蒼の彼方のフォーリズムのゲーム・アニメ評価や続編ZWEIとアフター

maxresdefault

『蒼の彼方のフォーリズム』は2014年11月28日にspriteより発売されたPCゲームです。

現在はPS4/PSVitaへの移植やアニメ化に加え、続編であるZWEI(ツヴァイ)の発表やアフターストーリーのEXTRAの発売が決まっています。

そこで今回は、『蒼の彼方のフォーリズム』のゲーム・アニメの評価や感想に加え、ZWEI(ツヴァイ)とEXTRAなどの“あおかな”の作品についてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

蒼の彼方のフォーリズム OPムービー

発売タイトル
・蒼の彼方のフォーリズム
2014年11月28日(PCゲーム)、2016年2月25日(PSVita)、2017年1月26日(PS4)
・蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
2017年6月30日
・蒼の彼方のフォーリズム EXTRA2
2017年内に発売予定
・蒼の彼方のフォーリズム-ZWEI-

移植やTVアニメ化記念特装版なども含めると多くのパッケージが発売されていますが、基本的に現段階では上記の4つに分類されます。
まだシリーズ作品として多くのタイトルが発売されているわけではないので初見の方でもプレイしやすい作品ですね。

 

蒼の彼方のフォーリズム EXTRA(アフターストーリー)

PCゲームとして発売予定のEXTRAは、電撃G’sマガジン誌で行われたヒロイン総選挙で上位にランクインしたキャラクターのアフターストーリーとなります。
そして発売が予定されているのは1位の鳶沢みさきと2位の有坂真白です。

明日香がメインヒロインのようなものなので、個人的には明日香のアフターが気になりますが、現段階で発売予定なのは真白とみさきのみで他は予定されていないようですね。

 

蒼の彼方のフォーリズム-ZWEI-

aokana_zwei

元々アフターストーリーのEXTRAよりも前に発表されていたのがZWEI(ツヴァイ)ですが、制作側の事情で制作に入るまでに時間が空いてしまいEXTRAの制作が決まっています。

ZWEIは発売日が未定で詳細な情報も発表されていませんが、
・乾沙希をヒロインとしたルート1つ
・他のもう一人分のルートが1つ

乾沙希は敵キャラクターだったものの個人的にも大好きなキャラだったのでメインに昇格するのは嬉しいですね。
-ZWEI-では久奈浜学院に転校してくる、とのことなのでIFの物語になるのかもしれません。

 

蒼の彼方のフォーリズム アニメ・ゲームの評価は?

アニメは全12話と短く、ストーリー内容は恋愛要素を省いてスポーツ要素が強くなっているため賛否両論があります。
特に原作のゲームを未プレイの人はあまり楽しめない内容なので低評価が目立ちますね。

ただし、原作は非常に素晴らしい出来で、ストーリー・CG・演出・BGMのどれをとっても高レベルだと思っています。
メインヒロインのルートよりも共通ルートが面白く熱くなれるので、知らない人には是非プレイしてもらいたい作品ですね。

PCゲームの方は18禁の描写がありますが、PS4/PSVitaにはイベントシーンが追加されているのでどちらからでも入りやすいかと思います。

体験版で共通ルートの序盤をプレイすることも出来るので気軽に入れるのもポイントです。
なので、アニメを見て面白くないと判断してもとりあえずはゲームをプレイしてほしいと思います。

個人的な感想ですが、メインヒロインのルートで熱くなれる順番は共通ルート第6話>倉科明日香>鳶沢みさき>有坂真白>市ノ瀬莉佳です。

悪い点を挙げるとすれば、あおかな自体は大好きな作品なのですが、移植のペースが早かったりタペストリーなどのグッズを大量に販売しているのが少し気になりますね。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

以上、『蒼の彼方のフォーリズム』のアニメ・ゲームの評価や続編などについてのまとめでした。

スポンサーリンク

コメントを残す