オーバーウォッチ攻略!ジャンクラットの立ち回りや使い方のコツ

今回は「オーバーウォッチ」のジャンクラットの使い方について書いていこうと思います。

ジャンクラットはグレネード弾で障害物を挟んだ安全地帯からの攻撃やアルティメット・アビリティの爆発するタイヤが強力なディフェンス型のヒーローです。

そこで今回は、「オーバーウォッチ」のジャンクラットのアビリティや使い方のコツなどについてまとめていきます。

スポンサーリンク

オーバーウォッチ ジャンクラットの武器やアビリティ

・武器
R2 フラグ・ランチャー
バウンドするグレネード弾を発射

・アルティメット・アビリティ
△ RIPタイヤ
爆発するタイヤを操作し、起爆する

・アビリティ
R1 スティール・トラップ(クールダウン10秒)
敵の動きを止める罠を設置する

L1 コンカマッション・マイン(クールダウン8秒)
L1で地雷を投げ、L2で起爆可能。ノックバック効果あり

・パッシブ
トータル・メイヘム
死亡時に爆弾をばらまく

ジャンクラットのフラグ・ランチャーは直接命中させるのは難しいですが、壁で跳ね返るので死角から攻撃する事や、障害物を挟んで曲線を描くように撃つ事が可能です。

空中にいる敵に命中させるのはとても難しいので、高台からの攻撃や後方から敵がまとまっている場所に向けて撃ち込んでいくのが基本的なスタイルとなるでしょう。

死んだ時に爆弾をバラまくパッシブ・アビリティの威力がショボイのが残念です。

スポンサーリンク

オーバーウォッチ ジャンクラットの立ち回りと使い方のコツ

ジャンクラットは直接命中させると威力が高いですが、敵に狙われている状態で当てるのは難しく、HPも低いので接近戦だと簡単に倒されてしまいます。

無理して攻める必要はなく拠点の中に通じる窓や入口に向けて撃ったり、仲間の後方からの支援という形で攻撃していくのが良いでしょう。

爆風でダメージを与えられるので、様々な場所に撃ち込むとHPの低くなっているプレイヤーを倒せる事が多いです。

慣れるまで使い所が難しいのがトラップ型のアビリティ

敵の動きを止めるスティール・トラップは回復アイテムの地点や建物の入口、地雷のコンカマッション・マインはそのトラップに引っかかった敵などに使用するのが良いです。

動画内にありますが、コンカマッション・マインは自分にダメージはなく爆風で飛び上がる事が出来るので、慣れれば高台への移動が簡単になります。

下からの攻撃よりも上からの攻撃に強いので、慣れてきたら地雷の爆風で上手く良い地点を陣取り、敵のいる場所にグレネードを撃ち込んでいきましょう。

ジャンクラットの一番の長所が強力なアルティメット・アビリティ

RIPタイヤは右スティックで進行方向を決めて、×ボタンでジャンプしR2・L2ボタンで起爆する事が出来ます。

持続時間が10秒と長いので長距離からの攻撃も可能ですね。
壁にぶつかっても爆発する事はないので使い勝手が良いです。

ただ、敵プレイヤーに攻撃されると簡単に壊されてしまうので死角からの攻撃を狙いましょう。

それから、タイヤを操作している時はジャンクラット自身が攻撃されてしまう可能性があるので、敵から隠れた場所で使用することも忘れずに!

オーバーウォッチ(Overwatch) 攻略メニュー

以上、「オーバーウォッチ」のジャンクラットの使い方についてを終わりたいと思います。

スポンサーリンク


2 Responses to “オーバーウォッチ攻略!ジャンクラットの立ち回りや使い方のコツ”

  1. 匿名 より:

    RIPタイヤは、

    壁に向かってジャンプボタン長押しで張り付いて

    壁を登ることもできるぞ!

  2. 匿名 より:

    パッシブの威力はなかなかだと思いますよ。倒された後、通ったのがオフェンス型なら完全に死にます。ただ、全弾当たってくれるか否かで威力が変わるのでそこら辺は運頼みかも…最近は「ジャンクラット倒したら近づかない」が常識になってるので、混戦時に特攻して死んでも周りも巻き込んで倒していくみたいな事してます。

コメントを残す

サブコンテンツ