英雄伝説のプレイする順番は?おすすめや評価に繋がりも!

この記事は4分で読めます

2015y05m28d_224446214

1989年に日本ファルコムから発売された「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」は従来のアクション性の高いRPGではなく、3人称の視点からコマンドを選択するRPGとして有名です。

ドラゴンスレイヤー&英雄伝説シリーズにはそれぞれドラゴンスレイヤー・ソーサリアン・英雄伝説・ロードモナーク・ザナドゥなどのシリーズがあり、他にも様々な派生タイトルが存在します。

今回はその中でも特に人気の高い英雄伝説の中で最も絶大な誇る大人気シリーズ軌跡シリーズをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

英雄伝説の概要

まず英雄伝説の軌跡シリーズをご紹介する前にドラゴンスレイヤーと英雄伝説についてご説明させて頂きます。

ドラゴンスレイヤーと英雄伝説は世界設定が一部共有しており、第1期を「イセルハーサ」シリーズ、第2期を「ガガーブトリロジー」シリーズ、第3期を「軌跡」シリーズと3つに分けています。

そのため、1部のキャラクターが別のシリーズに登場するといった場合もあり、さらに物語に強い影響力を持って登場するためシリーズを通してプレイしなければ理解することが難しいと言われています。

 

ドラゴンスレイヤーシリーズについて

第1期のイセルハーサシリーズはイセルハーサという世界を舞台としたRPGゲームです。「ドラゴンスレイヤー英雄伝説」「ドラゴンスレイヤー英雄伝説2」から成り立っており、現在では「新・英雄伝説」や「英雄伝説1・2」としてVectorなどのサイトからダウンロードしてプレイすることが可能となっており、ドラゴンスレイヤーという名称は外されています。

1の20年後の世界である2は、1の主人公セリオス王子の息子・アトラス王子が主人公として使用出来るようになっており、物語の繋がりが色濃く表現されている作品となっています。

第2期ガガーブトリロジーシリーズはガガーブ3部作やガガーブ編と呼ばれており、「英雄伝説3 白き魔女」「英雄伝説4 朱紅い雫」「英雄伝説5 海の檻歌」の第3作目から第5作目から成り立つトリロジー作品です。

ガガーブ編の第1作目にあたる「白き魔女」の主人公はジュリオとクリスです。成人を迎える儀式である巡業の旅の最中に魔女のゲルドの足跡を発見し辿るという物語です。

ガガーブ第2作目の「朱紅い雫」は主人公のアヴィンが親友であるマイルと共に離れ離れになってしまった妹のアイメルを探す旅に出る物語です。

ガガーブ第3作目の「海の檻歌」では主人公フォルトもしくはマクベイン・ウーナを中心に音楽と物語の繋がりを明らかにしてゆく物語です。
序盤はゆっくりと濃厚な物語展開となっているのですが、物語の中盤から荒波に飲まれたかの如く怒涛の展開を見せます。

まるで小説のようなゲーム展開となっており、ガガーブ編のコンセプトである「物語ることへの意志」がきちんと表現されています。

イセルハーサシリーズとは違い、それぞれが独立した物語となっており、1つ1つの作品に散りばめられた附箋を回収しつつ壮大な物語の終焉を見届けるという内容となっています。

ガガーブという大きな裂け目によって3つの大陸に分断されたそれぞれの国が世界に遺された傷跡と人間たちの犯した罪を描いた長編ストーリーです。

ガガーブ編はPSP版に移植されておりますので、興味がありましたら1度手に取ってみてはいかがでしょうか。

もし、初めて英雄伝説ガガーブ編をプレイするならば、白い魔女・朱紅い雫・檻歌の順でプレイすると良いでしょう。

ですが、時間軸通りにプレイしたい方は朱紅い雫が最も古く、続いて檻歌、最後に白い魔女となっています。1部のキャラクターは全てのシリーズに登場するのでそれもお楽しみの1つとなっています。

では、続きまして英雄伝説で最も人気の高い「軌跡シリーズ」についてご説明したいと思います。

 

英雄伝説の軌跡シリーズについて

2015y05m28d_223837354

シリーズを通して最も人気の高い英雄伝説作品である第3期「軌跡シリーズ」は現在も進行中の英雄伝説シリーズです。

軌跡シリーズはこれまでに7作品発売されており、舞台となる国や地域で主人公が異なり、舞台となった国や地域それぞれで1度物語は完結しています。

ですが軌跡シリーズとしては未だ見完結となっているため、今後の展開が非常に楽しみなシリーズとなっています。

軌跡シリーズは大まかに分けて3つに区分されます。

リベール王国をメインとした「空の軌跡FC」「空の軌跡SC」「空の軌跡the3rd」、クロスベル自治州をメインとした「零の軌跡」「碧の軌跡」、エレボニア帝国をメインとした「閃の軌跡」「閃の軌跡2」です。

