとも言われています。

そこで今回は、『Sinner』の発売日や対応機種に加えオンライン情報について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Sinner(ゲーム)の発売日や対応機種は?

『Sinner』は2018年に発売予定
制作会社によれば“2018年の第1四半期内にはリリース”とのことなので、2018年の4月~6月頃に発売されるのだと思います。

対応機種はPS4/Xbox One/PCとなります。

国内での発売も決定していますが、現段階では上記の発売日に国内でも同時発売されるかは分かりません。

 

Sinner(ゲーム)はダークソウルのパクリ?

2017y09m20d_013543006

本作は『ダークソウル』シリーズや『ワンダと巨像』に大きなインスピレーションを受けたと公式サイトが公言しています。
ただ、トレーラーを見る限りでは、『ワンダと巨像』よりはソウルシリーズ寄りですね。

ストーリー内容としては、
カヴァニス王国の深淵で神を冒涜し、 堕落の一途を辿っていた兵士アダムが主人公
大罪を犯したアダムは自身の魂を救済するために、 様々な試練を乗り越えることになる

この様々な試練というのが、具現化した自身の罪(モンスター)との戦いとなるようです。

ゲームシステムとしては、
・ボスは七つの大罪の7体
・最初に戦う“傲慢”以外の6体は戦う順番をプレイヤーが決められる
・ボス戦は基本的に雑魚敵が出現しない
・ボスを倒すにはプレイヤーが能力or装備を失う必要がある
・飛び道具などのアイテムも存在する

戦い方としては『ダークソウル』シリーズのようなヒット&アウェイが基本になる高難易度ゲームになるみたいですね。

本作の特徴は上記でも書いたように“ボスを倒す度に弱体化”
これは、ボスを倒すために装備や能力を失うことで罪を償っていくということで、そのためプレイヤーは弱体化していくとのこと

ボスによって失う物は決まっているので、倒す順番によってはその先のボスを倒すのが非常に難しくなる場合もあるようです。

ボス戦は時間が掛かる作りになっているものの全体を通したプレイ時間は4時間程度と短めのようで、どうしてもクリア出来ない場合は「セーブデータを戻すか最初からプレイして下さい」とのことです。
ただ、これは人によってはイラつく仕様かもしれませんね。

それから、プレイ時間を聞くと全体のボリュームは少なめに感じますが、プレイヤーを飽きさせないために様々なゲームモードを用意しているみたいなのでボリュームが少ないわけではなさそうです。

 

Sinner(ゲーム)はオンライン対応?

『ダークソウル』シリーズにシステムが似ているということなので、気になるのはオンラインについてですね。
ただ、調べてみたものの『Sinner』はオンラインには対応していないようです。

個人的には高難易度ゲームのようなので、協力プレイがあればかなり期待出来そうだったのですが…

それでも高難易度のアクションRPGは好きなので期待はしています。

以上、『Sinner: Sacrifice for Redemption』の発売前情報についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す