ナルティメットストーム4の評価や感想は?登場キャラ数について

今回は「ナルティメットストーム4」の評価や感想について

先日発売されたナルティメットストームシリーズ最新作の「NARUTO-ナルト- 疾風伝 ナルティメットストーム4」

PS4初登場ということで発売前から注目を浴びていましたね。

私もさっそく購入して、ストーリーモードを全クリしたので今回はナルティメットストーム4の評価や感想、登場キャラクターの総数などについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ナルティメットストーム4の登場キャラクターの総数は?

登場キャラクターはシリーズ最多と話題になっていたので気になる方も多いでしょう
今作の登場キャラクターの総数は112人となっています。

一応、ナルトやサスケなどは、
・うずまきナルト
・うずまきナルト(少年篇)
・うずまきナルト(仙人モード)
・うずまきナルト(九喇嘛リンクモード)
・うずまきナルト(六道仙人モード)
・うずまきナルト(THE LAST)

・うちはサスケ
・うちはサスケ(少年篇)
・うちはサスケ(鷹)
・うちはサスケ(永遠の万華鏡写輪眼)
・うちはサスケ(五影会談)
・うちはサスケ(輪廻写輪眼)
・うちはサスケ(THE LAST)

上記のように様々なバージョンがあります。

新規参戦キャラクターとして、
・うずまきナルト(六道仙人モード)
・うちはサスケ(輪廻写輪眼)
・うちはオビト(十尾人柱力)
・うちはマダラ(六道)
・大筒木カグヤ
・うちはオビト(暴走)
・リン
・うずまきナルト(THE LAST)
・うちはサスケ(THE LAST)
・日向ハナビ(THE LAST)
・うずまきボルト
・うちはサラダ

上記のキャラクターが新規参戦キャラクターとして登場しています。
うずまきボルト&うちはサラダは、早期購入特典で付いてくるプロダクトコードが必要です。

気になる方は公式サイトに行けば全てのキャラクターが紹介されているのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ナルティメットストーム4の評価や感想は?

では、最後にナルティメットストーム4の評価や感想をまとめてから終わりたいと思います。

ネット上での評価はズバ抜けて高評価です。
個人的にもストーリー後のアドベンチャーを含めるとボリュームもあるので満足しています。

プレイアブルキャラクターがシリーズ最多で100以上
次世代機による素晴らしいクオリティ
個人的にはタイトル画面のBGMも素晴らしいと思いました。

ナルトが好きな方なら絶対に買うべき作品でしょうね。

ただ、不満点を挙げるとすればストーリーモードがボリューム不足のような気がしました。
・会話パートが少ない
・補足が少ないので原作を知らない人は理解できないと思う

不満というほどではないですが、プレイしていて少し気になった部分です。

戦闘は操作方法は簡単ですが、意外と奥が深く面白いです。
ストーリーモードも最後の方は地味に強かったですし、オンラインもあります。

キャラゲーとしてはもちろん、格ゲーとしても充分楽しめるのではないでしょうか。

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

以上、ナルティメットストーム4の評価や感想でした。

スポンサーリンク


One Response to “ナルティメットストーム4の評価や感想は?登場キャラ数について”

  1. マスリン より:

    個人的には原作をもう少し再現してほしかった感じがします…アニメ表現は手抜きにしか見えなかったです…

コメントを残す