零シリーズ新作の濡鴉ノ巫女発売直前!シリーズおすすめや時系列、評価など

ホラーゲームの有名作「零」の最新作がwiiUで発売されることが決定しました。

そこで今までの零作品を簡単にまとめてみようと思います。
零やホラーゲームに興味がある方は購入の際の参考に見ていってください。

零はコーエーテクモゲームス発売のホラーゲームであり、零シリーズとして現在6作発売されており、次の最新作は7作目になります。

零の特徴は射影機というカメラでの戦闘システムと、和風のホラー要素です。

ちなみに海外版として移植もされており、FATALFRAMEとして発売されています。

零シリーズは4作目から任天堂から発売されていて、前3作はプレステ2での発売となっています。

個人的にはプレステでの発売を期待していましたが、次作も任天堂なので、これからは任天堂での発売が基本となると思います。

スポンサーリンク

零シリーズのこれまでの作品

・零 zero
・零 紅い蝶
・零 -刺青ノ聲-
・零 月蝕の仮面
・零 眞紅の蝶
・心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜

以上が、現在発売されている作品です。

一番有名なのは紅い蝶ですね。
この作品は名前だけでも聞いたことがある人は多いと思います。

 

眞紅の蝶大幅リメイク

《眞紅の蝶》は、《紅い蝶》の大幅リメイクです。

紅い蝶(PS2版)では3つだったエンディングに、xbox版で追加されたエンディング1つを加え、
さらに2つの新エンディングを加えた6つ
のがあります。

グラフィックやカメラの使いやすさも向上されていて、
個人的にはとても良いリメイク作品だと思いました。

なので、wiiがある方は眞紅の蝶を買うことをオススメします。

 

時系列や関連性は?

これだけ出ていると今から始めようと思う方は、どれからやればいいか困る人もいると思います。
そこで、それぞれの関連性を書いていきました。

基本的にはどの作品から始めてもあまり問題はないですが、きっぱり完結しているわけではありません。

まず時系列的には、出た順番で大丈夫です。

登場人物の関連性は《零zero》の主人公と、《零紅い蝶》の主人公は刺青の聲で登場するため、刺青の聲をやる前に、zeroと紅い蝶をやったほうが良い。

刺青の聲は歴代キャラクターが登場する内容として発売前に騒がれていたこともあったので、これは知っておいたほうがいいです。

しかしzeroはできればやっていたほうが良いという程度ですね。

というのも、zeroは初作品ということもありシステムにやや難があります。
なので、人によっては積んでしまう可能性があるからです。

次の月蝕の仮面の登場人物は、ほぼ前3作の登場人物との関連性はないため
これ単体から始めることは何の問題もないです。

ですが、書物などで前作との関連などはあるようです。

紫の日記は主人公がプレイヤー自身で他作品との関連性はほぼなく、射影機のシステムだけの作品であるため、あまりやる必要もないと思われます。

零シリーズは基本的にマルチエンディングですが、zero、紅い蝶の2作は完全に異なるエンディングがいくつか用意されているのに対して、刺青聲と月蝕の仮面はあるい条件を満たすことにより、人物の顛末が変わり、エンディングに静止画が加わるといったささやかな違いだけになっています。

そして零シリーズではコスチューム変更機能もあり、少なくない数のコスチュームが用意されているのも魅力的です。

スポンサーリンク

零 PV

やはり零といったらこの2作品でしょう!ということで参考にPVも貼っておきます。

零~紅い蝶~

零~刺青の聲~

 

各タイトルのあらすじ

それぞれの簡単なあらすじを書いていきます。

零~zero~

兄である真冬が氷室邸で行方不明になってしまい、その兄を探すために単身氷室邸へとむかう深紅の話。

零~紅い蝶~

双子の姉妹が主人公であり、昔住んでいた故郷がダムで沈んでしまうために、最後に見ておこうと故郷に近い渓谷に訪れる。そこで妹の澪が目を離したすきに繭がいなくなってしまう。繭を追いかけ森の中へ入っていき、行き着いた場所は地図から消えた村皆神村だった。

零~刺青の聲~

写真家である黒澤冷はある日幽霊屋敷で2ヶ月前に死んでしまった麻生優雨の姿を見る。その日から冷は悪夢を見るようになり、悪夢の中で優雨の姿を追っていく。

零~月蝕の仮面~

神隠しに遭った5人の少女。神隠しから10年後神隠しに遭った少女の内2人が死んでしまう。泣き叫ぶような無残な姿の死。残された流歌、海咲、円香の3人は死の謎を解くためにかつて神隠しの遭った島、朧月島へ向かう。

零~紫の日記~

都市伝説紫の日記。日記に書かれている「あるはずのない文字」を見てしまうと顔を削がれ死んでしまうという。紫の日記に囚われた少女「眞夜」とともに主人公は紫の日記の秘密を解き明かそうとする。

 

零 射影機

零シリーズは射影機を使って霊と戦うことになります。

射影機は道具やポイントを使って強化することが可能です。使用するフィルムにも強さがあり、一番強い零式フィルムは、一撃でかなりのダメージを与えることが可能です。

カメラを構えキャプチャーサークルに霊を捉えて撮影するだけと簡単ですが、一定時間霊を捉え続けて霊力ゲージを貯めることによってできるシャッターチャンスやシャッターチャンスを超えるダメージを与えられるフェイタルフレームというものもあります。

フェイタルフレームは霊を恐れずギリギリまで引きつけることにより使うことが可能となっていますね

カメラの戦闘は慣れるまで大変かもしれませんが、慣れてきてフェイタルフレームなどを簡単に出せるようになると楽しくなることは間違いないでしょう。

ストーリーもどの作品もよく作られていてとても面白いため、プレイしたことのない方は是非やってみてほしいですね。

個人的な一番のオススメは、眞紅の蝶です。次いで刺青の聲、月蝕の仮面といった感じです。

ただしどれもハッピーエンドとはいかないのでハッピーエンド以外受け付けない方は注意しましょう。

最新作 零~濡鴉ノ巫女の記事も投稿しているので興味のある方はご覧下さい。

 

スポンサーリンク

コメントを残す