コールオブデューティシリーズまとめ!順番や評価、関連性も

「コールオブデューティシリーズ」は、FPSにおいて、「メタル・オブ・オナーシリーズ」に並ぶ代表作品です。

2014年11月13日に最新作である『コールオブデューティ アドバンスウォーフェア』が売予定です。(吹き替え版は12月4日発売予定)

アドバンスウォーフェアの最新情報をまとめた記事はこちら

「コールオブデューティシリーズ」は日本未発売のも含めると15以上も発売されています。

そこで今回はそんな「コールオブデューティシリーズ」の順番や評価をまとめて、購入の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

コールオブデューティの特徴

コールオブデューティシリーズは、演出面に特に力を入れており、スクリプト、つまりある地点まで行くと敵が現れるなどのゲーム内での指示が多くこれにより映画のような演出がなされています。

そのため自由度は低いものとなっていますが、その演出がコールオブデューティの特徴とも言えますね。

他にもAIの多種多様な言動や銃や弾丸の掠る音などの「音」にも力を入れていて、またマルチプレイの人数はFPSの中で最も多いとされている程の人気がある作品です。

作品の種類としては

Infinity Ward開発の
オリジナルシリーズ(第二次世界大戦)
モダンウォーフェアシリーズ(現代戦)
Treyarch開発の
ゴーストやブラックオプスシリーズ

の3つに分かれていて、それぞれのシリーズに関連性はないです。
上記のオリジナルシリーズは一兵士として仲間と共に戦場に臨むが、
下記2つのシリーズは少数精鋭の特殊部隊視点で進むのが特徴。

 

コールオブデューティシリーズ 作品

ここで紹介するのは日本で発売されているもののみになります。

コールオブデューティ(PC)

初代『コールオブデューティ』です。
この作品が大ヒットしたことがシリーズ化のきっかけですね。
アメリカ編・イギリス編・ソビエト編があり、プレイヤーは一兵卒として
それぞれの戦場を体験できる。
現在日本では発売されていないが、北米などで「Call of Duty Classic」
というタイトルでPS3やXboxでダウンロード販売されています。

 

コールオブデューティ ユナイテッド オフェンシブ(PC)

こちらは『コールオブデューティ』の拡張パックとなるので
『コールオブデューティ』がないとプレイできない。

 

コール オブ デューティ ファイネストアワー(PS2・Xbox)

初のコンシューマー作品で、主人公が6人。その中のタニアはシリーズ唯一の女主人公。
ロシアのスターリングラード、アメリカ砂漠、レマーゲン鉄橋などが舞台となる。
この作品の主人公は、ほかの作品と違いよく喋るのも特徴的。

 

コール オブ デューティ2(PC・Xbox)

初代と変わらずアメリカ編・イギリス編・ソビエト編の一兵卒として
戦場を体験することができる。
もちろん初代から多数システムが変更され改善されている。

 

コール オブ デューティ2 ビッグ レッド ワン(PS2)

『コールオブデューティ2』のスピンオフ作品
アメリカ編のみで構成されている。アメリカ軍の有名師団「第1歩兵師団」の
一員となり枢軸軍と戦う。枢軸軍とは第2次世界大戦時に連合国の敵となった国で
日本やドイツ、イタリアなどがある。

 

コール オブ デューティ3(Xbox・PS3)

アメリカ軍・イギリス軍・カナダ軍・ポーランド軍の一兵として
D-デイからパリ開放までを体験できる。D-デイとは重要な攻撃や作戦開始日に使われる用語のこと。
スポンサーリンク

コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア(PS3・Xbox・DS)

この作品からは対テロという現代戦を描いた内容となっている。
英国陸軍特殊部隊が核弾頭がロシア国外に運び出されるのを阻止するべく
強襲作戦、模擬訓練を実施している慌ただしい時に入隊してきた新人ソープが主人公となる。

 

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2(PC・Xbox・PS3)

前作から5年後の話で2016年と今より未来のストーリーとなっている。
イギリスSAS・アメリカ海兵隊・ネイビーSEALsなどの精鋭の集められた特殊部隊視点で進む。

 

コール オブ デューティ ブラックオプス(PC・PS3・Xbox・DS・Wii)

冷戦時の秘密作戦を行っていた特殊部隊視点で話が進む。
ブラックオプスはゾンビモードも特徴的。

 

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3(PC・PS3・Xbox・DS・Wii)

モダンウォーフェア2の後日談で、主人公の一人が初のロシア側の兵士となる。

 

コール オブ デューティ ブラックオプス2(PC・PS3・Xbox・WiiU)

ブラックオプスの続編で近未来戦を描いたストーリーとなる。
初のマルチエンディング作品でもある。

 

コール オブ デューティ ゴースト(PC・PS3・Xbox・WiiU・X1・PS4)

全く新しいものということで、崩壊したアメリカを取り戻すために動く
ゴーストと呼ばれるアメリカ最強の隠密作戦部隊にスポットを当てた作品。
初のエイリアンモードもある。

以上が現在発売されているコールオブデューティーシリーズ作品となりますが、
アマゾンなどで見ると評価が見事に分かれますよね。
ですが先に言っておくと、それはマルチプレイの評価によるもの
ストーリーに興味がある人はどれをプレイしても問題ないと思います。

オンラインに期待している人は評価を調べてから買うことを推奨します。
オンライン人口はさすがコールオブデューティーというだけあって
過去作もある程度の人口がいるのでマッチングには困らないと思います。

最新作も発売されるので今まで以上に活気づくことでしょう。

関連記事はコチラ
コールオブデューティブラックオプス3の発売日や内容について
CoDブラックオプス3のキャンペーンモードの評価や感想

 

スポンサーリンク


3 Responses to “コールオブデューティシリーズまとめ!順番や評価、関連性も”

  1. toketuchan より:

    ゴーストはトライアーチじゃないですよ
    あとwawも忘れず

  2. mak より:

    Amazonな評価だけど「主に」マルチプレイと言った方が良い。オフ専の評価者も結構居る。

コメントを残す

サブコンテンツ