軌跡シリーズは巨体なゼムリア大陸西部周辺を中心とした物語となっており、北西に位置する軍事国家のエレボニア帝国と南東に位置する民主国家のカルバード共和国が覇権争いを繰り広げています。

その覇権争いに巻き込まれているのがクロスベル自治州やリベール王国であり、他にも七耀協会総本部のあるアルテリア法国や医療先進国のエミフェリア公国などが存在しています。

2015y05m28d_224109868

リベール帝国をメインとした軌跡シリーズ「空の軌跡FC」「空の軌跡SC」の主人公はエルテル・ライトです。

英雄伝説始まって以来の女性主人公ということもあって話題となりました。

エステルは遊撃士ですので、王国内を自由自在に駆け巡ることができ、冒険感を味わうことが出来ます。

物語としてはこの2作品でスッキリ完結しているので、軌跡シリーズを初めてプレイされる方はこのシリーズから始めると良いでしょう。

また「空の軌跡the3rd」は上記2作品をプレイしてくださった方へのお礼ディスクとなっており、「空の軌跡SC」で登場したケビンをメインに七耀教会についてのお話が語られるとても重要な作品でもありますので、今後軌跡シリーズをプレイされるご予定の方はプレイしておいて損は無いかと思います。

2015y05m28d_224154893

クロスベル自治州をメインとした軌跡シリーズ「零の軌跡」「碧の軌跡」の主人公はクロスベル警察の特務支援課に配属されているロイド・バニングスです。

主にクロスベルの街を中心に物語が展開してゆくので冒険要素としてはやや弱い傾向にあります。

しかし、前作からシステム面の不満点が改善されているため、空の軌跡シリーズよりもプレイしやすくなっています。

「零の軌跡」・「碧の軌跡」でクロスベルの物語も一応完結してはいますが、やや気になる点が多々あり、中にはモヤモヤ感が残る方もいらっしゃるようです。

2015y05m28d_224243526

エレボニア帝国をメインとした軌跡シリーズ「閃の軌跡」「閃の軌跡2」では、トールズ士官学院に通う生徒であるリィン・シュバルツァーが主人公となっています。

軌跡シリーズ初の帝国編となっており、さらにフル3D作品でもあります。

トールズ士官学園とその近郊都市であるトリスタを中心に描かれる軌跡シリーズ最新作です。閃の軌跡シリーズは現在でも完結はしておらず、今後の展開が楽しみなシリーズ作品となっています。

スポンサーリンク

 

軌跡シリーズをプレイする方にお勧めの順番とは?

軌跡シリーズは今までのシリーズとは違い、物語の軸となる要素を中心にそれぞれの国や地域に住む人々の物語となっています。

そのため、主人公は違えど物語の軸は繋がっていますので、途中から始めると物語の展開が分からなくなってしまいます。

軌跡シリーズは全て同じ時代を生きる人々の織りなす物語ですので、まずは軌跡シリーズの始まりである七耀暦1202年の「空の軌跡FC」と「空の軌跡SC」をプレイしましょう。

そして七耀暦1203年の「空の軌跡the3rd」、1204年の「零の軌跡」と「碧の軌跡」を順にクリアし、零の軌跡と同年から物語がスタートする「閃の軌跡」と続き、「閃の軌跡2」で1つに繋がるという展開になっています。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

 

英雄伝説についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

やや分かりづらい部分が多々あったとは思いますが、現在進行中の軌跡シリーズは英雄伝説の中でも最も人気の高いシリーズとなっています。

特にティオ・プラトーとレンといった可愛らしいキャラクターが登場する零の軌跡・碧の軌跡は人気が高いため、1度はプレイする価値があると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y03m12d_220800499
  2. 0e738dca
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665
  2. 2016y01m26d_001557989
  3. 2016y01m26d_001404699

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m31d_004358657
  2. 2016y01m30d_141847088
  3. 2016y01m30d_153329220
  4. 2016y01m30d_144056723
  5. 2016y07m13d_002450688

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_095430317
  2. 2016y07m13d_065039783
  3. 2016y07m13d_080227300
  4. 2016y07m13d_102336564
  5. 2016y07m13d_082055907

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー