今回は『ARK(アーク)』の麻酔薬と麻酔矢について

麻酔薬と麻酔矢は手強い恐竜のテイムには欠かせないアイテムです。
麻酔矢の作成にも麻酔薬が必要になるので簡単に言えば大量のナルコベリーが必要になります。

そこで今回は、『ARK(アーク)』の麻酔薬と麻酔矢の製作の流れやナルコベリーの集め方について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

麻酔薬の作り方

麻酔薬を作成するためには必要レベル6のエングラム「すり鉢とすりこぎ」と必要レベル10の「麻酔薬」を習得しておく必要があります。

エングラムを習得後、「すり鉢とすりこぎ」に「ナルコベリー×5」「腐った肉×1」を入れることで「麻酔薬」の作成が可能です。
ARK 麻酔薬の作り方
※「麻酔薬」はすり鉢とすりこぎの製作フォルダの消耗品⇒薬の中にあります。

「ナルコベリー」は素手で草から採取(△)することで稀に入手
「腐った肉」は肉系のアイテムが時間経過で腐敗すると変化して手に入れることが出来ます。

「腐った肉」を大量に集めたい場合は「生肉」をインベントリ内で分割していき、各スロットに1個ずつ入れておけば腐敗時間を短縮出来ます。
その他、急ぐ必要がなければ恐竜に大量の生肉を持たせて時間が経過したら回収するのも良いですね。

 

麻酔矢の作り方

「麻酔矢」を作成するためのエングラムは必要レベルが21
必要素材は「麻酔薬」「石の矢」が1つずつとなります。

作成は手作りで可能なので、素材を手に入れたらインベントリの製作から「麻酔矢」を選択して製作しましょう。
ARK 麻酔矢の作り方

「麻酔矢」を製作したら「弓」や「クロスボウ」をショートカットにセット
セット後、インベントリ内の「麻酔矢」を選択してからショートカットにある「弓」を選択するとセット出来ます。

現在の弾薬タイプを確認する場合は武器の詳細の弾薬タイプを見れば確認可能です。
ARK 麻酔矢の作り方2

恐竜が気絶している時は「麻酔薬」を食べさせて使うこともあるので、「麻酔矢」よりも「麻酔薬」の方が使用頻度は多いです。
「麻酔矢」は手作りで製作出来るので、必要な分だけその都度製作していくのが良さげですね。

スポンサーリンク

ナルコベリーを効率良く集める方法

麻酔薬を1つクラフトするのに「ナルコベリー×5」が必要になるので、恐竜のテイムを頻繁に行う場合はナルコベリーが大量に必要になります。

ナルコベリーを効率良く集める方法としては、草食系の動物をテイムして集めるのが一番おすすめです。

草食系の動物はR2で草を攻撃すると草から大量のベリー系アイテムを手に入れることが出来ます。
ARK ナルコベリーの効率の良い集め方

序盤にテイム可能な恐竜で言えばパラサウロロフストリケラトプスなどですね。
他にもギガントピテクスやパラケラテリウム、プロントサウルスなどの恐竜もベリー系アイテムを集めることが出来ます。

パラサウロロフスやトリケラは所持重量も多いので、序盤のイージーエリアなどで草を攻撃しまくって「ナルコベリー」以外を捨てるを繰り返していれば短時間で大量の「ナルコベリー」を集めることが出来ます。

ちなみに、菜園で効率良く増やすことが出来るように思いますが、菜園は一度の栽培で手に入る量が少ないので効率は悪いです。

ARK:Survival Evolved(PS4) 攻略メニュー

以上で『ARK(アーク)』の麻酔矢やナルコベリーの集め方についてを終わります。

スポンサーリンク