グラビティデイズ2のクリア後評価や感想にクリア後の要素など

今回は『グラビティデイズ2』の感想などについて書いていこうと思います。

『グラビティデイズ2』は、2012年に発売された『グラビティデイズ』の続編となる作品です。

そこで今回は、『グラビティデイズ2』のクリア後の感想やクリア後にできることなどについてまとめていきます。

スポンサーリンク

グラビティデイズ2 クリア後要素

エピソード27をクリアすると全クリとなります。
エンディング後にクリアデータを保存し、エンディングを迎えた時の強さを引き継いでエピソード21「世界の果てに」に挑戦する前から始めることができます。

EP21「世界を果てに」からEP27「黒猫」までは連続ミッションなので、ラストの自由行動時からということになりますね。

バンガからヘキサヴィルまでの全てのエリアに移動することも可能なので、やり残したサイドミッションなどは全て挑戦することが可能です。

 

グラビティデイズ2 感想

まず前作との繋がりですが、前作では伏線が多く残されたままエンディングを迎えた事もあり、今作では前作未プレイの方は楽しめない可能性が高いですね。
2から入る方は少ないと思いますが、PS4でも発売しているので理由がなければ『グラビティデイズ』からプレイしましょう。

前作の本編ボリュームは10時間程度の少ないものでしたが、今作は20時間程度はあったんじゃないかと思います。
見た感じだとサイドミッションも結構あるので、ボリュームに関しては不満はありませんでした。

アクション面も自身を軽くするルーナチューン、逆に自身を重くするユピトールチューンというフォルムチェンジできる機能も追加され、前作よりも大幅に進化しています。
元々360度動き回れる独特なアクションが特徴的なゲームだったので、新鮮なアクションゲームをプレイしたいという方にもオススメですね。

気になるストーリーですが、こちらも前作の謎であったエイリアスの正体やキトゥンの過去などが明らかになり、前作でモヤモヤしていた方もある程度満足の出来る内容だったと思います。
それとラストの展開が『うたわれるもの』1作目のオチに似ていたように感じました。(プレイしたのがかなり前なのでうろ覚えですが…)

ということで個人的にも満足な内容だったのですが、一つだけ不満というほどでもないのですが、マップによって視点が悪すぎる場面がいくつかあったのが気になりました。
まあ慣れればなんてことはないのですが、酔いやすい方は注意が必要かもしれません。

グラビティデイズ2 攻略メニュー

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

以上で『グラビティデイズ2』の感想やクリア後要素についてを終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す