レイトン教授シリーズの厳選おすすめ紹介やその評価についても

この記事は3分で読めます

レイトン教授

2004年に東北大学の川島隆太教授の考案した「脳を鍛える大人の計算ドリル」がくもん出版から発売されるや否や100万部を超える大ベストセラーを記録し、その後任天堂DS専用ソフトとして「脳を鍛える大人のDSトレーニング(通称:脳トレ)」が発売され、一躍脳トレブームが巻き起こったのは記憶に新しいかと思います。
その後、続々と塗り絵やパズルゲーム、ナンプレ、数独といった脳トレを謳ったゲームタイトルが数多く販売されてきました。

そんな中2007年の2月にレベルファイブから謎解きとファンタジーを融合した新しいアドベンチャーゲーム「レイトン教授シリーズ」が発売され、大人だけではなく小さなお子様でも楽しめるような脳トレゲームを世に輩出し、その独特な世界観と雰囲気、程よい難易度の謎解きがユーザーの心を虜にし、レイトン教授シリーズは全世界累計販売本数が1,500万本を突破し、世界一売れているアドベンチャーゲームとして世界各国で特集されています。

そんなレイトン教授シリーズは2015年現在までにコラボレーション作品を合わせ、6作品を越える大人気シリーズとなっており、これからレイトン教授を始めたいという方はどのシリーズから手を付けて良いか悩むかと思います。
そこで、レイトン教授シリーズでお勧めの作品をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

第1位 レイトン教授と最後の時間旅行

レイトン教授

2008年の11月に発売された「レイトン教授と最後の時間旅行」はレイトン教授シリーズの第3弾でありながら、最も人気の高いゲームタイトルです。

元々レイトン教授シリーズは3部作で構成されており、最後の時間旅行は3部作における完結編となっています。
レイトン教授といえば数多くの著名人を声優として起用しており、主人公のレイトン教授には大泉洋氏助手のルーク少年には堀北真希氏を起用しており、最後の時間旅行に登場する主要キャラクターには小栗旬氏や上川隆也氏、木村佳乃氏がゲスト出演しています。

また、謎解きとは関係なくミニゲームなどが用意されており、頭をフル回転させながら行うミニゲームも脳トレに効果があると人気がありました。
本作は「ナゾトキ×タイムスリップ」がメインの物語展開となっており、現在起きている不可解な事件を解くために未来へ赴き、事件を解決するという内容となっています。
近未来型の物語ですので、ストーリーの好き嫌いはあると思いますが、とても楽しめる作品の1つです。

 

第2位 レイトン教授と不思議な町

レイトン教授

2007年の2月に発売されたレイトン教授シリーズ第1弾「レイトン教授と不思議な町」は「ナゾトキ×ストーリー」をコンセプトに物語が展開されます。
個人的には最も印象に残る作品の1つに挙げられます。
本作には120の謎が用意されており、さらに条件を満たすことでレイトン教授から高難易度の15問のレイトン教授からの挑戦が解禁されます。

また、毎週木曜日になると配信される週刊ナゾ通信をダウンロードすることで、プレイヤーを飽きさせないよう工夫し、1年は遊ぶことが出来る良作として名前が挙げられています。
また、2008年の10月にはダウンロードコンテンツを追加したフレンドリー版も発売され、インターネット環境が無い方でも楽しむことが出来ます。

不思議な町はヒロインに声優の能登麻美子氏をレイトン教授に依頼を出したサロメ夫人に田中敦子氏を起用しています。
不思議な町の不思議な住民たちの謎を紐解くことで街に隠された謎が明らかになる物語展開は引き込まれること間違いなしです。

スポンサーリンク

 

第3位 レイトン教授と魔人の笛

レイトン

2009年の11月に発売されたレイトン教授シリーズ第4弾「レイトン教授と魔人の笛」は第1作目の不思議な町の3年前の物語となっており、レイトン教授と助手のルークの出会いが描かれています。
そのため、本作のコンセプトは「ナゾトキ×出会い」がメインとなっています。
魔人の笛には俳優の渡部篤郎氏や女優の相武紗季氏を起用しており、魔人が街を破壊しているという旧友の手紙を受け、ルークの住む町へ向かうという内容になっています。

本作はゲームクリア後にレイトン教授のロンドンライフというRPGが用意されており、なんと100時間遊ぶことが出来るという優れものです。歴代シリーズに登場したキャラクターも大勢出演しているので、本編をクリアしたら是非1度プレイしてみてはいかがでしょうか。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

 

レイトンシリーズはCAPCOMとコラボレーションし、天堂3DS専用ソフト「レイトン教授VS逆転裁判」やスマートフォンアプリ「MYSTERY ROOM」を配信中です。
また、2015年の夏頃には人狼ゲームを基に開発されたテーブルトーク推理ゲーム「レイトン7」を配信予定です。

 

レイトン教授シリーズは第2期で製作終了となっていますが、レイトン教授の息子や新たなゲーム展開で今後も私たちの脳トレに貢献してくれることでしょう。
現在ゲームは認知症やアルツハイマー病の予防になるという研究結果が発表されています。今後のレベルファイブのゲーム展開に乞うご期待ですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y05m30d_200516337
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665
  2. 2016y01m26d_001557989
  3. 2016y01m26d_001404699

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y01m31d_000735793
  2. 2016y01m30d_231906329
  3. 2016y01m30d_145927302
  4. 2016y01m30d_212953437
  5. 2016y01m30d_143254701

オススメ作品

  1. 2016y07m13d_063037751
  2. 2016y07m13d_065039783
  3. 2016y07m13d_140419095
  4. 2016y07m13d_232800057
  5. 2016y07m13d_230230076

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー