龍が如く極13章の攻略とクリア後に追加される要素

この記事は2分で読めます

龍が如く極13章の攻略とクリア後に追加される要素

今回は『龍が如く極』の13章の攻略とクリア後の特典について書いていこうと思います。

13章はボス戦のポイントが中心になります。

スポンサーリンク

龍が如く極 13章 攻略

伊達と電話で会話後にスターダストへ
一輝から30万円貰える

アレスへ向かうとストーリークリアとなってしまうので、やり残しがあればやっておくこと
ユウヤとの会話で時間変更、一輝との会話で遥を連れて行くかどうかを選択可能

アレスへ向かう前に回復アイテムを大量に買っておくこと

準備が出来たと選択すると連続戦闘になります
・暴徒と4連戦
・ミレニアムタワーでMIAと5連戦
・近江連合組員と戦闘
・MIAサージェントと戦闘
・MIAソルジャーと戦闘
・神宮京平と戦闘
・錦山彰と戦闘

MIAは拳銃を持っている敵が多いので、先に持っている敵から倒す
神宮戦では「賽の河原」の古牧から習得できる古牧流・火縄封じがあると楽になるので、習得していなければしておいたほうが良い。
神宮と一緒に出てくるMIAカーネル2体は1回倒しても復活する
チンピラでのゴリ押しが良い?ラッシュスタイルだと攻撃力が低くて時間がかかる

錦山彰戦
ラッシュスタイルで戦うのが良い
体力が減るたびに戦う場所が変わる(落ちている回復アイテムを拾っておく)
正面からはスウェイとパンチ攻撃で攻めて大振りの攻撃をしてきたら後ろを取ってフィニッシュブロウまで繋げる
後ろからの攻撃に成功している場合は、途中で止めないで最後まで繋げる

拳砕きの極み・肘を習得していると簡単にカウンターできるので便利
超スタイルの極みは多分堂島の龍なので覚えていないと結構回復されてしまうが、ちゃんと倒せるので大丈夫

スポンサーリンク

龍が如く極 クリア後

本編をクリアすると以下の特典があります
・クリアデータの作成
・プレミアム・アドベンチャー
ストーリーに関係なく街を探索することができます。
クリアデータでのプレイも可能で、アジトではプレミアム・アドベンチャーで進めたデータのクリアデータを作成することも可能
・究極闘技
タイトル画面から挑戦できるモードで、ストーリーとは関係なし
・データを引き継いで最初からプレイ
クリアデータを引き継いで最初からプレイすることが可能
・難易度EX-HARD
コンティニューができないモードで、途中で他の難易度に変更することもできない
・回想
今まで見たことのあるイベントを見れる

龍が如く極 攻略メニュー

以上で『龍が如く極』13章の攻略とクリア後についての記事を終わりたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y01m19d_010759114
  2. 2016y01m19d_010759114
  3. 2016y01m19d_010759114
  4. 2016y01m23d_035707471
  5. 2016y01m19d_010759114
  6. 2016y01m19d_010759114
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月26日
    トラックバック:龍が如く極 攻略メニュー

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665
  2. 2016y01m26d_001557989
  3. 2016y01m26d_001404699

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y04m14d_233454035
  2. 2016y07m13d_002450688
  3. 2016y01m30d_230300087
  4. 2016y01m30d_155656658
  5. 2016y01m31d_003216631

オススメ作品

  1. 2016y03m07d_001640103
  2. 2016y07m13d_065828546
  3. 2016y07m13d_095430317
  4. 2016y07m13d_082055907
  5. 2016y01m19d_035322042

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー