今回は『ネルケと伝説の錬金術士たち』の調査について書いていこうと思います。

調査は休日に行う事ができる素材入手のためのものです。
調査ルートを開放していく事で新たな素材を入手できるようになるため、調合の必要な素材を所持していない場合は調査を進めていく必要があります。

そこで今回は、『ネルケと伝説の錬金術士たち』の調査の基本と調査地/調査ルートの解放条件についてまとめていきます。

スポンサーリンク

調査

まず調査は1ターンの始まりである「休日」に行う事ができます。
調査に出ると「休日」の行動ゲージ(画面上の時計マーク)を消費して調査を進める事ができ、調査ルートの最奥まで到達できると次のルートを解放する事ができます。

ルートクリアのみでは次のルートへ行く事ができないので、解放したいルートを選択して△→投資でコールを支払う事で開放する事が可能です。

最奥へ到達する前に行動ゲージが無くなってしまうと調査は失敗となります。

調査は一本道のルートを徒歩or走りで自動的に進みます。(徒歩と走りの切り替えはR1)
徒歩だと行動ゲージの消費に対して進むのが遅いですが素材を自動で採取する事が可能です。
走りだと採取は行えませんが徒歩よりも遠くへ調査する事ができます。

休日の行動ゲージは各キャラクターとのイベントを見る「訪問」を行う事でも消費されるため、訪問し過ぎると時間が足りなくなって十分な調査を行えないというイメージですね。
訪問1回で行動ゲージが2消費されます。

プレイした感じだと訪問3回+走り調査で最奥へ到達が可能だったので、休日は基本的に訪問3回と走り調査でルート解放を行うのがおすすめです。
追記 投資で走り速度20%アップを使用すれば訪問を4回行っていても奥地到達が可能でした。

また、調査中に虫取りや穴掘り、釣りポイントを見つける場合があり、これらのポイントでアイテムを採取する場合は調査アイテムの「虫取り網」、「シャベル」、「つりざお」が必要になります。
「虫取り網」はマリーの友好度2でレシピ入手。
「シャベル」はリリーの友好度2でレシピ入手。
「つりざお」はリディーとスールの友好度4?でレシピ入手

各調査地の調査ルートは基本的に7つあります。
1~5までをクリアすると高難度エリアの「魔物蔓延る~」のルートが解放され、これをクリアする事で「素材溢れる~」のルートが解放されます。

7つ目の「素材溢れる~」のルートはその調査地で入手できるレア素材のみが入手できる便利ルートになるため、ここまで解放してから派遣を利用すればその調査地の素材は簡単に集められるようになります。

スポンサーリンク

調査地と調査ルート

調査地を5ルートまでクリアする事で次の調査地が解禁されます。
(本編進行も必要かも?)

フェリエン平原
1,行き交いの野原
2,行き交いの野原・奥地
3,展望の草原
4,展望の草原・奥地
5,見識の広野
6,魔物蔓延る平原
7,素材溢れる平原

近くの大森林
1,新緑の森
2,新緑の森・奥地
3,深緑の森
4,深緑の森・奥地
5,陽光の疎林
6,魔物蔓延る森林
7,素材溢れる森林

シュティレ旧街道
1,木陰の街道
2,木陰の街道・奥地
3,闇がりの小径
4,闇がりの小径・奥地
5,忘失の街道
6,魔物蔓延る街道
7,素材溢れる街道

天晴の峠道
1,無風の峠

ネルケと伝説の錬金術士たち 攻略メニュー

以上で『ネルケと伝説の錬金術士たち』の調査についてを終わります。