ひぐらしのなく頃にのゲームやアニメに漫画のまとめや順番など

この記事は5分で読めます

ひぐらしのなく頃にのゲームやアニメに漫画のまとめや順番など

『ひぐらしのなく頃に』は、竜騎士07によるサウンドノベルゲームです。

かなりの有名作品なので、知っている方も多いと思いますが、初めて発売されたのが2002年で、まったりペースで発売されていた漫画版も2011年には完結しているので、名前だけ知っているという方も多いかもしれませんね。

ですが、最近では新章の『ひぐらしのなく頃に奉』の発売やアニメのBDBOX化にPS3・PSVitaでのソフト『ひぐらしのなく頃に粋』の発売などが予定されているため、これから触れていく方もいるんじゃないかと思います。

『ひぐらしのなく頃に粋』についての記事はこちら
うみねこのなく頃にのまとめ記事はコチラ

そこで今回は、ひぐらしのなく頃にのゲームやアニメに漫画をまとめていこうと思います。
ひぐらしのなく頃にはナンバリングがしていないので、分かりづらい部分もあるので。
ネタバレは極力しませんが、あらすじなどから分かってしまう場合もあるので、真っ白な状態でやりたい方は閲覧注意です。

スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に 概要

ストーリー
昭和58年初夏。

昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が
暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。
都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。
人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・
仲間との他愛のない日常を過ごしていた。それは、永遠に続くかに思えた。
毎年6月に行われる祭、「綿流し」。そう、その日も楽しい一日になるはずだった。

雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。

祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。事件の真相は?犯人は?圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。そう、すべてが・・・

ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、
少し、早めの夏を告げていた。

ネタバレせずに雰囲気が分かる動画がなかったのでゲームのOP動画にしました。

主要キャラクター(代表エピソード)
前原圭一 本作の主人公
竜宮レナ 『鬼隠し編』『罪滅し編』『昼壊し編』
園崎魅音 『綿流し編』『宵越し編』
北条沙都子 『祟殺し』『厄醒し編』
古手梨花 『暇潰し編』『皆殺し編』『祭囃し編』『賽殺し編』『澪尽し編』
園崎詩音 『目明し編』『現壊し編』
羽入 『祭囃し編』『言祝し編』

DS版
南井巴 『解々し編』『新・澪尽し編』
公由夏美 『染伝し編』『影紡し編』

 

ひぐらしのなく頃に ゲーム

『ひぐらしのなく頃に』のゲームは、コミックマーケットで発売されたPCゲームと、2007年にPS2でキャラデザなどを一新し、新エピソードなどを加えた移植版『ひぐらしのなく頃に祭』があります。
2007年12月には『ひぐらしのなく頃に祭』の完全版である『ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び』が発売されました。

そして2008年から2010年にかけてDSで発売されたのが
第一巻「祟(たたり)」
第二巻「想(そう)」
第三巻「螺(らせん)」
第四巻「絆(きずな)」
です。これは4エピソードずつ収録されています。

そして2015年3月12日に発売予定の『ひぐらしのなく頃に粋』には家庭用ゲーム機のシナリオ全てに加え、ドラマCD『恥晒し編』もプレイ可能なようです。新曲も増えています。

 

ひぐらしのなく頃に ストーリー

次に紹介するのは、ストーリーについてですが、かなりの数になるので全く知らない方には分かりづらくなってしまうかもしれません。

まずは基本となる出題編と解答編です。

出題編
鬼隠し編
綿流し編
祟殺し編
暇潰し編

解答編
目明し編
罪滅し編
皆殺し編
祭囃し編

となり、『ひぐらしのなく頃に』の本編としてはこれで完結します。

次に紹介するのは番外編です。
『ひぐらしのなく頃に礼』に収録。
賽殺し編 本編終了後のアフターストーリーみたいなものです。
昼壊し編 3D対戦アクションゲーム「ひぐらしデイブレイク」の世界観をもとにして、竜騎士がノベライズした作品でなので、本当に「番外編!」という感じです。
罰恋し編 これは各エピソードの終わりにキャラクター達で「お疲れ様会」というものをやり、そのエピソードについて語ったりするのですが、目明し編の「お疲れ様会」の再録にあたる作品がこれです。

続いてはPS2で追加された新エピソードについて
盥回し編 これは主人公の圭一が何事にも興味を示さない選択をしたらどうなるかというエピソードです。
憑落し編 祟殺しと少し似ている出題編にあたるエピソードです。
澪尽し編 祭囃し編とは違う完結編を描いたエピソードです。

次にDSで追加された新エピソードについて
染伝し編 出題編にあたり漫画『ひぐらしのなく頃に 鬼曝し編』をベースにしているエピソードです。
影紡し編 「染伝し編」の解答編にあたるエピソードです。
解々し編 レナと巴の出会う話で、レナの過去がわかります。
上記の3つは警察組の南井巴と漫画の『鬼曝し編』で登場した公由夏美がメインとなるエピソードです。
またDS版の『澪尽し編』は、『新澪尽し編』とも呼ばれ、3部構成となっていて、1部と3部はPS2版に変更を加えたもので、2部は夏美と巴のエピソードの結末を描いたものです。

宵越し編 漫画『ひぐらしのなく頃に宵越し編』をベースにしていて、新キャラクターやBADEDなどが追加されています。
異本・昼壊し編 上記の昼壊し編をベースとしている新エピソードです。
言祝し編 鬼ヶ淵村と呼ばれていた頃の雛見沢が舞台となっている過去編的なエピソードで、羽入や桜花がメインです。

