ARK攻略(PS4) おすすめのステ振りやエングラムと振り直しなど

今回は『ARK:Survival Evolved(アーク:サバイバル エボルブド』のレベルアップについて書いていこうと思います。

本作ではキャラクターのレベルが上がるとステータスにポイントを振り、ポイントを振り分けた段階でレベルが上昇して自分のレベルまでのエングラムを習得可能です。

そこで今回は、『ARK:Survival Evolved』のおすすめのステ振りや習得しておきたいエングラム、ステータスの振り直しについてまとめていきます。

スポンサーリンク

ARK レベルアップ

経験値を取得する方法としては
・時間経過
・採取
・クラフト
・野生生物の討伐
などほぼ全ての行動で経験値を獲得する事ができます。

レベルが1アップするとステータスに振り分けられるポイントを獲得します。

取得したポイントは×ボタンでステータス画面を開いて

WS000161
体力,スタミナ,酸素量,食料,水分,重量,近接攻撃力,移動速度,製作スキル,忍耐力の中からポイントを振り分ける事が可能です。

ステータスにポイントを振り分けるとレベルがアップし、エングラム習得に必要なポイントを獲得します。
エングラムはクラフトできるアイテムの事で、ステータス画面からoptionsボタンを押すとエングラム習得の画面に移動できます。

WS000160

プレイヤーの最大レベルは100ですが、最大レベルになっても全てのエングラムを習得できるわけではないので、いらないエングラムは習得しないように注意しましょう。

 

ARK ステ振り

レベルアップ時のおすすめのステ振りについて

個人的に優先して振り分けておきたいステータスとしては
・体力,重量,移動速度、忍耐力
といったところですね。

体力は純粋に死にづらくなるのでなるべく上げておきましょう。
重量も素材集め時に効率が良くなります。
移動速度を上げると素早い敵から逃げられるようになり、忍耐力は環境や毒に対する抵抗を高める事が可能です。

酸素量と食料値はアイテムで対策が可能で、近接攻撃力はテイムした恐竜や遠距離武器で戦う場合に影響しないのであまり上げる必要はないでしょう。
製作は修理やクラフトのスピードが上がるというものなので、こちらもそこまで上げる必要はありません。
スタミナは慣れてくればダッシュ→止まってスタミナ回復の繰り返しなので、余裕があれば少し上げておきたいといったイメージですね。

 

ARK ステ振り直し

私はまだ未確認なのですが、調理鍋でマインドワイプ・トニックを作成して食べるとステータスとエングラムポイントの振り直しができるようです。

必要な素材は
・こんがり霜降り肉×24
・メジョベリー×200
・麻酔薬×72
・興奮剤×72
・レアマッシュルーム(キノコ)×20
・レアフラワー(花)×20
・水
となります。

スポンサーリンク

ARK おすすめエングラム

エングラムのポイントは結構大量に獲得できるものの後半のエングラムは必要ポイントも高いので、調子に乗って習得していくとポイントがなくなってしまう可能性もあります。

確実に習得しておきたいエングラムとしては

()内は必要レベルです。
・たき火(2),たいまつ(初期)
本作の夜は真っ暗なので拠点にはたき火、所持アイテムとしてたいまつは必須になります。

・金属の斧(20),金属のピッケル(20),金属の鎌(30),長槍(25),クロスボウ(25),麻酔矢(21),ボーラ(9)などの武器
素材収集や戦闘時に必須の装備系です。

・すり鉢とすりこぎ(6),調理鍋(8),製練炉(20),作業台(20),菜園大(36),施盤(48)などの作業台系
特定アイテムのクラフトに必要になるので、こちらもサバイバル生活では必須のエングラムです。

・土台,天井,壁,ドア枠,ドア,柵の土台,柵など建築系
とりあえず耐久度の高い石系までは習得しておきたいですね。

土台,天井,壁,ドア枠,ドアは拠点となる家を作るためには必須で、柵の土台と柵はテイムした生物を入れておくのに便利なので拠点作りの際は覚えておきましょう。

また、パイプ(給水口)とパイプ(蛇口)+パイプも菜園には欠かせないアイテムなので作物を育てる場合には必須です。

・水瓶(26),収納ボックス大(16),食料保存庫(18)などアイテム保管系
水瓶は水分補給手段、収納ボックス系は拠点にいくつか置いておきたいアイテムですね。

・防具系
レベル15の皮系,23の毛皮系,33のギリー系,37のキチン系,56の金属系,81のスキューバ系などがありますが、それぞれ寒さ・暑さ対策にもなっているので、洞窟探索などをする際などに必要になります。
(スキューバ系は水中を移動可能)

とりあえず以上のような感じですかね。
前提条件となるエングラムなどもあり、GPSなど探索補助系の役に立つアイテムをいくつかあるので、必要に応じて習得していきましょう。
サドルは騎乗して移動or採取or戦闘をする生物をテイムした時に習得していけばOKです。

ARK:Survival Evolved(PS4) 攻略メニュー

以上で『ARK:Survival Evolved』のレベルアップについてを終わります。

スポンサーリンク

2 Responses to “ARK攻略(PS4) おすすめのステ振りやエングラムと振り直しなど”

  1. サバイバー より:

    マインドワイプ・トニックのレシピはどうやったら手に入りますか?

    • ディーン より:

      料理作成の際にレシピは必要ないはずなので、材料を調理鍋に入れて火をつければ完成すると思います。

コメントを残す