ソードアートオンラインのゲームやアニメに小説などの作品まとめ

今回は人気ライトノベル『ソードアートオンライン』について

『ソードアートオンライン』は、川原礫によるライトノベルでアニメ化やゲーム化もされている大人気作品です。
ゲーム作品は複数存在していて、アニメも2017年に劇場版など様々なジャンルで展開されています。

そこで今回は、『ソードアートオンライン』のゲームやアニメ、小説、漫画などをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

ソードアートオンライン 小説

2017y07m07d_014313674

原作であるライトノベルは、現在19巻+4巻発売されています。
・1巻、2巻(アインクラッド編)
・3巻、4巻(フェアリィ・ダンス)
・5巻、6巻(ファントム・バレット編)
・7巻(マザーズ・ロザリオ編)
・8巻(外伝集) 
・9巻~14巻(アリシゼーション編)
・15巻~(アリシゼーションの新章)
という感じになっていて、章毎にゲームが変わっていく感じです。
登場人物も主人公のキリト以外の主要人物は、だいたい変わります。

個人的には、マザーズ・ロザリオが一番面白かったです。

そして+4巻の4冊は、『ソードアート・オンライン プログレッシブ』というタイトルで、アインクラッド編を細かく描いた内容になっています。
ただ作者も認めているのですが、矛盾などが結構あったり、キャラの性格がちょっと違ったりしているので、その辺を受け入れられる方以外は、注意が必要です。

 

ソードアートオンライン アニメ

2017y07m07d_011853724

『ソードアート・オンライン』のアニメは第1期が2012年に放送されました。
全25話
1話~14話までが原作のアインクラッド編
15話~25話までが原作のフェアリィ・ダンス編となっています。
それ+「Extra Edition」という総集編+水着回もあります。

そして第二期の『ソードアート・オンラインII』は全24話
1話~14話までが原作のファントム・バレット編
15話~17話までが原作8巻に収録されていたキャリバー編
18話からは原作のマザーズ・ロザリオ編となります。

原作8巻までアニメ化しているということになるので、3期をやるとしたら「アリシゼーション」になるわけですが、流石に長すぎなのでやらない可能性の方が高いと思います。

2017年には劇場版『ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』が公開されました。

2017y07m07d_012313376

この作品は時系列的にはマザーズ・ロザリオ編とアリシゼーション編の間に位置する作品です。
原作には存在しない内容ですが、ストーリーは原作者の川原礫さんが担当しています。

スポンサーリンク

ソードアートオンライン ゲーム

2017y07m07d_013235008

『ソードアートオンライン』のゲーム作品は現段階では以下の4つがあります。
・ソードアート・オンライン -インフィニティ・モーメント-
・ソードアート・オンライン ―ホロウ・フラグメント― –
・ソードアート・オンライン ―ロスト・ソング― –
・ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション –
※『アクセル・ワールド VS ソードアート・オンライン 千年の黄昏』は省きます。

『ホロウ・フラグメント』は『インフィニティ・モーメント』の完全版のようなもので、インフィニットに追加要素を加えたソフトなので種類で言えば3つ

ゲーム作品は共通してゲームオリジナルキャラクターが登場していて、全ての作品に前作のオリジナルキャラクターが登場しています。
ストーリー内容でも前作について少し触れている場面があったりするので、出来れば最初からプレイするのがおすすめです。

プレイする場合は純粋にホロウ・フラグメント⇒ロスト・ソング⇒ホロウ・リアリゼーションとプレイすれば問題ありません。
私は全てプレイしましたが、ホロウ・リアリゼーションでシステムが大幅に進化したのでとても楽しめました。

ゲームに登場するオリジナルキャラクターは魅力的なキャラばかりというのもポイントが高いです。

ゲームの購入を考えている場合で注意しておきたいのが、『ロスト・ソング』はPS4版が発売されていて『ホロウ・フラグメント』のダウンロードコードが付属しています。
『ソードアート・オンライン ゲームディレクターズエディション』というソフトで、これを購入すればPS4で2作品がプレイ可能です。

なので、PS4を持っていて今からプレイする場合はゲームディレクターズエディション⇒ホロウ・リアリゼーションという流れが理想的だと思います。

 

ソードアートオンライン 漫画

『ソードアートオンライン』は、漫画作品も結構出ています。
ソードアート・オンライン アインクラッド 作画 中村貯)
ソードアート・オンライン フェアリィ・ダンス 作画 葉月翼
ソードアート・オンライン ファントム・バレット 作画 山田孝太郎
ソードアート・オンライン キャリバー 作画 木谷椎
ソードアート・オンライン マザーズ・ロザリオ 作画 葉月翼
ソードアート・オンライン ガールズ・オプス 作画 猫猫猫
ソードアート・オンライン プログレッシブ 作画 比村奇石
そーどあーと☆おんらいん。 作画 南十字星

数は結構ありますが、良コミカライズは少ないです。
この中でオススメは
「ソードアート・オンライン ファントム・バレット」
「ソードアート・オンライン プログレッシブ」
「そーどあーと☆おんらいん。」
です。
「そーどあーと☆おんらいん。」はギャグ要素の高い作品で、世界観が壊れるのが嫌だという方にはオススメできないです。

ただ、やはり個人的には漫画は飛ばしてアニメ⇒小説or小説⇒アニメという感じで作品に入ってからゲーム作品をプレイするのが良いと思います。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

以上、『ソードアートオンライン』の作品紹介でした。
個人的に一番好きなキャラはユウキなので、「マザーズ・ロザリオ」がアニメ化されたのはかなり嬉しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す