塔亰Clanpool攻略 余章【龍脈の覇者】のマップや裏ボス

今回は『塔亰Clanpool』の余章の攻略について

余章は揺り篭龍脈穴のB11F~B20Fを攻略していくことになります。
そして裏ダンは道中にこれまでのボスのエーテル体や四神などの強敵が複数出現します。

ということで今回は、『塔亰Clanpool』の余章【龍脈の覇者】のマップや裏ボス戦などについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

揺り篭龍脈穴B11F

2017-10-09-025830

・X:21-Y:27の支配の騎士を倒してX:21-Y:29からB12Fへ

宝箱
X:31-Y:20 黄金のトロフィー
X:11-Y:25 脱出扉のカギ
X:17-Y-20 結魂の書「龍の章」

 

揺り篭龍脈穴B12F

2017-10-09-025840

・少し進むとイベント

・X:17-Y:16にいる戦乱の騎士を倒してX:15-Y:16からB13Fへ
落下でも問題なく移動可能

宝箱
X:06-Y:04 金のオブジェ
X:00-Y:06 鉄のオブジェ
X:04-Y:12 金の勾玉
X:11-Y:11 限界突破の神眼
X:09-Y:11 限界突破の秘宝
X:10-Y:15 風の勾玉
X:25-Y:00 土の勾玉
X:31-Y:25 神のオブジェ
X:27-Y:25 巨人の心臓
X:25-Y:29 暗黒銅貨
X:25-Y:31 不死鳥の卵

 

揺り篭龍脈穴B13F

2017-10-09-025849

・X:00-Y:02にいる飢餓の騎士を倒してX:00-Y:00からB14Fへ

宝箱
X:02-Y:31 プレシャスの欠片
X:02-Y:05 復活の玉
X:29-Y:01 進化の涙
X:31-Y:25 無敵の壁
X:11-Y:31 銀のオブジェ
X:15-Y:07 将軍の槍[一般]
X:00-Y:31 救世主の奇跡

 

揺り篭龍脈穴B14F

2017-10-09-025900

・X:00-Y:29にいる疫病の騎士を倒してX:00-Y:31から水中エリアへ

 

揺り篭龍脈穴B15F

2017-10-09-025910

・X:29-Y:00からB14Fに入る

・B14FのX:24-Y:00からB15Fに入る

・X:24-Y:03にいる獅子の使徒を倒してX:24-Y:05からB16Fへ

宝箱
X:28-Y:05 デンジャラスグレートシザー[神器]

 

揺り篭龍脈穴B16F

2017-10-09-025919

・X:00-Y:29にいる鷲の使徒を倒してX:00-Y:31からB17Fへ

スポンサーリンク

揺り篭龍脈穴B17F

2017-10-09-025929

・X:16-Y:17にいる雄牛の使徒を倒してX:17-Y:14からB18Fへ

 

揺り篭龍脈穴B18F

2017-10-09-030228

・X:02-Y:01にいる七金管の御使いを倒してX:01-Y:01からB19Fへ

宝箱
X:30-Y:28 赤い玉

 

揺り篭龍脈穴B19F

2017-10-09-030238

・X:26-Y:24にいる黒の女王を倒してX:26-Y:26からB20Fへ

 

揺り篭龍脈穴B20F

2017-10-09-032116

・X:15-Y:20に行くと戦闘
龍脈の化身(土属性)

初見で苦戦しましたが、アイテムを少し使えば楽に倒せました。

一応、参考までに、
パーティ:ナツメ(ハッカー)、チヨ(マジカル)、ホタル(ガーディアン)、ミクリ(パワー)
敵に有効な属性の攻撃(管理人はミクリを物理特化のアースストーム使用)がメイン
ミクリは物理特化で攻撃力が8000程度ありました。
①初ターンで攻撃役がレンリツ
ホタルはワンフォアオールでステータスアップ
②次ターンでナツメがアップグレードΩでミクリの攻撃力アップ、ミクリは再度レンリツでEPを溜める
③次ターンで増幅石をホタルが使用してミクリでアースストーム×2
以降は似たような行動の繰り返し

これまでに一度もアイテムを使用していなかったため無敵の壁や救世主の奇跡が余っていたので使用することで楽に倒せました。
使用したといっても無敵の壁×3、救世主の奇跡×1、増幅石×1程度です。

ミクリはレンリツを成功させやすくする&攻撃力を上げるためにガジェッティアは土属性が多めでした。

宝箱
X:17-Y:29 神のオブジェ
X:15-Y:31 竜王の首[国宝]
X:29-Y:02 竜王の髪飾り[国宝]
X:26-Y:15 神のオブジェ
X:15-Y:01 竜王の鎧[国宝]
X:15-Y:05 神のオブジェ
X:01-Y:15 竜王の靴[国宝]
X:05-Y:15 神のオブジェ

塔亰Clanpool 攻略メニュー

以上、『塔亰Clanpool』の余章の攻略についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す