ドラクエ11 序盤おすすめスキルやパーティーにスキルリセット時期

今回は『ドラゴンクエスト11』の序盤におすすめパーティー編成について書いていこうと思います。

ドラクエ11の仲間キャラクターは主人公を除いて6人(終盤にもう一人加入)います。
仲間に加わる順番としてはカミュ⇒ベロニカ&セーニャ⇒シルビア⇒ロウ&マルティナという感じです。

キャラクターによって習得する呪文やスキルは様々なのでパーティー編成で悩む方も多いかと思います。

そこで今回は、『ドラゴンクエスト11』の序盤におすすめのパーティー編成とおすすめスキルなどについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト11 序盤におすすめパーティー

まず加入時期から考えて最初に使用するメンバーは
主人公、カミュ、ベロニカ、セーニャとなります。

主人公は万能タイプ
カミュは物理・素早さタイプ
ベロニカは攻撃呪文特化タイプ
セーニャは回復呪文特化タイプ
というようにバランスの良いバトルメンバーとなるため、5人目のシルビアは無理にメンバーに入れる必要はありません。

本作では始祖の森クリア後の世界異変後に教会でスキルリセットが使用できるようになるので、今回は習得しやすくて序盤に使えるスキルを紹介します。
※スキルリセットは1ポイント戻すのに20G費用が必要ですが、教会でいつでも振り直しが可能になります。
ちなみに、レベル99まで上げると各キャラ3~20程度のスキルポイントが足りない状況となりました。

各キャラの序盤に習得しておきたいスキルとしては
・主人公
「ゆうしゃ」スキルの「デイン」
他の呪文よりも威力が高く、敵1グループに攻撃可能な勇者専用のお馴染みの呪文ですね。
消費MPが高いのが難点ですが、キャンプ地近くでのレベル上げ・ボス戦時と様々な場面で活躍します。

・カミュ
序盤ですぐに習得できるのが短剣スキルの「スリープダガー」と「ヒュプノスアタック」のコンボ技です。
「スリープダガー」自体が強敵にも効果がある場合も有り、敵が多い時に眠らせて行動不能にさせておく事もできる便利な技なのでオススメ

・ベロニカ
呪文はレベルアップで覚えていくので、呪文特化なら「常時攻撃魔力+10」などのパッシブスキルを優先して習得しておきましょう。
ムチを使用するなら「ねむり打ち」や「しばり打ち」がオススメです。

・セーニャ
「たてごと」スキルの「炎の旋律」と「氷の旋律」はボス戦時に結構役に立ちます。
基本的には回復役なので「常時回復魔力+10」のパッシブスキルを習得していくと良いです。

スポンサーリンク

ドラゴンクエスト11 中盤オススメメンバー

中盤でロウとマルティナがパーティに加わったらどちらもメンバーに入れるのがオススメです。
加入時のレベルが23と高めで、マルティナは槍装備の物理攻撃特化型、ロウは攻撃呪文と回復呪文どちらも習得する呪文のバランスタイプのキャラクターとなっています。

ロウは初期から「ベホイミ」や「ザオラル」、毎ターン回復の「いやしの雨」
1グループに攻撃できる「ヒャダルコ」、単体攻撃の「ドルマ」
防御力を下げる「ルカニ」を習得しているのでベロニカと交代させた方が強敵戦闘では安定すると思います。

また、飛んでいる敵に大ダメージを与えられる「ムーンサルト」や槍スキルでは1グループ攻撃の「なぎはらい」を習得できるマルティナをカミュと交代するのがオススメです。

私の場合ロウとマルティナ加入時に主人公メンバーのレベルが低いという問題もあって
主人公、ロウ、マルティナ、セーニャのメンバーに変更しました。

バトルメンバーに入れてなくても経験値は貰えるので、戦闘がきついようなら参考にしてみて下さい。

主人公のおすすめスキルや育成スタイル
カミュのおすすめスキルや育成スタイル
ベロニカのおすすめスキルや育成スタイル
セーニャのおすすめスキルや育成スタイル
シルビアのおすすめスキルや育成スタイル
ロウのおすすめスキルや育成スタイル
マルティナのおすすめスキルや育成スタイル

ドラゴンクエスト11 攻略メニュー

以上で『ドラゴンクエスト11』の序盤~中盤におすすめのバトルメンバーやスキルについてを終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す