今回は『フォールアウト76』の序盤におすすめの武器について書いていこうと思います。

本作でも登場する武器種は前作『フォールアウト4』とあまり変わりはないようです。

そこで今回は、『フォールアウト76』の序盤におすすめの武器や武器レベルについてまとめていきます。

スポンサーリンク

フォールアウト76 武器

まだベータプレイしかしていないので、とりあえず前作の武器種なども参考にしています。
本編プレイ後に編集し直す予定です。

登場する武器は、
・ピストル(10mm弾、.38口径弾、.44口径弾、.45口径弾)
・ライフル(.308口径弾、5.56mm弾、.50口径弾)
・ショットガン(ショットガンシェル)
・サブマシンガン(.45口径弾)
・レーザーガン(フュージョン・セル)
・ランチャー(ミサイル)
・ミニガン(5mm弾)
・近接武器
・投擲武器(グレネード・火炎瓶など)
・地雷
などになります。
(武器種によっては使用弾薬が他の弾薬の場合も有り)

 

序盤 おすすめの武器

そして序盤におすすめの武器としては、
・10mm弾を使用する「10mmピストル」
スコーチが主に使用
・.38口径弾を使用する「パイプピストル」
スコーチやスーパーミュータントが主に使用
・.308口径弾を使用する「ショートハンティングライフル」
スーパーミュータントが主に使用
ボード(近接武器)
スーパーミュータントが主に使用
となります。

10mm弾や38口径弾、308口径弾は序盤から効率良く集まるので、それらを使用する武器種を使用するのがオススメです。

特にステルス行動をする際は遠距離からもダメージが通りやすい「ショートハンティングライフル」が使いやすくてオススメ。
スコーチ(Lv1)やスコーチワンダラー(Lv6)は序盤のフラットウッズやモーガンタウン空港などに出現し、スーパーミュータント(Lv5)はチャールストンなどから出現します。

10mm弾ピストルに関しては、メインクエスト「Into The Fire」を進める事で入手できる「対スコーチトレーニングピストル」が使いやすいので、序盤の内に入手しておきましょう。
「Into The Fire」発生場所や試験の答え

そして近接武器について。
銃を入手すると近接武器を使用しなくなってしまう方もいると思うのですが、近接武器は銃と比べても十分な威力があり、スコーチやモールラットのような複数で出現するザコ敵には近接武器を使う方が弾薬の節約にもなります。

ショートカットに装備しておけば素早く武器の切り替えも可能なので、なるべく銃器だけでなく、近接武器も使用するようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク

中盤おすすめ

ある程度装備も充実してきた中盤におすすめの武器としては、
・ポンプアクションショットガン
装弾数が多いのでダブルバレルショットガンよりも使いやすく、近距離戦で非常に活躍します。

スーパーミュータントなどから入手できる場合もありますが、チャールストン南辺りの鉱山などに出現するモールマイナーディガーがショットガンをメインに使用しており、弾薬なども集めやすいのでオススメです。

・スナイパーライフル
スナイパーライフルを直接入手するのは難しいですが、ショートハンティングライフルやハンティングライフルを改造する事でスナイパーライフルにする事ができます。

改造する場合は、ロングバレルや短距離or中距離スコープを付ければOKです。
スナイパーライフルはスコープで覗き中にL3を押すとAPを消費して息を止める事ができるので、ステルス状態で敵を各個撃破していく事もできます。

 

武器レベル

フォールアウト76

最後に武器レベルについても触れておきます。
本作ではオンライン専用になったためか、装備には必要レベルが存在します。

おそらく1→5→10のように、5区切りで上昇していき、自身のレベルが達していなければ装備する事ができません。
また、敵から入手できる装備のレベルも自分のレベルに応じて上昇していくようです。

武器のショートカットのセットとしまう方法
パワーアーマーの入手法や使い方に配備と廃棄
きれいな水の集め方と浄水器の設計図
スティムパックなど回復アイテムの集め方
レジェンダリー装備の入手法や効果一覧 最強効果は?

フォールアウト76(fallout76) 攻略メニュー

以上で『フォールアウト76』の序盤におすすめの武器についてを終わります。

スポンサーリンク