龍が如く6攻略!スナック制覇までの流れや酔いの覚まし方など

今回は『龍が如く6』のスナックについて書いていこうと思います。

スナックは、尾道仁涯町のプレイスポットです。
酒を飲みながらスナックのママや常連と仲良くなることで、サブストーリーなどが発生しますね。

そこで今回は、『龍が如く6』のスナックのクリアまでの流れや酔いを早く覚ます方法などについてまとめていきます。

スポンサーリンク

龍が如く6 スナック

第5章から発生するサブストーリー「 大人への階段」をクリアすることで、スナックに通うことが可能になります。

大人の階段
・尾道仁涯町「花乃窪」東のスナックガウディの前でイベント
・イベントを見るとクリア
・スナックに通えるようになる

スナックには3000円払うことで入ることが可能です。
スナックでは
・常連と会話
・ママに注文
・カラオケ
・ダーツ
の4つの行動を行うことができ、常連とママに対しては1~4までの好感度があります。

システム面は簡単なので、実際に行ってみればすぐに分かると思います。

好感度を上げるには、会話で上げるのが効率が良いです。
その他スキルでスナックのスキルを極にすると2~3回程度で好感度が3まで上がります。
3から4へはサブストーリーをクリアする事で上がるので、実質3まで上げれば最大ですね。
ママの好感度は注文の際に単品で注文して会話を何度も行うのがオススメ

3になった常連とは、スナックの前でサブストーリーのイベントが発生します。
ママのみ「花乃窪」の米徳前でサブストーリーのイベントが発生
詳しくはこちらの記事を参照して下さい。
龍が如く6攻略 サブストーリー40~52

一度会話すると酔いゲージが2瓶分上昇し、MAXの9瓶になると強制的に終了となります。
酔いを早く覚ますには、近くの自販機で「森の恵みの雪解け水」を飲みましょう。
1回飲むことで5瓶分酔いを覚ますことができます。
酔いを覚ましたら再度スナックへという流れで進めていくと楽です。

スポンサーリンク

全員クリアまでの流れ
・最初はママ・畠山と会話可能
ママには注文毎に会話が発生して好感度上昇
・カラオケを行うことでゲンさんと会話可能になる
・畠山の好感度を3にするとサブストーリーが発生、クリア後に秋吉と会話可能になる
・秋吉とゲンさんの好感度を3にしてサブストーリークリア後に金子と安藤と会話可能になる
・常連5人のサブストーリークリア&ママの好感度3でママのサブストーリーが発生
・ママのサブストーリークリアでスナック制覇
となります。

ママのサブストーリーで手紙を置いた後の待機時間は結構長めとなっており、私の場合はケンカを4回→西郷とバトル→夜まで休憩→昼まで休憩→草野球を5回程度→尾道に戻って少し歩いたぐらいのタイミングで「そろそろ待ち合わせの時間だ」となりました。

龍が如く6 攻略メニュー

以上で『龍が如く6』のスナックについてを終わります。

スポンサーリンク


コメントを残す