今回は『フォールアウト76』のブルドーザー機能について

ブルドーザー機能は自身のキャンプ設置場所にある障害物を排除出来る機能で12月のアプデで追加されました。
ただ、思っていたシステムとは違って大して使えるものではありませんでした。

ということで今回は、『フォールアウト76』のブルドーザー機能について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブルドーザー機能の使い方

ブルドーザー機能は「キャンプの周囲にある小さな木や岩などのオブジェクトを取り除くことが可能になる」というもので12月11日のアップデートで追加された新機能です。

ただ、このシステムはキャンプにある障害物の上に建造する時に自動で適用される機能で、邪魔なオブジェクトを排除する目的で使用することは出来ないみたいです。

・ブルドーザー機能適用前
フォールアウト76のブルドーザー1

・ブルドーザー機能適用後
フォールアウト76のブルドーザー2

上の画像で言えば、小さな岩のある場所に「建設用照明」を設置しようとしたところ、小さな岩が排除されるという感じですね。

切り株や雑草、小さな岩などは排除出来ますが、大きな木は排除出来ないようですし建造の邪魔にならない草なども消えることはありませんでした。

個人的にはワークショップで廃車などを選択して排除出来るように、キャンプの周囲でも岩や木を選択して排除出来るようになると思っていたので残念ですね。

フォールアウト76(fallout76) 攻略メニュー

以上、『フォールアウト76』のブルドーザー機能の使い方についてでした。