カオスチャイルド らぶchuchuの感想や評価 本編の後日談?

今回は『CHAOS;CHILD らぶchu chu!!』の感想について書いていこうと思います。

本作は妄想科学ADVシリーズ『CHAOS;CHILD』のFDとして2017年3月30日に発売されたアドベンチャーゲームです。
私も好きなシリーズなので、発売日に購入して本日全クリしました。

そこで今回は、『CHAOS;CHILD らぶchu chu!!』の感想や評価についてまとめていきます。
ネタバレは極力伏せて書いていきます。(後半に少しネタバレ含めた感想有り)

スポンサーリンク

カオスチャイルド らぶchu chu!! 感想

まず本作は無印『カオスチャイルド』の後日談です。
FDなのでIF的な感じだと思っていたのですが、始まりから本編後の話から始まり、各ルートを通して本筋の物語が進行していく形となっていますね。

それぞれルートが
・来栖乃々
・有村雛絵
・香月華
・結衣・結人
・尾上世莉架
の5つ
うきルートは残念ながらありませんでした。
澪は本筋ルートはありませんが、トゥルーへ向けた本筋のルートで活躍します。

タイトル通りに各ルートは恋愛要素&ギャグ要素が多めの明るい内容となっています。
かなり際どいセリフやCGが多いので、ヒロインとのイチャイチャなどを求めている方は満足できる出来でしょう。
結衣のルートがあるのも良かったですね。

プレイ時間はトロコンしても20時間いかない程度なので、一般的なFDという感じ。

全体的にFDとしては十分面白かった内容なのですが、オチが個人的に微妙でした。
ここから先は本編のネタバレ含めての感想となるので未プレイの方は注意

スポンサーリンク

2017y04m04d_162611854

本作は最初に澪視点から始まり、世界の因果律を変えることのできるギガロマニアックスの登場から宮代視点の物語がスタートします。
どこを変えたかというと無印本編『カオスチャイルド』で宮代が世莉架に願ったセリフですね。
(セリフ自体は大きいネタバレなので伏せておきます。)

そして平和な世界になった時間軸で宮代がヒロインとの生活を再スタートするというな流れで本編が始まります。
無理な繋げ方でもなく、後日談としては良い感じの始まりだと思ったのですが、本編最初に澪が言った通り、この物語は蛇足として語られる内容となるのですね。

いわゆるラスト、全てのルートをプレイした後のエピローグでは現実と向き合い、本編の最後に戻るようなオチとなります。
ヒロインとの幸せな未来の可能性を残さない切ないオチなので、もう少し明るい未来を残すような終わり方だと個人的には嬉しかったですね。
まあそれはそれで無印本編の内容を否定するような仕上がりになってしまうかもしれませんが…

と言っても『カオスチャイルド』はこういうシリアスな展開こそが醍醐味でもあるので、個人的には非常に満足の内容でした。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

カオスチャイルドらぶchu chu攻略 各ルート分岐とエンディング
カオスチャイルドらぶchu chu!! トロフィー一覧

以上で『カオスチャイルド らぶchu chu!!』の感想についてを終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す