世界樹と不思議のダンジョン2攻略 最終的おすすめパーティとスキル

今回は『世界樹と不思議のダンジョン2』の最終的おすすめパーティ編成について

前回は序盤におすすめの職業とスキルについて簡単に紹介しましたが、本編を全クリした段階である程度固定メンバーが決まってきました。

そこで今回は、『世界樹と不思議のダンジョン2』の個人的におすすめのパーティ編成とスキルについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

セカダン2攻略 最終的おすすめパーティ(職業)とスキル

この記事で紹介するのは管理人が使用しているパーティ編成なので参考までに見てください。

前回書いた記事では以下の職業を紹介しました。
1. フーライorシノビ(攻撃&盾)
2. パイレーツorケンカク(攻撃特化)
3. メディックorモンク(回復)
4. ルーンマスター(遠距離攻撃)

私は最終的に上記の職業の中のシノビ、ケンカク、メディック、ルーンマスターの4名をメインに使用しています。
攻撃特化、攻撃役、回復役、遠距離攻撃役の4名ですね。

 

シノビのおすすめスキル

・忍法マスタリ
回避と忍法の状態異常付与の確率を上げる
・忍法 含針
含針を飛ばし攻撃をし、数ターンの間睡眠状態にする
・鷹乃羽
数マス先まで移動しながら斬撃で攻撃をする
・多元抜刀
部屋全体にランダム回数で斬撃を繰り出す

シノビはメインで操作しているリーダーです。
サブクラスに【メディック】を習得して「リザレクト」「TPブースト」を習得しています。
特に「忍法 含針」が便利で多用するため「TPブースト」はマスターするのがおすすめです。
※「リザレクト」はメディックが戦闘不能になった時の保険なのでレベル1

ターン経過で消滅する宝箱用に「鷹乃羽」、ボス戦で大ダメージを与えるための「多元抜刀」、探索中に敵を睡眠状態にする「忍法 含針」
これらは非常にバランス良く便利なスキルなので、シノビは必ずメンバーに入れています。

 

ケンカクのおすすめスキル

・二刀マスタリ
二刀流が可能になり、二刀時の攻撃力が増加する
・奥義 八双飛び
部屋全体を縦横無尽に跳ね回り複数の斬攻撃を繰り出す

サブクラス【ダンサー】
・困惑の舞
通常攻撃時、一定確率で混乱を付与する
・剣の舞
通常攻撃時、一定確率で2回攻撃を行う(マスターで3回)

ケンカクは完全に攻撃に特化させるためダンサーの状態異常付与+複数回攻撃のパッシブスキルを習得させています。
二刀がメインなのでケンカクのスキルは下側のスキルのみを習得

ただし、ケンカクはパイレーツも攻撃特化で強力なためダンジョンによっては遠距離攻撃が有利なパイレーツと使い分けることがあります。

追記:コメントにて、フーライにサブクラスでケンカクの二刀スキルがおすすめとの情報を頂きました。
実際に試したところ、ケンカクの二刀に比べ攻撃力は劣るもののHPが高いので死亡率はガクッと下がる印象ですね。
道中用とボス戦用でどちらも育成しておくと更に便利かもしれません。

 

ルーンマスターのおすすめスキル

・火球の印術
10マス先まで届く火球の魔弾を放つ
・神炎の大印術
部屋全体に炎を巻き起こしダメージを与え合わせて一定確率で物理防御力を数ターンの間ダウンさせる
・雷撃の印術
10マス先まで届く雷撃の魔弾を放ち、命中した敵を麻痺状態にする
・稲妻の印術
10マス先まで届く感電効果のある稲妻の魔弾を放つ
・神雷の大印術
部屋全体に麻痺効果のある神雷を起こし、さらに一定確率で属性防御力を数ターンの間ダウンさせる
・TPブースト
TPの最大値が増加する
・TPカット
スキル使用時に一定確率で消費TPが0になる

ルーンマスターは遠距離攻撃(主に麻痺)で敵の動きを止める役がメインです。
麻痺はコチラが攻撃しなければ数ターンの間、敵の動きを止められるので非常に使い勝手が良いです。

