今回は『ニーアレプリカント ver.1.22474487139…』のクリア後評価について

本作は2010年に発売されたPS3用ソフト『ニーアレプリカント』の完全リメイク作品となります。
思ったよりも追加要素が多く神リメイクと言える仕上がりになっていました。

そこで今回は、PS4版『ニーアレプリカント』のクリア後評価や感想に新たな追加要素についてまとめていきます。

ニーアレプリカントver.1.22

※ニーア レプリカント ver.1.22474487139…: アトラクトムービー

まず本作は2010年4月22日に発売された『ニーアレプリカント』のリメイク作品です。

当時は主人公がヒロインの兄となる「ニーアレプリカント」、父親となる「ニーアゲシュタルト」の2種類が発売されましたが、本作は主人公が兄となる「ニーアレプリカント」の方になります。
ちなみに、前作DLCのステージも本作に収録されており、この時にゲシュタルトの主人公を操作することが可能です。

追加イベントが多くボイスも再録だったのですが、嬉しい事に声優はPS3版とほとんど同じでした。

ただ、白の書の声優は変わっているようで、PS3版プレイ済みの方は最初に違和感を感じるかもしれません。
(と言っても上手な方なのでプレイしていれば慣れます)

 

クリア後感想


まず私は既に新エンディング含めて全てのエンディングに到達、後は武器強化を終えればトロコンという状態までプレイしています。

本編クリアしての感想としては、
・追加要素が思ったよりも多い
・アクション面とグラフィックが大幅に向上
・移動中の会話やロード画面のヨナの日記にも追加されたものがある
・ニーアオートマタに繋がる新エンディングが追加
・青年編でボスが1体追加(海岸の街)
といった感じで神リメイクと言える内容でした。

ニーアシリーズは今では名作として語られる事も多いのですが、私はDODからプレイしていて個人的に大好きなシリーズ作品の1つです。

本作はその『ニーアレプリカント』のアクション面やグラフィックを大幅に向上しているだけだと思っていたのですが、それに加えて新たなエンディングや追加シナリオなどもあって非常に満足できるボリュームになっていました。

特に青年編で追加された新たなマモノのシナリオは狼やピーちゃんに負けず劣らずに切ないお話なので、ニーアレプリカントの切ない雰囲気が好きだった方はプレイする価値有りです。


アクション面に関しても大幅に進化しており、
・敵に向かって回避すると素早く背後に回り込む
・タイミング良くガードすると「はじき返し」から強力な攻撃を出せる
・通常攻撃中に魔法をチャージできる
・ロックオンができるようになり、黒の槍はロックした敵を自動で攻撃してくれる
・黒の手は状況に応じてモーションが変化
・空中回避がステップに変化
思いつく限りでも上記のような変化があって爽快感のあるアクションになっています。


グラフィックも10年の時を経て非常に綺麗になっているので、原作ファンの方であればフィールドを歩き回っているだけでも楽しめるのではないでしょうか。

という事で、『ニーアオートマタ』をプレイして本作に興味を持った方や初見の方はもちろん、PS3版をプレイ済みという方にも強くお勧めできる作品です。

ただ、初見の方の場合は本作は鬱ゲーとして分類されるジャンルでもあるので苦手な方は注意。

Amazonリンクはこちら

ニーアレプリカントver.1.22 攻略メニュー

以上で『ニーアレプリカントver.1.22』のクリア後評価や感想についてを終わります。