最後に2014年夏のコミックマーケットで販売された『ひぐらしのなく頃に奉』に収録されているエピソード
雛見沢停留所 ひぐらしの原点に位置づけされている作品なので、本編を全く知らない人には理解できない内容かもしれません。
ひぐらしアウトブレイク ひぐらしデイブレイクサントラのブックレットにあった竜騎士書き下ろしの短編がベースです。
神姦し編 ひぐらしアウトブレイクの続編にあたる作品です。

とりあえずゲームに収録されているエピソードは上記のものとなります。
『ひぐらしのなく頃に粋』には『澪尽し編』が表と裏があるのですが、恐らく上記の『澪尽し』と『新澪尽し』によるものだと思います。
また『ひぐらしのなく頃に祭』には本編の最終章にあたる『祭囃し編』が収録されていません。
スポンサーリンク

ひぐらしのなく頃に アニメ

アニメ『ひぐらしのなく頃に』は、全部で5期まで放送されています。

第1期『ひぐらしのなく頃に』全26話
「鬼隠し編」から「目明し編」まで

第2期『ひぐらしのなく頃に解』全24話
第1話「サイカイ」から「厄醒し編」に入り「祭囃し編」まで

第3期『ひぐらしのなく頃に礼』全5話
「恥晒し編」「賽殺し編」「昼壊し編」で、「賽殺し編」が3話構成

第4期『ひぐらしのなく頃に煌』全4話
「罰恋し編」「妖戦し編」「結縁し編」「夢現し編」

第5期『ひぐらしのなく頃に拡~アウトブレイク~』OVA

となっており、第2期「サイカイ」「厄醒し編」と第4期の「妖戦し編」「結縁し編」「夢現し編」はアニメオリジナルストーリーとなっています。

他に『ひぐらしのなく頃に』のDVD全巻購入特典として付属する特別編「猫殺し編」もあります。

本編が元々長編のため、アニメはかなりカットしながらの展開になっているので、原作を先にプレイしてから見たほうが楽しめると思います。

 

ひぐらしのなく頃に 漫画

『ひぐらしのなく頃に』の漫画は、かなり出ているので読んでおいたほうがいいものを紹介します。

まずは出題編にあたる
鬼隠し編 作画 鈴羅木かりん 全2巻
綿流し編 作画 方條ゆとり 全2巻
祟殺し編 作画 鈴木次郎 全2巻
暇潰し編 作画 外海良基 全2巻

次に解答編の
目明し編 作画 方條ゆとり 全4巻
罪滅し編 作画 鈴羅木かりん 全4巻
皆殺し編 作画 桃山ひなせ 全6巻
祭囃し編 作画 鈴羅木かりん 全8巻

番外編
昼壊し編 作画 佳月玲茅 全1巻
賽殺し編 作画 鈴羅木かりん 全1巻

次に原作竜騎士07による外伝作品で
鬼曝し編 作画 鬼頭えん 全2巻
現壊し編 作画 鬼頭えん 全1巻 「目明し編」の前日譚にあたる作品
宵越し編 作画 みもり 全2巻

心癒し編 作画 影崎由那 全1巻 本編終了後の話で「賽殺し編」とは別の話
 作画 日向ののか 全2巻 DSの絆に収録されていた巴と夏美のエピソードのコミカライズ作品

ひぐらしのなく恋に 作画 あきばるいき 全3巻 4コマでラブコメ的な話です。
雛見沢停留所 〜ひぐらしのなく頃に原点〜 作画 ともぞ 全1巻

他にアンソロジーコミックはかなりの数があり、麻雀を題材にした漫画などもありますが、オススメは上記の作品になります。

以上で『ひぐらしのなく頃に』の紹介は終わりたいと思います。
かなり好きな作品なので、「今更移植かよ」とか言われてますが、個人的には嬉しいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y01m30d_225029317
  2. 2016y07m13d_022733506
  3. 2016y01m30d_153329220
  4. 2016y01m30d_212953437
  5. 2016y06m03d_145454469
  6. 2016y06m03d_151205344
    • 畠山ゆきほ
    • 2015年 9月30日 8:19

    ひぐらしですまらしいマンガがきれいでした

このサイトについて

発売予定のゲームを始め、私がプレイしたゲームの攻略記事、アニメ関係などの気になった話題を記事にしていくブログです。

オススメコミックや、アニメなども取り上げて記事にしているので気になった方はぜひ読んでいってください。

グリム通信のツイッターアカウントもあるので良ければフォローお願いします。



※アンチコメントが増えてきていますが、基本スルーするか見つけた場合削除します。

お知らせ

  1. 2016y01m26d_000803665
  2. 2016y01m26d_001557989
  3. 2016y01m26d_001404699

ゲーム攻略メニュー

カテゴリー記事

作品まとめ

  1. 2016y06m03d_145454469
  2. 2016y04m14d_233454035
  3. 2016y06m03d_145030398
  4. 2016y01m31d_003216631
  5. 2016y07m13d_002450688

オススメ作品

  1. 2016y03m07d_001640103
  2. 2016y07m13d_231003979
  3. 2016y07m13d_081409931
  4. 2016y07m13d_095430317
  5. 2016y07m13d_082055907

発売予定ゲーム情報まとめ

ネタ記事

カテゴリー