嘘つき姫と盲目王子の発売日や機種は?システムや限定版特典など

今回は『嘘つき姫と盲目王子』の発売前情報について

『嘘つき姫と盲目王子』は日本一ソフトウェアより発売予定のアクションアドベンチャーゲームです。
雰囲気やシステムが『ロゼと黄昏の古城』や『夜廻』に似ていますね。

ということで今回は、『嘘つき姫と盲目王子』の発売日や対応機種、ゲームシステムや限定版特典などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

嘘つき姫と盲目王子の発売日や対応機種

『嘘つき姫と盲目王子』の発売日は2018年5月31日
対応機種はPS4/PSVita/Nintendo Switch

パズル要素を含むステージクリア型のアクションゲームということで、『夜廻』よりは『ロゼと黄昏の古城』寄りのゲームになると思います。

 

嘘つき姫と盲目王子のゲームシステム

2018y03m06d_002927495

今作のストーリーあらすじを簡単に書くと、

狼の化け物は美しい歌声を持っていて、月夜の晩には小高い岩の上で誇らしげに歌声を響かせていた
そんなある晩、狼の歌を聴いた王子が毎晩歌を聴きに来るようになった。
ある晩、歌声の持ち主を見ようと王子が岩を登ってきたため、狼は姿を見られないように手を伸ばして顔を覆い隠そうとしたところ、王子の目を切り裂いてしまう
盲目になった王子は王族に忌み嫌われ、お城の塔に幽閉されてしまう
そのことを知った狼は塔に忍び込み、幽閉されている王子に自分は隣国の姫だと嘘をつき、森の魔女に目を治してもらおうと言う
その後、代償を払うことで願い事を何でも聞いてくれる森の魔女に歌声と引き換えに人間に変身できる魔法を貰い、王子を塔から連れ出す

あらすじが長いため省略していますが、簡単に書くとこんな感じだと思います。

ゲームの流れは、主人公の“姫(狼)”が人間と狼の姿を使い分けて“王子”をゴールまで連れて行くというもの
人間の姿では狼の姿では通れない狭い道を通ったり、狼の姿では森の化け物を倒したり高所に登ったり出来るようです。

そして、今作では謎解き要素が苦手な方への救済措置としてステージスキップ機能が備わっているとのこと
ステージをスキップすることで謎解きを省略してストーリーのみを楽しむことが出来るようです。

スキップしても一度クリアしたステージは何度でも再挑戦が可能で、サイドストーリー解放のためのアイテム収集などは自分のペースで挑戦出来るみたいですね。

スポンサーリンク

嘘つき姫と盲目王子の限定版特典

special_n1shop

今作は通常版/DL版の他に『Nippon.jpショップ限定版』が発売されます。

Nippon.jpショップ限定版特典
・『嘘つき姫と盲目王子』ゲームソフト
・描き下ろしキャンバスアート(サイズ:W275mm×H220mm×D19mm)

限定版価格
PS4 9,980円
PSVita 8,980円
Nintendo Switch 9,980円

キャラクターデザインを担当している小田沙耶佳さん描き下ろしのキャンバスアートが付属する通販限定版となるようです。
再販が困難なアイテムとのことなので気になる方はチェックしておくと良いでしょう。

『ロゼと黄昏の古城』や『夜廻』は雰囲気が好きで割と楽しめたゲームなので、今作も何気に期待しています。

Amazonリンクはコチラ
楽天リンクはコチラ

以上、『嘘つき姫と盲目王子』の発売前情報についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す