今回は『バイオハザード レジスタンス』のおすすめサバイバーについて

サバイバーは早い者勝ちで6名のキャラクターから選択する事になります。
キャラによってスキル性能が大きく異なるため、マスターマインド毎に厄介なサバイバーも結構違ってくる印象です。

そこで今回は、『バイオハザード レジスタンス』の個人的におすすめの組み合わせや最強キャラについてまとめていきます。

おすすめサバイバー

まず私はマスターマインドでプレイする方が多いのですが、マスターマインドでプレイしているからこそ人気のあるサバイバーや強いサバイバーも分かってきました。

個人的に強力(チームに必要)だと思うサバイバーは、
1,ジャニアリー、ヴァレリー、タイローン
2,サミュエル、ベッカ、マーティン
といった感じです。

ジャニアリー


まず断トツで人気&最強候補が監視カメラへのハッキングやダメージが高いジャニアリーです。
実際にマスターマインドでプレイしている時も一番厄介なのがジャニアリーだと思います。

ほとんどのエリアは監視カメラが部屋に一つしかないため、キーアイテムや警備装置のある部屋の監視カメラは1つが破壊されると一定時間何もできなくなってしまいます。
上手いジャニアリーだと事前に監視カメラを壊したりもするので非常に厄介です。

フィーバースキルでもマスターマインドのカードコスト増加or監視カメラを動かせなくなるといったようにマスターマインドを妨害するスキルが多く存在するため、ジャニアリーが1人いるかいないかでマスターマインドのやりやすさも大きく変わってきます。


と言ってもジャニアリー自体が人気なのでジャニアリー不在という事の方が少ないですね。

ヴァレリー

ヴァレリーは探知や回復に特化したサバイバーです。

重要なオブジェクト&脅威を強調表示する「生存本能」はトラップ発見やマスターマインドが守りたい部屋への突入時に非常に便利ですし、フィーバースキルのスプレーヒーリングはダウンした仲間も即蘇生されるのでマスターマインド側からしても厄介なサバイバーとなっています。

チームにヴァレリーがいるとチーム全体の生存率が格段に上がるのでヴァレリーもジャニアリーに次いで必須のキャラクターだと思います。

スポンサーリンク

アタッカー


次にアタッカー系のタイローン(タンク)、サミュエル、ベッカ

タイローンとサミュエルは近接戦闘向きでベッカは射撃特化のアタッカーキャラクターとなっています。

本作では集団やスレイブ化しているクリーチャーには近接武器が非常に優秀なため、タイローンorサミュエルのどちらかはチームにいた方が戦闘時に便利です。

特にタイローンのR1の蹴りはスレイブ化しているクリーチャーも簡単に吹っ飛ばせるので非常に強力で、ロックドアを破る際も蹴りなのでドア前に待ち伏せしているゾンビの攻撃を受けにくいという点からもどちらかと言えばタイローンの方が良い気がします。


ベッカは射撃タイプなのでタイローン&サミュエルよりもある程度プレイヤーのテクニックが求められます。

また、フィーバースキルでは一時的に弾薬が無限になるので強力な武器を入手している場合であれば第3エリアのバイオコアもすぐに破壊可能です。

マーティン


マーティンはトラップ解除に特化したサポートタイプですが、パーソナルスキルでは即席地雷、フィーバースキルではフラッシュバンを使用できるため、何気に戦闘時でも活躍するサバイバーとなっています。

マスターマインド側がアレックス使用時だと非常に厄介なマーティンですが、フィーバースキルは閃光手榴弾で補えるという事もあり、チームに必ずいた方が良いというほどではないと思います。

関連記事はコチラ
サバイバーのゲームの流れ
サバイバーの初心者が覚えておきたいコツ

バイオハザード レジスタンス 攻略メニュー

以上、『バイオハザード レジスタンス』のおすすめサバイバーについてでした。