ダンジョン内の敵が強力な場合でもシノビの睡眠+ルーンマスターの麻痺があれば割と楽にクリア出来る印象でした。

スポンサーリンク

メディックのおすすめスキル

・ヒーリング
指定した1人のHPを回復させる
・リフレッシュ
指定した1人の状態異常を全て回復させる
・トリート
指定した1人の弱体効果を全て回復させる
・TPブースト
TPの最大値が増加する
・フルヒーリング
指定した1人のHPを全回復させる
・リザレクト
指定した1人の戦闘不能を回復し合わせてHPを回復させる
・ヒールマスタリ
HP回復スキルの回復量が増加する
・パーティヒール
部屋にいるメンバーのHPを回復する
・オートヒール
メンバーのHPが一定量以下になった時に稀にそのメンバーのHPを自動で回復する
・オートリザレクト
メンバーが戦闘不能に陥った時に稀にそのメンバーの戦闘不能を回復させる

種類は多いですが、スキルツリーの上にある回復系スキルはほとんど便利なものばかりです。
特に「オートヒール」と「オートリザレクト」はスキルレベルを上げれば発動率は地味に高いのでおすすめ

回復系スキルは「ヒールマスタリ」と「ヒーリング」と「パーティヒール」のレベルは高めにすると良いでしょう。
サブクラスにルーンマスターを選択して「TPカット」や「ルーンの盾」も習得出来ると強力です。

本編終盤~クリア後のダンジョンでも上記の4名で対策をすれば安定して勝てているので、パーティ編成で迷っている方は参考にして見てください。

世界樹と不思議のダンジョン2 攻略メニュー

以上、『世界樹と不思議のダンジョン2』の個人的におすすめパーティとスキルについてでした。

スポンサーリンク

9 Responses to “世界樹と不思議のダンジョン2攻略 最終的おすすめパーティとスキル”

  1. 匿名 より:

    ケンカクは一刀のが強いですよ
    抜刀の構えとか

  2. ナザリック風来団 より:

    1パラ(ソドマン)盾&DOE用リンク
    リンクスキルは1種類だけ10とって他2種は1づつ

    2フウライ(ケンカク)倍速+DOE用鈍足&二刀+ボス用火力
    道中はフウライステのほうが事故が起きにくい
    ボス用多段攻撃の八双飛び系スキルは二刀のほうが火力が高い

    3ダンサー(ガンナー)バフ+雑魚狩り最強パッシブ&遠距離攻撃
    道中はFP燃費が良いダンサーを操作するのが良い
    自分で操作すれば一方的に倒せる

    4メディ(ルンマス)回復&TPカット
    道中はTPカットとルーンの盾で燃費がよくなる

    食事効果維持するための安定パーティです。よかったらどうぞ

  3. ナザリック風来団 より:

    ↑装備強化はパラの盾とダンサーの銃を強化してください

    • カスティエル より:

      細かい情報提供ありがとうございます。
      試したところ、確かにフーライ(ケンカク)は道中で安定するので良い感じでした。
      ただ、やはりケンカクの二刀に比べて与えるダメージが低くなっている(レベルのせいかもしれませんが)ようなので、HPが低いものの火力重視の私としてはケンカクで良いかなと思いました。

      フウライの倍速スキルやルーンの盾などは使用していなかったので記事内容に追記させて貰いました。

  4. 小さなメダル より:

    ルーンマスターの麻痺付与は強過ぎる
    部屋全体の神雷も習得すれば雑魚はほとんどスルーして進めるからな

  5. キレやすいハンマー使い より:

    ふむふむ、なるほど。
    一刀のが強いの説得力の無さが凄いな

  6. ナザリック風来団 より:

    ちなみに、ソードマンのリンク系スキルは10までとると、一定確立から確実にに説明文が変わり100%デバフ(15ターン)が入りますので、対DOEスキルとしては最強です。

    • カスティエル より:

      ソードマンは序盤は使用していたのですが、中盤からシノビに変えてしまいました。
      多少レベルは上がっているので時間に余裕があれば試してみて、最強そうであればD.O.Eの記事を別に書こうかなと思います。

  7. のん兵衛の徳利 より:

    一刀ケンカクは抜刀の構えが強いからソードマンやパラディン、プリンスのサブでの運用がオススメ。
    ただ二刀と違って突が使いづらく斬一辺倒になりやすいからアームズが欲しいです。

コメントを残す