今回は『Days Gone(デイズゴーン)』について書いていこうと思います。

本作は2016年に発表されたオープンワールドのゾンビゲームで、発表当時から期待のゾンビゲーとして注目されていますね。
最近は情報があまり出ていませんでしたが、ようやく2019年2月22日にPS4にて発売が決定されました。

日本国内でも2019年2月22日に発売とのこと。

そこで今回は、『Days Gone(デイズゴーン)』の現在判明しているシステムなど最新情報についてまとめていきます。

スポンサーリンク

Days Gone

2018年のE3では最新トレイラーも公開されています。

本作はBend Studioが開発するオープンワールドサバイバルアクションゲームです。

舞台となるのは謎のパンデミックによって文明が崩壊した後の米国
プレイヤーは賞金稼ぎの主人公ディーコン・セントジョンとして生きる理由を探してバイクで旅をしているというストーリーになっています。

人類の大部分が「フリーカー」と呼ばれる凶暴なクリーチャーとなってしまった世界で、生きる人々の希望や葛藤の人間ドラマも描かれるとのこと。

現在は大量のゾンビに追われるゲームという印象が強いですが、プレイムービーやインタビューからシステム面も多く公開されていますね。

少し調べてみたのですが、システム面としては
・TPS
・ボリュームは寄り道要素含めて30時間以上
・ストーリーはミッションによって進行
・プレイによってエンディングが変化
・オフライン専用でマルチプレイは無し

WS000018

・フリーカー以外にもオオカミやクマなどの野生動物も登場
・気候や時間帯で出現する敵が変化

・同じミッションでも自由度の高い攻略ルートが存在
・ステルス要素が高く、気付かれずに敵に近付くと一撃で敵を倒す事が可能

・武器は拾ったり、所持している武器を組み合わせるクラフト要素も存在
・商人の信頼を得ることで購入できる武器が増えていく
・主人公は経験で多種多様なスキルを取得する事が可能

・丸太やワナ、ドラム缶などフィールドにあるオブジェクトを利用して敵を倒す事も可能

WS000019
・主人公の使用するオートバイはアップグレードする事が可能

といった感じですね。

プレイ動画もいくつか公開されているのですが、同じミッションでも敵が仕掛けた罠に引っ掛かって襲われるルートや罠の仕掛けてあるルートを回避して回り込むルートなど目的地へ到達するためのルートも複数存在していました。

目的地の敵対勢力を撃退する方法も近くのフリーカーの集団をおびき寄せて襲わせたり、スナイパーライフルで1人ずつキルしたりとプレイする人によって攻略方法は様々なようです。

発売日も決まり、国内でも発売されるとのことで2019年期待のオープンワールドゲームとして更に注目されていきそうですね。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

以上で『Days Gone(デイズゴーン)』についてを終わります。

スポンサーリンク