今回は『仁王』の最終的に最強だと思われるおすすめスキルやアイテムについて書いていこうと思います。

既にソロで強者の道の全ミッションをクリアしたのですが、この段階でショートカットにセットするアイテムや最低限上げておきたい能力開花の数値などが自分なりに決まってきました。

そこで今回は、『仁王』の最終的におすすめのスキル・能力値などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

おすすめの能力開花

武器関連の能力値である体・心・剛・武・技に関しては、各プレイヤーの戦闘スタイルに合わせて振り分ける必要があるので、特にこれを上げた方が良いというのはありません。
ただ、体力が上がる体と気力が上がる心はある程度上げておいた方が良いでしょう。

管理人が最強だと思う武器は二刀なので、武器種で悩んでいる方には二刀をオススメします。
仁王攻略 オススメ最強武器やステ振り、スキル、立ち回り

次にニンジャスキルの忍、陰陽術スキルの呪、守護霊の霊ですが、これらを最低限上げておきたい数値を紹介していきます。
・忍が20
ニンジャスキルの奥義を習得できる修行ミッション「真に忍ぶ者」に挑戦できる値ですね。
ニンジャスキルでは「目潰し」、「変わり身の術の巻物」、「剛力丹」の3つの術仕度スキルを習得
奥義に「陽忍の極み」、常時発動スキルの「毒蛇の法」、「忍具の心得」を確実に取得しておき、残ったスキルポイントは仙薬や矢の所持数アップや回避行動の気力消費が下がる「身かわしの法」などを習得すると良いでしょう。

・呪が26
こちらは術容量が36になる値となっています。
個人的に陰陽術のアイテムが最強だと思うので、こちらはそれぞれのアイテムを限界まで所持できる値の26まで上げておくのがオススメです。
「克金符」と「遅鈍符」、「護霊招来符」の術仕度スキルを習得
奥義はどちらもあると便利なのでどちらも習得し、常時発動スキルの「符術の心得」までは確実に習得しておきましょう。
残ったスキルポイントは「妙薬の心得」や「退魔金剛法」などの常時発動スキルや「封力符」や「護身符」などの術スキルなどに使用するのがオススメです。

・霊が23
こちらは個人的に最強だと思う守護霊アトラスベアの守護霊の加護が全て発動する値です。
気力切れからの復帰時間短縮は非常に便利なので、アトラスベアを使用している方はこの数値を目安にすると良いでしょう。
守護霊が別のが気に入っているから変えたくないという方は、自分の守護霊に合わせて決めると良いですね。
仁王攻略 最強守護霊アトラスベアにオススメのスキル組み合わせ

次にショートカットなどのおすすめ装備について書いていきます。

スポンサーリンク

おすすめ装備

2017y02m15d_203033730

私の状態を参考に書いていくと1つ目の十字キー
上 仙薬
右 遅鈍符×6
左 克金符×6
下 護霊招来符×9

2つ目の十字キー
上 剛力丹×6
左 変わり身の術の巻物×2
右 目潰し×6
下 大陰神の酒(何でもOK)

これらのアイテムを装備しておけば、2周目「強者の道」でもほとんどのミッションがヌルゲーになるくらい強いです。
ボス戦では遅鈍符と克金符を敵に使用し、こちらに剛力丹と念の為に変わり身の術の巻物を使用すれば、敵に与えるダメージが通常の3倍程度に上がり、更にアトラスベアを招喚して攻撃もすれば、どんなボスでも短い時間で倒すことが可能です。

正直目潰しはそこまで使えないのですが、道中の敵が2体以上出現する場面などで活躍します。
例えば、「女王の目」のクローンケリー×3や「魔王耀変」の常世から出現する鬼系の妖怪などに対して使用すると意外と使えるのでオススメです。

それとまれびとで呼ばれる場合は、ボスに陰陽術アイテムを取って置き、道中で忍術アイテムを使用するなどして節約できるのも良いですね。

仁王 攻略メニュー

以上、「仁王」の最終的におすすめのアイテム・能力値・スキルについてでした。