Caligula-カリギュラ-攻略!キャラクターエピソードの選択肢

2016年6月23日に発売されたPSvita用ソフト「Caligula-カリギュラ-」
500人以上のNPCを仲間に出来るRPGとして話題になっているRPGです。

帰宅部の仲間やμにはそれぞれのエピソードがあり、ストーリー進行状況と仲間との親密度によりキャラクターエピソードを進める事が出来ます。

そこで今回は、PSvita用ソフト「Caligula-カリギュラ-」のキャラクターエピソードの選択肢について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

Caligula-カリギュラ-攻略 キャラクターエピソード

キャラクターエピソードを進めるには仲間との親密度を友達にする必要があります。

ストーリーのカギPを倒した時点から最初のキャラクターエピソードを進められるようになり、各エントランスにてキャラクターに話しかけると進行

最初に表示されているキャラクターエピソードを全て達成する事で、追加のエピソードが表示されます。

エピソードが追加されるタイミングは、
・佐竹笙悟-エピソード6
・柏葉琴乃-エピソード6
・巴鼓太郎-エピソード7
・響鍵介-エピソード6
・篠原美笛-エピソード6
・神楽鈴奈-エピソード6
・守田鳴子-エピソード7
・峯沢維弦-エピソード7
これらのエピソードで「心の奥に踏み込みますか・・・?」という選択肢が出現

心の奥に踏み込んで、その後に正しい選択肢を選ぶ事で全員エピソード9まで追加されます。

「踏み込まない」を選択するか、その後の選択肢で間違った選択をすると絆が破綻。
親密度が下がるわけではないですが、キャラクターエピソードが進行不能になります。

これらのエピソードを進める前にセーブしておけば問題はないですが、そのままでも高校の中にある部室に行きアリアに話しかける事で修復が可能

※修復するにはスキルポイントが50必要になります。

スキルポイントを50も消費するのは厳しいのでセーブを忘れないようにしましょう。

 

Caligula-カリギュラ-攻略 μのキャラクターエピソード

帰宅部のキャラクターエピソードの他にμにもエピソードが存在します。

μのエピソードはエントランスではなく様々な場所に存在していて、順番にクリアしていく必要があるので見過ごさないように注意しましょう

ストーリーの進行状況で消える事はなく、全クリ後でも回収は出来ます。

μ-エピソード1
吉志舞高校 本校舎1階

μ-エピソード2
パピコ 1階雑貨エリア

μ-エピソード3
市立図書館 閉架書庫東ロビー

μ-エピソード4
シーパライソ アクアリウム 深層の海

μ-エピソード5
パピコ 2階ディナーフロア

μ-エピソード6
ランドマークタワー 上層フロア65F

μ-エピソード7
グランギニョール 慟哭の回廊 北回廊

スポンサーリンク

Caligula-カリギュラ-攻略 心の奥に踏み込む時の選択肢

帰宅部の心の奥に踏み込んだ時の正しい選択肢を書いておきます。
その他のエピソードで選んだ選択肢は関係ないはずです。

佐竹笙悟-エピソード6
「ついていくよ」
「今のは可哀想」
「笙悟のせいじゃない」

柏葉琴乃-エピソード6
「放っておくのは危険だ」
「悪いと思うなら償え」
「お母さんの知り合いって線は?」

巴鼓太郎-エピソード7
「言いたくないなら無理にはきかない」
「鼓太郎のお父さんなら、どうしただろう」
「泣いていいぞ」

響鍵介-エピソード6
「逃げ続けてもつらいだけだ」
「かっこわるくなんて無い!!」

篠原美笛-エピソード6
「内面の伴わない見た目に、なんの意味がある」
「美笛ちゃんは強いよ」

神楽鈴奈-エピソード6
「残念だったね」
「みんなって誰?」
「鈴奈といると楽しいよ?」

守田鳴子-エピソード7
「小説の続き読みたかったのに・・・・・・」
「俺はμの作ったコピーじゃないぞ」
「書いて欲しい」

峯沢維弦-エピソード6
「仲間だから」
「大事な勲章だな」

Caligula-カリギュラ- 攻略メニュー

以上、「Caligula-カリギュラ-」のキャラクターエピソードについてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す