今回は『JUDGE EYES:死神の遺言』のクリア後評価について書いていこうと思います。

本作は2018年12月13日に「龍が如く」シリーズを手掛けたセガゲームス 龍が如くスタジオによる新作ゲームです。
私も発売日当日に購入し、メインストーリーやサイドストーリーを全て終えるまではプレイしました。

そこで今回は、『JUDGE EYES:死神の遺言』のクリア後の評価や感想(ネタバレ無し)についてまとめていきます。

スポンサーリンク

クリア後 感想

本作は「龍が如く」シリーズと同じように、神室町を舞台にしたアクションアドベンチャーゲームです。
バトルシステムやプレイスポット要素などシステム面はほぼ最近の『龍が如く』作品と同じという印象でした。

まず本編をクリアした段階で感想としては、
・尾行とサーチが面倒、チェイスと証拠の突き付けは良い
本作は主人公が探偵ということで尾行や証拠探しのサーチモードといったシステムがありますが、この中の尾行が面倒に感じました。

ターゲットは尾行モードを難しくするためか、同じ所を通ったり、不自然なくらいに振り向いたりするので面倒なだけでなく、リアリティが欠けてしまっている原因にもなっている印象です。

・バトルに目新しさがない
バトルシステムは基本的に『龍が如く』と同じなのでタイトルが変わったと考えると新鮮さがありませんでした、

・ストーリーが良い
気になるストーリーは普通に面白かったですね。
ラストもスッキリしていますし、本筋の展開は読める部分も多かったですが、王道的な熱い展開などもあって久々にストーリーが気になりながらプレイできたゲームでした。

キャラクターが魅力的

ジャッジアイズ
ストーリーが良いという他に、本作に登場するキャラクターも魅力的に感じました。
それぞれのキャラクターの行動理由にも納得できるものが多く、特に最後まで嫌なキャラクターなどもいませんでした。

フレンドも50人登場し、それらのフレンドがサイドケースで登場してきたりと神室町で人脈を増やしているという楽しさもあります。

ジャッジアイズ
ガールフレンドにできるヒロインも可愛くて良かったですね。

・やりこみ要素が多い
『龍が如く』をプレイしたことのある方なら分かると思いますが、本作もメインストーリーだけでなく、多くのサイドケースに加えてフレンドイベントやプレイスポットなどクリア後もやり込める要素が多く存在します。

クリア後はメインストーリーに関係なく、サイド関係をプレイできるプレミアムアドベンチャーモードも健在なのでプレイヤーにも優しいシステムですね。

OPが良い

・装備や闘技場がない
本作にはアクセサリなどの装備が無く、闘技場的な要素が無いのでバトルを楽しめる要素がもう少し欲しかったかなという印象です。

・鍵束
本作では一度開けた鍵扉も再度訪れると鍵束から鍵を選ばなくてはならず、それが一々面倒でした。
どの鍵かすぐに分かるスキルもありますが、そもそも鍵を選ぶ動作がいらないですね。

後はピッキングは良いとしてサムターン回しが地味に面倒でした。

とりあえずは上記のような感じですかね。
メインストーリーは面白く、サイドケースなども笑えるものも多く、面白かった要素の多くがストーリー関連になります。

後は『龍が如く』のシステムとほぼ同じなので、シリーズが好きな方であれば楽しめると思います。
それと東城会などは登場しますが、桐生一馬は登場しないので期待している方は注意しましょう。

ただ、小野ミチオのサイドケースでは前任の話が出たりと桐生一馬が存在していた事を匂わせる要素はありました。

Amazonレビューを見てみると木村拓哉さん主演ということで賛否両論があるみたいですね。

低評価をつけている方の大半がキムタクの演技がどうのこうのと言っている方がほとんどでした。
正直『龍が如く』シリーズは俳優起用がデフォなので、私は全く気になりませんでした。

キムタクという先入観で評価を決めてしまうのは勿体無いと思う作品ではあるので、気になっている方は是非プレイしてみてください。

ジャッジアイズ 攻略メニュー

Amazonリンクはこちら
楽天リンクはこちら

以上で『JUDGE EYES:死神の遺言』のクリア後感想についてを終わります。