モンハンワールド攻略 初心者におすすめ武器の選び方や立ち回り

今回は『モンハンワールド(MHW)』の初心者におすすめの武器について

今作では各武器に新アクションが追加されているので、これまでとは武器の勝手が少し違います。
3DSからPS4に変わったことで新規のプレイヤーも多くいることでしょう

そこで今回は、『モンハンワールド(MHW)』の個人的に初心者におすすめ出来る武器について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

モンハンワールド 初心者におすすめ武器

今作は過去作シリーズで登場していた武器のみで新武器は存在しません。
武器の種類は全部で14種類あり、武器によって攻撃アクションが大きく異なるのでプレイスタイルにあった武器を選択するのが良いでしょう。

以下は個人的に初心者におすすめ出来る武器となります。

大剣

2018y01m25d_033236918

大剣は動作が遅いものの一撃の威力が高くガードも出来る武器です。
過去作シリーズから人気のある武器で個人的にも使用頻度の高い武器でした。

リーチが長く一撃の威力が高いので、部位破壊がしやすくガードも出来るので初心者にはおすすめです。

コマンド アクション
縦斬り
なぎ払い
△+○ 斬り上げ
△長押し 溜め斬り
溜め中○or回避中△ タックル
R2 ガード
ガード中に△ キック
ガード中にL2+右スティック 向き変更

溜め斬りは身体が光った時にボタンを放つことで最大威力の攻撃が出来ます。
溜め斬りには強溜め斬りと真溜め斬りがあり、溜め斬り後にスティック+△で強溜め斬り、強溜め斬り後にスティック+△で真・溜め斬りを繰り出せます。
スティックの方向入力をしなければ横殴りになってしまうので注意

新アクションであるタックルはモンスターの攻撃でのけぞらないので、タイミング良く使用すると上手く攻撃を繋げていけます。
基本的にはヒット&アウェイで戦うスタイルとなり、モンスターの転倒時や罠に引っかかっている時に弱点部位に溜め斬りで大ダメージを与えていくという感じです。

 

双剣

2018y01m25d_033306803

双剣は一撃の威力が低いもののヒット数が多いので火力の高い武器です。
鬼人化を発動することで攻撃パターンが変化し攻撃速度も上昇します。

コマンド アクション
二段斬り
斬り払い
R2 鬼人化/解除
鬼人化中に△ 鬼人逆手斬り
鬼人化中に○ 鬼人突進連斬
鬼人化中に△+○ 乱舞

双剣はスタミナゲージを消費し続けることで発動出来る鬼人化を使用しながら猛攻撃を仕掛けるのが基本スタイルです。
鬼人化中に攻撃をヒットさせることでゲージが溜まっていき、ゲージが溜まると鬼人化を解除した後も一部の攻撃が強化されます。

双剣では他に、坂道を滑り落ちている最中に△or鬼人化中に滑り落ちている最中や段差を回避で下りた時に×で発動出来る空中回転乱舞が強力です。
これを大型モンスターの尻尾か頭部にヒットさせることできりもみ回転してモンスターをなぞるように攻撃します。
頭部or尻尾なので敵の正面か背後からヒットさせることで綺麗に大ダメージを与えることが可能です。

過去作では大剣を使用することが多かったのですが、今作でダメージの数値化が出来る事で大剣よりも双剣の方が遥かにダメージ効率が良いと思い双剣をメインに切り換えました。
ガードが出来ず、乱舞中は緊急回避が出来ないなど中級者向けというイメージもありますが、個人的には一番おすすめしたい武器です。

 

2018y01m25d_033436236

弓はボウガンと並ぶ遠距離攻撃武器です。
ボウガンとは違って弾を装填する必要がなく、初心者の方にも扱いやすいと思います。

コマンド アクション
L2 照準
R2 発射
クイックショット
△+○ 竜の一矢
L2長押し中に× チャージステップ
射撃直後に○ 剛射
溜め中に○ 曲射
R2長押し 溜め射ち
ビン装填と解除
L1+△or× ビン選択

弓での攻撃は基本的にL2で構えてR2で射撃の繰り返しです。
〇ボタンの特殊射撃は3方向への射撃や頭上からの落下攻撃などがあり、状況によって攻撃に混ぜていくと良いでしょう。

R2の射撃後とチャージステップ後に即座R2で射撃する事で射撃の矢の数を増やした射撃が行えるので、それを狙いながら連続で攻撃していくのがオススメです。

△+〇ボタンの竜の一矢は溜め動作が長く、途中でキャンセルする事ができませんが、貫通してダメージを与える強力な攻撃になります。
モンスターの転倒時や隙の大きい攻撃をしている最中などに、頭から尻尾や尻尾から頭など直線状に放つ事で大ダメージを与えることができます。

【MHW】モンハンワールド 攻略メニュー

以上、『モンスターハンターワールド』の初心者におすすめの武器についてでした。

スポンサーリンク

コメントを残す