イグジストアーカイヴのクリア後の引継ぎや周回プレイについて!

今回は「イグジストアーカイヴ」のクリア後の特典や引継ぎ要素、周回プレイについて書いていきたいと思います。

RPGでエンディング分岐ありのゲームだと一番気になる部分でしょう。

※若干ネタバレを含む箇所があるので、気にする人は注意して下さい。

スポンサーリンク

イグジストアーカイヴのクリア後の特典や周回プレイは?

エンディング分岐は第十章『遼の決断』にて選択肢が3つ出現。
なので、エンディングは合計3種類になるようですね。

なにはともあれ、エンディングを迎えるとタイトルメニューのニューゲームとロードの間に引き継いでニューゲームが出現します。

クリアデータをそのままロードすると、ラスボス手前の状態で、
・各クエストに『上級フリークエスト』が出現
・フリークエスト『或いは、彼らこそが・・・』が出現

一応、クリアデータをロードしてやり残したことを済ませるか、
すぐさまクリアデータを引き継いで最初からプレイするか選べるようになっています。

しかし、このフリークエスト『或いは~』は引き継いで始めた直後に挑むことが可能で、
各上級のフリークエストも引継ぎ後、探索できるエリアにすぐさま出現しました。

現時点で確認しているのは最初の『木漏れ日の森』です。

その上、このフリークエストは番外編と呼ばれるもので、本編の内容とは全く関係ありません。

それどころか本編の雰囲気をぶち壊すと言っても過言ではないクエスト
世界観を極度に気にする方はプレイしない方がいいかもしれません。

なので、結果的にクリアデータをロードしてプレイする必要はほとんどありませんね。

スポンサーリンク

イグジストアーカイヴ周回プレイの引継ぎ要素は?

そして、私自身一番気になっていた引継ぎ要素についてですが、
・レベル・SP・習得スキル
・武器・防具・装身具の全アイテム
・所持AMP
・各キャラクターの感情度
・コレクション
・プレイ時間
・アイテム生成一覧

ほぼ全てのデータを引き継いでプレイすることが可能になっています。
ただ、マップの踏破率とポッド取得率は引き継がれないようです。

なので、気になる方はクリアデータをロードして各探索エリアのポッドを取得してから引き継いでニューゲームをプレイするほうがいいかもしれませんね。

これは人によってはポッドをもう一度取得できるので嬉しい仕様でしょう。

エンディング分岐があるので大半のユーザーは引き継いでプレイすることになると思いますが、
不死の呪いルート
無限の時間ルート
邪神カナタルート

この3番目のルートでは『仲間からカナタに対する感情度が敵対になるので引き継いでプレイすると大変なことになってしまうようです。』

詳しくはエンディング分岐の条件の記事からどうぞ
イグジストアーカイヴのエンディング分岐条件は?引継ぎ注意点も

引継ぎに関しては、RPGの中ではかなりユーザーに対して親切な仕様ですね。
私はとりあえず、残りのエンディングを回収したいと思います。

攻略メニューはコチラ
イグジストアーカイヴ 攻略メニュー

以上、「イグジストアーカイヴ」クリア後の引継ぎや周回プレイについてでした。

スポンサーリンク


コメントを残す

サブコンテンツ