今回は2018年に発売予定の新作洋ゲーについて

2017年も終わりを迎えて2018年が迫ってきていますが、既に発売が発表されている洋ゲーがいくつかあります。
様々なジャンルが存在しますが今回はアクション系に焦点を当てています。

ということで今回は、2018年にPS4で発売予定の新作洋ゲーの中でも個人的に気になっているおすすめタイトル5つについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

2018年にPS4で発売予定の新作洋ゲー

この記事で紹介するのは動画で紹介している5タイトルです。
・Sinner Sacrifice for Redemption
・EXTINCTION
・METRO EXODUS
・Days Gone
・ANTHEM

個人的に期待しているのは上記の作品ですが、他にも『ファークライ5』、『God of War』、『レッド・デッド・リデンプション2』などは話題になっていますね。

Sinner Sacrifice for Redemption

2017y12m18d_145650624
2018年の第1四半期内に発売予定(海外版)

『ダークソウル』や『ワンダと巨像』に影響を受けたタイトルで、雰囲気は『ダークソウル』シリーズによく似ています。
オンラインはなくソロプレイ専用のアクションRPG

ボスを倒すたびに自身の能力や装備を失い弱体化していくのが本作の特徴で、全体的なボリュームは4時間程度と少なめのようです。
ただし、倒す順番によってはボスを倒すのが困難になり詰んでしまう可能性もあるとか

私は『ダークソウル』シリーズはとても好きな作品なので期待しています。

 

EXTINCTION

2017y12m18d_145705090
2018年内に発売予定(国内は未定)

巨大なオーガの群れと戦うことになるアクションアドベンチャー
人気漫画『進撃の巨人』に雰囲気が似ている作品です。

オープンワールド型アクションゲームになるとのことで、市民を魔物から守りながらメインストーリーやサイドミッションを受注しながら進めていくシステムとなるようです。

まだ詳細は発表されていないので何とも言えませんが、マルチプレイに関する情報は見当たらなかったのでソロプレイ専用になるのだと思います。

 

METRO EXODUS

2017y12m18d_145654924
2018年発売予定

『メトロ』シリーズ最新作のFPS
これまでと同じくアルチョムが主人公で、オープンワールド型のFPSとなるようです。

ストーリーにも繋がりがあり、前作『メトロ ラストライト』のグッドエンディングの続きの物語となります。
1年に渡る列車の旅が描かれており、ストーリーが進むと四季も変わっていくとのこと

なので、オープンワールド型ではありますが、いくつかの環境から構成される純粋なオープンワールドとは異なる作りになっているようです。

 

Days Gone

2017y12m18d_145657624
2018年発売予定

2018年発売予定のゾンビゲームの記事でも紹介しましたが、個人的にゾンビゲームの中では一番期待しています。
元々は2017年に発売予定のタイトルだったので知っている方も多いでしょう。

大量のゾンビが特徴的なTPSのオープンワールド型サバイバルアクションゲームで、ソロプレイ専用です。
マルチエンディングが採用されているのでストーリー性の強い作品になるのだと思います。

個人的にはマルチプレイによる協力プレイがあれば良かったなと思いますが、それを除いても期待出来る作品ですね。

 

ANTHEM

2017y12m18d_145717293
2018年秋頃に発売予定

4人協力プレイが可能なオープンワールド型アクションRPG
雰囲気が同じく協力プレイが可能なゲーム『Destiny』に良く似ているのが印象的です。

既に日本語字幕に対応していることが発表されているため国内と海外の発売日が近いかもしれません。
最大4人チームを組んでの協力プレイが可能なのでフレンドと遊べるゲームを探している方におすすめの作品ですね。

以上、2018年に発売予定の新作洋ゲーの個人的おすすめ5タイトルについてでした。

スポンサーリンク