狼と香辛料の原作・ゲーム・アニメ・漫画まとめ!OP動画なども

この記事は3分で読めます

狼と香辛料の原作・ゲーム・アニメ・漫画まとめ!

『狼と香辛料』は支倉凍砂のライトノベル作品。
全17巻で完結済みの作品ですが、人気作品で
アニメ化の他に漫画やゲーム化もしています。
そこで今回は狼と香辛料の関連作品をまとめようと思います。

 

狼と香辛料とは

馬車で各地をめぐり、さまざまな物品を取引する行商人、クラフト・ロレンス。
麦の取引に訪れた村、パスロエで、彼は馬車の荷台に潜り込んでいた少女──ホロと出会う。自分は麦の豊作を司る狼神だという彼女には、確かに狼の耳と尻尾が生えていた。ロレンスは、そんな彼女を疑いながらも、彼女の故郷であるという北の地・ヨイツへの旅を共にすることに。港町・パッツィオ、教会都市・リュビンハイゲンでの「冒険」を経て、互いを理解していったふたりは、旅の仲間として絆を深めていく。
そしてふたりは、ホロの故郷の記録を持つ者がいるかもしれないという町、クメルスンを目指す。祭りに湧きかえる町でふたりを待っていたのは──。

クラフト・ロレンス 声 – 福山潤
ホロ 声 – 小清水亜美

スポンサーリンク

狼と香辛料 OP

といった感じでアニメは原作の雰囲気を壊さない良作となっていますので
見てない方にはオススメです。

原作は全17巻ですが本当にどれも面白い話ばかりで
後半になるにつれ、面白くなくなるラノベとは違い
面白いまま完結しているので非常に良い作品です。

ヒロインで狼神のホロもかなりの人気キャラ
2007年の「キャラクター女性部門」、『このライトノベルがすごい! 2007』で1位を獲得していて
今でもアーケードゲーム「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」にも登場しています。

 

狼と香辛料 原作他

狼と香辛料の原作第1巻は2006年2月に発売され
支倉凍砂は大学に通いながら執筆していたそうです。

7・11・13巻はSide Colorsで本編以外の短編がいくつか収録されている巻になっています。
この短編は「電撃文庫MAGAZINE」などに収録されていたものや書き下ろしなどがあります。

それと本編自体は16巻で完結していて、17巻は「Epilogue」の他に
短編が3話収録されています。

他に
・ガイドブック 狼と香辛料ノ全テ
・ビジュアルノベル 狼と香辛料 狼と金の麦穂
・画集 文倉十画集 狼と香辛料
が発売されており、それぞれ文庫未収録の短編も収録されているのでオススメです。
スポンサーリンク

 

狼と香辛料 漫画

狼と香辛料のコミカライズ作品は、イラストレーターでもある
小梅けいとが作画を担当しており、これはかなりの良作
作画が上手なだけでなく雰囲気もまさに狼と香辛料といった感じで
ファンも納得の仕上がりです。

現在10巻まで発売されていますが、基本的に原作に忠実だった
のは6巻ぐらいまでで、最近ではオリジナル要素も結構含まれています。
また原作3巻のアマーティの話はとばされています。

 

狼と香辛料 アニメ

アニメは1期・2期ともに全13話となっています。
こちらも原作通りの雰囲気で面白く、一時期注目されていました。
しかしエルサの話が省略されていて、エルサは原作後半にも出てくるため
3期は残念ながらやらないと思いますね。

 

狼と香辛料 ゲーム

狼と香辛料のゲームは2種類あり、どちらもDS用ソフトです。

狼と香辛料 ボクとホロの一年
ゲームの舞台は、もう一つの『狼と香辛料』の世界。若い行商人である主人公(=プレイヤー)は、ある日立ち寄った村で美しい少女の姿をした賢狼・ホロと出会う。馬車を格安でゆずってもらう代わりに、ホロの故郷を探すことを約束した主人公。期限は一年。行商に、恋愛に、故郷探しに大忙しの二人旅が始まる。
立ち寄った町々で、商品の売買や情報収集をして、ホロの故郷を探しあてよう!一年後に君を待つのは、ホロとの別れ? 大商人としての未来? それとも……。

ゲーム自体は簡単なのですが、ボリューム不足といったところです。
またロレンスは登場せず、プレイヤーが主人公のほかに、オリジナルキャラクターが多数登場するためロレンスとホロの絡みを期待している人は注意が必要です。

 

狼と香辛料 海を渡る風
故郷の手がかりを探して北を目指すホロとロレンスの前には、巨大な海峡が横たわっていた。ここを渡るためには厳格な身分証明が必要で……。
ニンテンドーDSで『狼と香辛料』の世界を満喫できるゲームの最新作が登場。行商人・ロレンスとして町から町を移動しながら商品売買をくり返し、お金を儲けながら北を目指します。今度の旅はホロと、もうひとりのヒロインを連れた3人旅。本格行商システムだけでなく、恋愛イベントも楽しめますよ。原作イラストを担当する文倉十先生原案のニューヒロイン・ルカも登場するので、お楽しみに!

こちらもやはりボリューム不足感が否めません。
新キャラのルカは声優が斎藤千和さんなので好きな方には良いかもしれません。

ということでホロとイチャイチャしながら旅をしたい方は「ボクとホロの一年」
ノーラやエーブなどとの恋愛も楽しみたい方は「海を渡る風」をオススメします。

この作品は個人的にかなり好きな作品なので、今回まとめてみました。

知らないという方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y01m30d_143254701
  2. 2016y06m03d_143141501
  3. 2016y01m30d_161839088
  4. m_social
  5. 2016y01m31d_000735793
  6. 2016y01m30d_225029317
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m30d_230300087
  2. 2016y07m13d_011734021
  3. 2016y07m12d_222509815
  4. 2016y06m03d_143803185
  5. 2016y01m30d_161839088

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_081409931
  2. 2016y07m13d_232800057
  3. 2016y07m13d_142919125
  4. 2016y07m13d_082055907
  5. 2016y07m13d_095430317

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー